社長ブログ | TKプランニング

木造3階建ての基礎

木造3階建ての住宅は

構造計算が必要となります。

鉄筋コンクリート造や鉄骨造と

同じく、基礎断面や鉄筋など、

構造計算をするんです。

 

そのIG様邸の基礎です。

DSCF5389.JPG

細かく鉄筋が組まれてるでしょ。

2階建てなら、通常20センチ間隔

なんですが、IG様邸は10センチ間隔。

 

DSCF5388.JPG

配筋検査中。

どっちが検査員か、わかりますか?

難しい顔して立ってるのが検査員。

 

じゃないんです。

立ってるのは、設計の田村。

しゃがんで、何か書いてるのが検査員。

面白かったんで、1枚撮りました。

 

さあ、

コンクリートの打設に行きましょう。

DSCF5402.JPG

厚さ18センチの耐圧盤ができました。

スゴイ基礎に、近所の方もビックリしてました。

明日からですよ!

ようやく春が来たな〜

我が家の梅に花が咲きました。

 

DSCF5399.JPG

3月も終わる頃になって

ようやく花が、

遅い春ですね、今年は。

 

DSCF5397.JPG

うん?

誰だ、

梅の後ろに立ってるのは。

 

すいません、

ウチの天然娘です。

 

そうだ、

今日は、

お知らせするつもりだったんです。

 

明日から

『家造り発表会』です。

初めての方、

2回目の方、

3回目の方、

OBさんたち、

 

お待ちしてまーす!

ようやく片付けられました

やっと会社の敷地内、

片付けができましたー

 

昨年からズーッと思ってたんです。

片付けなくちゃ、って。

ウチの敷地、90坪あるんですが、

社屋の他に、倉庫がありまして、

空いてる所が駐車スペースなんです。

11台停められたはずが・・・・

 

その駐車スペースに、ジワジワと

材料が持ち込まれてきまして、

空きスペースが狭くなってきて。

 

社員だけで、常時、7〜8台の

車が停まりますので、それだけで

満車状態。

道路から見ると、「中古車センター」

そんな感じです。

 

材料を片付ければ、あと3台は

停められるんだよな〜

早く片付けなくちゃ、って思っては

いたものの、現場が忙しくて・・・・

 

DSCF5379.JPG

昨日、ついにチャンス到来。

大工さんと一気にやりました。

スッキリしました。

今日から11台は停められます。

 

DSCF5380.JPG

よかった、

よかった。

 

築14年目のリニューアル

ウチの新築 第1号のOB様。

14年前のE様宅で、水廻りの

リフォーム工事が始まりました。

浴室・洗面・キッチン全部を

リニューアルします。

 

DSCF5333.JPG

まずは、

浴室と洗面所からスタート。

工期は5日間。

 

DSCF5347.JPG

みなさん、

浴室のリフォーム工事は

4〜5日間で、できちゃいます。

早いでしょ。

 

既存の撤去工事。

給排水の配管改修工事。

ユニットバスの設置組立。

内装仕上げ工事。

こんな流れです。

 

ウチで家を建てていただいた方

から、こうして十数年経っても

工事の依頼をしていただけると

いうのは、本当に嬉しいことです。

 

いつまでも変わらないお付き合いが

できたら、との思いで『家造り』を

始め、続けてきたわけですから、

こんな有難いことはありません。

 

小さな夢かもしれませんが、

「ズーッと繋がってるんだな〜」

夢にチョッとだけ近づけたのかも。

 

やっぱり、オレの家造りは、

「お客様が住み続ける限り」

ズーッと続いてるんです。

世の中って狭いね〜

解体工事が終わり、

キレイな更地になりました。

DSCF5336.JPG

羽村市のS様邸です。

 

以前、

「突然できた条例で困って・・・」

って話を書きましたが、

実は、S様邸のことだったんです。

 

こうして、更地になったってことは、

お客様の要望が叶ったということ。

市役所との協議に1ヶ月ほど

かかりましたが、終わり良ければ

何とかで、ホント良かったです。

 

S様との出会いは、

1枚の折込チラシ。

ウチの発表会のお知らせのチラシ。

奥さんが取っておいてくれたんです。

気になったらしくて。

でも、電話する勇気が・・・・

思い切って、電話して。

そのおかげで、お会いできました。

 

お会いしてから、

話はとんとん拍子で進んだんですが、

「ホントに大丈夫かしら?」

 

娘さんに相談したところ、

ナント!

ナント!

娘さんの旦那さんが勤めてる会社に

ウチのOBさんが2組いらっしゃったんです。

 

うわ〜

世の中、狭い!

 

じゃないですか。

もちろん、OBさんからはお墨付き。

 

いつ、どこで誰と

つながるのか。

意外と狭いものですよ。

土地探しも信頼関係が大事

土地をお探しの方へ。

 

3月31日と4月1日の2日間、

羽村市のFS様邸まで、

お越しください。

 

「希望の土地を手に入れるには・・・」

「気に入った土地が建築条件付・・・」

 

きっと、お力になれると思います。

何故かって、

ウチで家を建てられる方の

70%以上が『土地なし』の方。

土地探しが得意なんです。

 

今月も、

3組の方の土地を見つけました。

お任せください。

 

ただし、

こういう方は、お断りです。

「ウソをつく人」

いるんですよねー

たま〜に、そういう方が。

 

そういうタイプに多いのは、

2また、3また、なんです。

複数の住宅会社や不動産会社に

頼むわけです。

「土地探してるんです」って。

 

たくさんの会社に頼んだ方が

見つかる確率が高いと思ってる

んでしょうけど、

やめた方がいいですよ。

 

そういう行動は、読まれてるんです。

業界の情報網はスゴイんです。

全くの逆効果ですから。

いい土地なんか紹介されませんよ。

 

やはり、

1番信頼できる会社(人)を

窓口にして依頼するべきです。

 

何でもそうでしょ。

信頼できるかどうか、

ここが大事なんですから。

 

信用できない人のために

誰が頑張りますか。

そのために「ウソ」はつかない。

 

ちなみに、

FS様も土地探しからでした。

窓口は、

もちろん私です。

外構までキッチリ仕上げます

駐車場のコンクリートや境界のブロック積み

などの工事を『外構(がいこう)』といいます。

 

来週末に発表会を行うFS様邸は、

現在、外構工事中。

建物だけじゃなく、外廻りの外構も

キレイに仕上げて、みなさんをお迎え

しようと思ってます。

 

その、外構工事ですが、

ウチの大工さん4人衆が施工してます。

大工ってスゴイね。

何でもできるんだから。

 

今でもそうですが、

田舎の大工は何でもやります。

基礎工事から、外壁工事でも

やっちゃうんです。

 

今回の外構もお手の物。

枠入れなんか、

「さすが大工!」って感じで。

みんな、いつもより生き生き

して見えたりするくらい、

また楽しんでるようです。

 

そう、

楽しくなくちゃ

いいもの作れないんだから。

OK,OK!

 

今度の発表会は、

家の中だけじゃなく、

外構もご覧下され〜

2012年の公示地価は?

2012年の公示地価が発表されました。

全国平均で4年連続の下落。

 

東京圏は、

前年比1.6%下落です。

震災の影響が出てますね。

湾岸エリアの下落率は大きいです。

 

なかでも、

千葉県浦安市。

ここは7.5%の下落。

上位10地点のうち、

浦安市が5地点を占めてます。

液状化のニュースが連日

放送されてましたからね。

 

私の住んでる町、青梅市は。

会社のある新町ですが、

1.3%下落なので、ほぼ平均値。

 

ただ、

実際の売買価格を見ますと、

あまり実感はないですね。

下がってるっていう。

 

青梅線で見ると、

中神から昭島、牛浜、福生、

羽村、小作、河辺まで。

河辺駅までは、駅徒歩圏だと

そんなに坪単価は変わりません。

 

もう少し、土地値が下がれば、

若い人たちも家を買いやすく

なるんでしょうけど。

ここは建てる家が決まってますよ

地盤調査の立会いに行ってきました。

4月から着工する羽村市のN様邸。

 

DSCF5311.JPG

広い!

元は、立派な庭があった場所。

いきなり更地になったんで、大変だそうです。

何が?って。

「アパートを建てませんか?」って、

アパート専門の大手さんの

営業マンからの電話に訪問、

何度も何度も、

断るのが大変なんですって。

 

早く工事看板を建てなくちゃ

お客様が可哀想ですよね。

「ここは家が建ちますから」って、

わかるようにしてあげないと。

 

そうそう、

地盤調査の結果ですよね。

DSCF5308.JPG

ガッチリ固い地盤が確認できました。

ガチガチの砂礫層。

安心して工事に入れます。

Tシャツにパンツ

昨日から解体工事が始まったS様邸。

DSCF5302.JPG

 

隣の方の格好を見て、驚き!

まだ寒い中、

ましてや、昨日はあの風。

 

その男性、

70歳を過ぎたお爺さんです。

なんと

Tシャツにパンツ!

ビックリでしょ。

 

「おはようございます。

お騒がせしてすいません」

って、挨拶。

普通はそこまでですが、

思わず聞いちゃいました。

「その格好じゃ、寒くないんですか?」

 

すると、

「私は寒いのは何ともないんです。

1年中、この格好ですよ。ハハハ」

 

いや〜

その元気には、

恐れ入りました。

元気なお年寄りが多いですね。

ちなみに、

S様もスゴク元気な70代です。

『家』よりも『家造り』が大事なんだよ

羽村のF様邸、

クロス工事も終わり、

昨日、照明器具や

洗面化粧台などの

取り付けも完了。

 

いよいよ、今週末で完成します。

あと10日ですからね、

『家造り発表会』まで。

 

先日、あるOBさんから

「社長、今回は遊びに行くよ!」って

言ってもらえて、嬉しいお言葉。

チョッとご無沙汰してた方でしたから、

そう言ってもらえるのは有難いこと。

 

「これから家を・・・」って方に、

ホント見ていただきたいのが

ウチの家造りなんです。

『家』だけじゃなく、

『家造り』を。

 

いろんな『家造り』の形が

ありますから、そこんとこ

よ〜く見てほしいと思います。

 

『家』のことだけに夢中に

なるんじゃなく、家が完成した

その先まで考えた『家造り』を。

私、そこんとこ大事にしてます。

 

だって、

家を造ることが目的じゃないでしょ。

その家に長ーく、安心で快適に

住めることの方が、よっぽど大事

じゃないですか。

 

安心して暮らせる、って普通のように

思われるかもしれませんが、

その「普通」ってのが、なかなかね。

 

相変わらず、アナログなこと

言ってる私ですが、不器用、

無愛想で、口下手な人間なんで、

ご勘弁ください。

 

そうそう、

今日から、I様邸が着工です。

木造3階建ての新築。

もちろん、

発表会やりますから。

青梅から「梅」が消える!?

今週は、福生市内の土地を

検索してます。

福生って、小さな町なんですね。

グルグル廻ってみて思いました。

 

私は青梅に会社があって、

青梅に住んでるんですが、

青梅は広い。

山が多いから広いんで、

住宅地の面積で言えば、

それほどでもないんでしょうけど。

 

先日、

テレビで『吉野梅郷』やってました。

梅の木がウィルスにかかってしまい、

今年、何千本も伐採しなくちゃならない。

最終的には、

全部、伐採しないとウィルスは

根絶できないとか。

 

でも、

「梅祭り」の経済効果が大きくて

伐採については、賛否両論らしいんです。

確か、 【9億円】 とか言ってました。

スゴイ金額ですよね。

商売やってる人には死活問題。

難しい選択じゃないですか。

 

山あり

川あり

梅あり、の青梅。

いい町ですよ。

青梅市民になって18年。

第2の故郷、ってとこですかね。

 

梅のウィルス、

何とかならないものかな〜

3月の『家造り発表会』は、完成編です

今年は毎月やるぞー!

って決めた『家造り発表会』

 

3月は、

31日の開催です。

31日(土) と 4月1日(日) の2日間。

 

今週で、仕上げ工事から

クリーニングまで完了予定。

 

そう、

今回は『完成編』なんです。

1月、2月は『構造編』でしたから、

今年最初の、

完成現場、お披露目です。

 

「TKさんって、どんな家を建ててるの?」

つい、この前、こんな質問受けました。

 

中身や構造も大事ですが、

見た目も重要、ってことですね。

 

見に来てください。

3月末なら、暖かくなってる

ことでしょうし。

 

キッチリ仕上げて、

お待ちしてます。

『家造り』いろいろなんです

住宅業界に身を置いて18年。

 

建て終わったら「サヨナラ」が

常識みたいなおかしな業界。

 

ある会社は、

完成後、お客様からの指摘に、

「気になるなら自分で直して」

そんな、信じられないことも

普通に起こってるんですよ。

 

新築後、

10年、20年経って、

「リフォームしなくちゃ」って

ことになった時、

新築した会社に頼めるのが

1番いいと思うんですが、

そうじゃないケースが多いらしい。

 

悲しい話ですね。

 

ウチの場合、

「ご縁」あって巡り会えた人。

ズーッとお付き合いしたいです。

家のこと、

何かあれば飛んで行きます。

私だけじゃなく、

会社のみんなでやってます。

これも『家造り』の1つ。

 

新築後、

10年、15年経って

メンテナンスやリフォームの

声を掛けてもらえるかどうか、

お客様からの評価でしょ。

 

「TKさん、庭を駐車場にしたいんだけど」

嬉しい言葉です。

 

「お風呂を新しくしたいな」

嬉しい言葉です。

 

 

「小さな工事でゴメンね」

とんでもない。

お声掛けして

いただけるだけで幸せです。

 

ウチの家造りは、

完成後もズーッと続いてます。

 

3年に1回の講習

終わりました。

『一級建築士定期講習』

立川の日建学院で、

AM9:00からPM4:20まで講習。

その後、1時間テスト。

全て終わったのが、PM5:30

 

長い長い1日でした。

テストの結果は、今月末にわかるらしい。

合格、不合格ってあるのかな?

意外と難しかったです。

 

この講習、

例の『姉歯事件』の後、

始まったものなんです。

3年に1回、受けなくちゃダメ。

運転免許の更新みたいな

感じでしょうかね。

 

昨年は、

『管理建築士講習』

これは、1回きりでOKなんです。

管理建築士って、

設計事務所の登録をするときに

必要な建築士のこと。

 

ウチ、

一級建築士の事務所登録も

してますので必要だったわけ。

ちなみに、

私が、管理建築士やってます。

 

日建学院の掲示板で見ましたが、

平成12年から21年の10年間で

約47,000名の一級建築士試験

合格者が出たそうです。

1年で、4,700名の一級建築士。

 

あっ、そんなにいるの?

って思いましたね。

 

さあ、

今日は通常業務、

仕事してる方がいいや。

 

 

ついに来たかー

ついに来ました。

「一級建築士定期講習」

 

1日中、缶詰状態。

オイラには、きつい・・・・

座りっぱなしで、

最後に試験。

 

 

行ってきます。

リフォーム工事瑕疵保険

リフォーム工事でのトラブルが

増えてるって書きましたよね。

 

ということで、

2010年、国が3つの制度を

スタートさせました。

 

1)リフォーム瑕疵保険

 

2)リフォーム工事の見積り無料相談制度」

 

3)弁護士や建築士などの専門家による

  リフォームトラブルの無料相談制度」

 

この業界に身を置く立場としては

情けない限りです。

それだけ、信用のおけない人間が

たくさんいる業界、ってことなんでしょうか。

ホント、情けない・・・・

 

 

その1つ、

「リフォーム工事瑕疵保険」について。

簡単に言うと、

施工後に生じたトラブルを

保険でカバーするものです。

 

保険に加入すると、第三者の

専門家による検査が行われ、

工事の品質が確保されるので、

トラブルの減少につながる(?)

らしいんです。

 

この保険を扱っているのは、

国土交通大臣から指定された

5つの法人のみ。

 

利用方法ですが、

契約後、

工事の着工前に、施工業者が

保険法人に申し込みをします。

その検査員の検査に合格して

はじめて保険契約が成立です。

 

同じような制度が新築にもあります。

新築は法律で義務化されてますが、

リフォームの場合は、任意なんです。

ですから、

工事を発注するお客様から

「リフォーム工事瑕疵保険を付けて」

って、お願いしなくちゃダメなんです。

 

新築は「義務」

リフォームは「任意」って

『?』じゃないですか。

 

でも、国が決めたことなんです。

私は、義務とか任意より、

「瑕疵保険制度」そのものに『?』ですが。

 

まあ、話を戻して、

その保険の対象と期間は?

構造と防水については、5年間。

例えば、

・屋根裏の空間を収納にする

・柱の移動で梁を補強する

 

それ以外のものは、1年間。

・和室を洋室にする

・浴室をユニットバスに変える

 

5年と1年、

これまた『?』じゃないですか。

 

仕方ありません。

国が決めたことですから。

 

工事を依頼した相手じゃなく

国の保険に「安心」を求めなくちゃ

ならないなんて、おかしな話だと

思うんです。

 

思うんですけど、

今後、リフォームをお考えの方へ、

いざ、その時の参考にでもなれば、

・・・・・・

 

参考になりますか?

お役に立つ情報でしたか?

 

プロとしての、

「プライド」と「責任」があれば、

こんな制度、要らないんだけど。

ズーッと無期限で保証しろ!

ここんとこ、

リフォーム工事の依頼が増えてます。

 

家のことで、「気になること」

みなさん、お持ちなんですよね。

 

でも、

どこに頼んでいいのか

わからない・・・・

変な会社じゃ怖いし・・・・

 

お悩みの方、

多いんじゃないでしょうか。

 

そもそも『リフォーム』って。

営繕、修理、メンテナンスのこと。

年数が経てば、何かしら必要に

なってくるのがメンテナンス。

 

リフォームって、新築に比べたら

小さな工事です。

 

ですが、

新築に比べて、

難しい工事なんです。

ホント難しいんですよ。

 

だから、

リフォーム工事でトラブル続出。

その訳は、

いつの間にか『商業化』されちゃったこと。

あっ、新築も同じですけどね。

 

新築でもリフォームでも大事なのは、

「現場」です。

商業化、っていうのは、

職人の腕の良し悪しに関係なく

工事が行われるようになったこと。

営業マンの「ウケの良さ」が

決め手だったり。

宣伝の上手い下手とか。

 

でも、

お客様から見たら

職人の腕の良し悪しなんて

わかる訳ありませんよね。

そこが難しいところ。

 

結局、

営業が上手い会社、

ウケのいい営業マンに

頼らざるを得ない結果に。

 

お客様にとって、

1番幸せなのは、

新築した会社が

ズーッと面倒を見てくれること、

ではないでしょうか。

 

自分で建てた家のことなら

全部わかってます。

どこに、どういう材料を使ったか、

どんな納め方をしたのか。

わかっていれば、

BESTなリフォームの提案も

できますから。

 

『商業化』になって、

お客様も造り手も

建てたら終わり、

完成したからサヨナラ。

そんな風になったような、

悲しい話ですが・・・・

 

「家」っていうのは、

家電や車とは違うんです。

保証期間なんてのは要らない。

 

「ウチは何年保証ですから・・・」

そんなアホみたいなこと言うな!です。

 

「この家に住んでいる限り、

ズーッと無期限で保証しろー」

これが、ホンネでしょうよ。

 

建てた家に、自信と誇り、

愛着があれば、普通にできること。

そう思うんです。

 

『商業化』っていう波には

絶対にのらない。

その信念を持ち続けて

地道に地道に、

声を発し続けます。

そして、歩き続けること。

「続けること」が大事なんです。

バンバン始めますよー

もう3月の半ばだというのに、

寒い日が続いてますが、

たま〜に暖かく春を感じる日は

風が気持ちいいです。

 

窓を開けて運転するのが

最高に気持ちいいモノ。

窓全開です。

 

おーっと、

花粉症の人には考えられない

行動らしいですね。

ウチの会社にもいます。

暖かくて天気のいい日、

最悪らしいんです。

可哀想にね〜

 

私、こう言うんです。

「花粉症?

花粉の吸う量が少ないんだよ。

もっとたくさん吸い込めよ。

最初は辛いかもしれないけど

たくさん吸っちゃえば体も慣れるぞ」

 

ねえ、みんな

そうでしょ。

窓全開で風を受けながら

運転するって、気持ちいいものねえ。

 

花粉のこと、意識し過ぎ。

車酔いと同じだよ。

気にすんなって。

 

なんて言ってる自分も、

わかんないけどね。

突然くるらしいですから。

まあ、そん時はそん時。

 

今年も春の風、

楽しませてもらいます。

 

 

羽村市のN様邸、

解体工事が始まりました。

DSCF5185.JPG

いい松の木が見えるでしょ。

亡くなったお爺さんの趣味だったそうです。

もったいないけど、

この庭を撤去して、新築します。

来月、基礎工事着工。

 

暖かくなりますので、

これから現場をドンドン

始めまーす。

でっかーい『夢』を持て!

先週は、土地巡りに走りましたが、

『土地のみ』って、少ないんです。

『新築建売住宅』ばっかり。

 

その、ほとんどが、

某大手不動産会社グループのもの。

家が建ってちゃ、ウチには用なし。

どこもかしこも、そのグループの現場。

何でこうなっちゃったの?

 

気に入った土地を見つけて、

希望のハウスメーカーに家を

建ててもらう、のが難しいかも・・

今はそんな状況でした。

 

しかし、

愚痴ってても仕方ありません。

世の中、そんな甘くない。

走れ、走れ、ですよ。

あっちこっち、何日も探し回りました。

しつこく、しつこく、

走りました。

 

そうするとね、

ちゃーんと答えが。

 

見つけましたよ!

家が建ってないGoodな土地を。

希望通りのドンピシャな土地。

「よっしゃー!!!」

諦めちゃいけませんね。

 

夢は必ず叶う!

探し続けろ、必ず見つかる!

 

若者たちよ、

愚痴るな

諦めるな

 

苦労した分だけ、

努力した分だけ、

自分自身を成長させてくれるもの。

 

もうスグ、

新社会人になる君たちは、

でっかーい夢と可能性を

持ってるんだから。

 

 

あれ、れ、れ

土地の話だったはずが・・・

3.11

東日本大震災から1年。

 

被災地の方々の苦しみ、悲しみを

考えると、言葉が発せません。

 

東京で普通に暮らしている私が

何を書いても「薄っぺらい言葉」に

なりますので・・・

へ〜、不動産屋さんが・・・

いや〜

ビックリ、と言いますか、

よくわからない話が・・・

 

昨日、ある人から聞いた話。

 

プロパンガスを使ってる方へ。

「ガス料金、安くなりますよ」

っていう訪問営業に来られた

経験ありませんか。

 

ポストに

『LPガスの勧誘お断り』

って、シールを見たことも

あります。

多いらしいですよ、

LPガスの訪問営業。

 

何でもそうですが、

安くなるのは嬉しいこと。

でもね、

その「安さ」って、

ズーッと先まで保証されてるの?

もしかして、何ヶ月かしたら

「値上げでーす!」ってことはないの?

 

後から値上げされて、

それだったら、ガス会社

変えなきゃよかった。

なんてことになったら悲惨でしょ。

 

そんな、

LPガスの訪問営業を

不動産屋さんがやってる。

という話を聞いたんです。

 

えー、

何で?

不動産屋さんなの?

 

不思議じゃないですか。

不動産屋さんがガス売るなんて。

 

何か「うまみ」でも、あるんでしょうか。

 

うーん、

私には理解できません。

「人」が大好きなんだな〜

4年ほど前に知り合った

ある建設会社の社長さん。

 

この社長が仕事に取り組む姿勢。

共感できるものがたくさんあり、

スゴク刺激も受けました。

 

何より素晴らしいのは、

『楽しむ』ことです。

お客様との会話を見てても

建設会社の人とお客様じゃ

ないんです。

正に「友だち」

お互いの信頼関係が

バシバシ伝わってきます。

 

満足してもらう、

だけじゃなく、

喜んでもらう。

感動してもらう。

そのために、できることは!

 

あー、この社長って

「人」が大好きなんだな〜

お客様こそ、会社の財産。

 

仕事での、お付き合いは

1回もありませんでしたが

私の尊敬できる先輩の

1人でした。

 

私が今まで出会ってきた

社長さんって、

売上や金儲けに必死に

なって闘っている方が

多いんです。

当たり前なんでしょうけど・・・

 

施工棟数や売上を競い合って

勝った、負けた、ってことが

モチベーションみたいな人たち。

 

でもね、

「そんなことやってて楽しいの?」

って、なーんか冷めちゃうんです。

 

うわべだけの数字を見てヨイショする

連中に踊らされてるだけじゃないの?

 

そんな、くだらない評価のために

必死になって頑張ってるの?

 

オレは違うな〜

恥ずかしながら数年前までは、

そうだったかもしれません。

同じようにくだらない闘いを

やってたと思います。

 

が、

今のオレが目指してるのは、

宝物を1つ1つ増やしていくこと。

 

何だかんだ偉そうなこと言ったって

結局、最後は「人」なんですから。

あの社長の意思を引き継いで、

頑張らせていただきます!

「ガラスのリフォーム」って意外と簡単

ガラスのリフォームについて。

 

新築から10年以上経ってる家の窓は

ガラスが1枚のケースが多いと思います。

 

「ペアガラス」という2枚ガラスの窓が

普及したのは、この10年以内ですから。

 

「あー、ウチは1枚ガラスか〜、残念」

諦めないでください。

 

窓はそのままで、

ガラスだけ取り替えるリフォームが

できますから。

時間は、30分から1時間ほど。

意外に、簡単なんですよ。

 

じゃ、

ガラスを2枚に変えたときのメリットは?

 

1)結露の低減

  お悩みの方、多いです。

 

2)冷暖房費を20%節約

  夏の遮熱効果は約2倍

  冬の断熱効果は約2.3倍

 

3)紫外線をカット

  80%以上カット

  1枚ガラスの約3倍

 

主に、この3つのメリットがあります。

 

これ以外、

「防音」を希望される場合は、

既存の窓の内側に、窓をプラスする

『二重窓』が、お薦めです。

 

外の騒音を入れない。

室内の音を出さない。

 

こちらも、30分から1時間ほどで

工事ができますよ。

 

窓のリフォーム、

意外と簡単にできるんです。

エコポイントが使える今が、

お得です。

東京の新名所

昨日の陽気、

気持ちよかった〜

今日も続くとのこと。

 

車の窓から入ってくる風に

春の香りと足音を感じて・・・

(チョッとキザですね)

 

暖かくなると、

どこか出掛けたくなりますね。

『東京スカイツリー』なんかどうでしょう。

えっ、ムリ?

予約?

そんなに人気があるの?

 

image[1].jpg

東京の新名所ですからね。

オープンしても、しばらくは

行けないんでしょうかね。

 

 

ウチのカミさん、

好きなんですよ。

東京スカイツリーが。

 

どこがいいのか、

とにかく好きらしい。

 

オイラも

行ってみようかな。

あの手この手で、

潜り込んでみよー

『サイディング』のメンテナンス

新築後、10年目はメンテナンスの時期。

外回りの「屋根」 「外壁」 「防水」

 

メンテナンスって聞くと、

「えっ、もうダメなの?」と

思われるかもしれませんが、

 

決して、そういうわけじゃなく

大事な家を長持ちさせるための

アフターケアです。

 

「外壁」

この20年、モルタルに代わって

サイディングが主流になりました。

サイディングって、いろんな柄、

パターンがあります。

 

単色もあれば、2色、3色の色使いを

したデザインなど、数多くの種類が。

 

「サイディングのメンテナンスって?」

どんな風にやるのかというと、

 

1)サッシの廻りやサイディングの継手の

  シーリングを打ち替えます。

  既存のシーリングを撤去して、

  新しいシーリングを充填します。

 

2)既存のサイディングの上に塗装します。

  ここがポイント

  新築から何年経過したかによって、

  塗装材の種類が変わります。

  

新築時、頭を悩ませ、一生懸命

考えて決めたデザイン。

できれば、ズーッと残したいもの。

全く違う色で塗装しちゃったら

違う家に見えてしまうしガッカリでしょ。

 

新築時のデザインを残したまま

サイディングを保護するお薦めの

材料があるんです。

 

劣化の原因の1つに「紫外線」が

あげられます。

紫外線って、外壁の塗膜組織を

破壊する太陽光線の一種でして、

その紫外線を吸収し、サイディング

の劣化を抑えてくれます。

 

もう1つ、

「雨」 「風」

湿気があるところには、

カビや藻が発生します。

サイディングの表面に

湿気を防ぐ膜があれば、

その心配もありません。

 

超親水性塗膜がカビ菌の

侵入を防ぎ、外壁に付いた

汚れも雨で流し落とすことが

できます。

 

クリヤー塗装なので、

新築時のデザインは

そのまま。

いや、そのまま以上、

新築の時のツヤが戻ります。

 

超親水性の

セラミック系樹脂。

お薦めしてます。

 

ただ、

『旬』の時期がありまして、

 

新築から10年目。

ここが1番の使い時。

劣化が大きいと効果が

期待できないんです。

 

10年以上経過してた場合、

事前に「テーピング試験」を

行います。

試験では、サイディングの

保護層の劣化具合を確認し、

この『プロテクトクリヤー』が

使えるかどうか判断させて

いただきます。

 

早めのメンテナンスが

長持ちの秘訣です。

頑張らせていただきます!

昨日は社内が大賑わい。

 

「これから家を・・」って方との

会話は楽しく弾むものです。

時間が経つのも、あっという間。

宿題もいただきましたし。

 

課題は、

『土地探し』

「私たちが気に入る

土地を探しなさい」

 

ハイ、

お任せください!

 

宿題って、

最後の最後になって

ワーッとやり出す人も

いますが、私は逆。

 

ですから、

早速、今日からやろうと

思ってます。

まずは、作戦を練って、

「一人作戦会議」です。

 

 

そうそう、

今週は、引渡しもあります。

小平市のT様邸。

IMGP3199.JPG

おととい、現場で立会い検査を

行いまして、

奥様のご両親もお見えになり、

じっくりとご覧いただきました。

 

元気で楽しい、ご両親でして、

私なんか、現場立会いより、

ご両親と話してた時間の方が

多かったくらい。

 

新しい”TKファミリー”が、

もうスグ1組、入会します。

嬉しいね〜

元気なお年寄りがたくさん

11年前に80歳のお爺ちゃんの

家を建替えました。

お爺ちゃんとお婆ちゃん、

2人で住んでた家です。

今も元気に2人で暮らしてます。

 

 

昨年、91歳のお爺ちゃんの

家を建替えました。

お爺ちゃんとお婆ちゃん、

2人で住んでた家です。

お爺ちゃんは、カラオケが

大好きで、週に何度か

カラオケBOXに通ってます。

 

 

今年、76歳のお爺ちゃんの

家を建替えます。

スゴク元気な方でして、

生まれて今まで、

盲腸以外に病院に

通ったことがないそうです。

 

 

東京のお年寄りは元気です。

ウチの親父も今年で76歳。

最近、「やっぱり年だな〜」って

感じてたんですが。

 

正月に帰省した時のことです。

親戚の家に出掛けた親父、

夜中に大声出しながら、

酔っ払って帰ってきたらしく。

 

いや、

まだまだ元気だ。

というか、年々

手強くなってきた感じ。

田舎の年寄りも

負けてませんなー

 

頑張れ、頑張れ、JI・BA・N

IG様邸の地盤調査。

 

RIMG0168.JPG

 

RIMG0169.JPG

 

RIMG0170.JPG

 

頑張れー!

「地盤」???

 

いつも、そんな気持ちで見てるんです。

「落ちるな!」

「沈むなー!」って。

 

自分でやれば何とかなることなら

とことんやっちゃいますが、

地盤だけは・・・・

神頼み。

自分の力じゃどうにもならない。

 

海外で言葉が通じない時、

情けなさと無力感をヒシヒシ。

 

家族で海外に行ったときの話。

「カミさんが熱出して、苦しんでるんです」

日本語のわからないドクターは、

「?」

 

「ワイフがNE・TU・DA・SI・TE・KU・RU・SI・I」

 

これでも、わかんねーのか。

しまいに逆ギレ。

「ふざけてんのか、この野郎!」

 

そこに、神の救いの手が。

日本語が話せるお婆ちゃんが登場。

ドクターと「何やらかんやら」

ドクターが、

「DO・U・ZO」

 

あー、

オレって

こんな使えない男だったのか〜

♪情けない男でゴメンよ〜♪

こんな歌が頭の中を・・・・・

 

東京の青梅の新町の2丁目の

小さな小さなところでは、

オレは何でもできるんだー、

と思ってても、

世界は広ーーーーーーい!

ちっぽけな人間です。

「フラット35S」が変わります

『フラット35S』が、何だか慌しい。

 

昨年10月から金利優遇幅など

変更になったばかりですが、

ココに来て、またまた変わります。

 

これまでは、

建物価格の100%まで、

借りられたんですが・・・・

1,500万円の建物でしたら、

全額1,500万円までOK

 

4月1日以降の申し込みについては、

100%から90%に変更されます。

1,500万円が、1,350万円までに。

残りの150万円は自分で何とかして!

 

そうです。

建設費の1割を自己資金で用意

しなくちゃいけないわけです。

 

 

うーん、

まあ、考えようによっては、

1割から2割くらい、自己資金を

持ってるべき、という見方もある

でしょうけど、

 

低金利で、かつ全期間固定金利、

ってスゴク魅力的な商品ですからね。

将来の金利アップのリスクもないし。

できれば、100%融資が続いてほしい

ところですが。

 

 

ただ、

1つ、救いの手が。

フラット35Sは、昨年10月から

2つの種類に分けられました。

1つは、『ベーシック』

もう1つは、『エコ』

 

『エコ』については、

4月以降も、今までどおり

100%融資が受けられます。

 

『ベーシック』と『エコ』の違いですが、

建てる住宅のハードルが違うんです。

当然、エコ仕様の方が、ハードルが高い。

省エネ・耐久性・耐震性に優れた住宅

でなければ、『エコ』を利用することは

できません。

 

『エコ』でしたら、4月以降も100%融資と

金利の優遇幅も大きいので、返済の

負担も小さくなります。

最初の5年間は、0.7%金利引下げ

その後、20年目まで0.3%金利引下げ。

 

でも、

『エコ』を利用するために、建設コストが

アップしたんじゃ、メリットも小さいですよね。

できれば、コストアップなしがいいよね。

 

ウチの建物。

標準仕様で行けますよ。

耐震・断熱・気密はお手の物。

追加料金なしで『エコ』使えます。

1年ぶりのバルコニー?

今日から3月、

 

なんですが、

外の景色は3月じゃない。

 

昨日の大雪、

ビックリでしたね。

 

私、

あの雪の中、

車で小平の現場まで。

 

役所の完了検査がありましてね。

いや〜、

新青梅街道を30キロでトロトロ運転。

でも、まあ

車が少なかったこともあり、

意外とスムーズに走れましたので、

いつもと変わらない時間で到着、

するはずだったんですが、

 

あとチョッと、というところで、

トラックが道路中央で立ち往生

してたんです。

その横をすり抜けようとしたら

私の車まで、はまっちゃって。

 

何とかかんとか、2台とも

抜け出せたのは、30分後。

 

結局、現場に着いたのは

出発から1時間45分後。

 

 

 

家に帰ってからは、

バルコニーの雪下ろし。

今までで1番の量でした。

水切りの上まで、

外壁まで積もってましたから。

 

「何で、ベランダなんか

つくったのよ。

それも、端から端まで!」

1人で勝手に腹立てながら

せっせと雪下ろし。

 

私、

というか、ウチの家族、

バルコニーを全く使いません。

出ることありません。

だから、無くてもよかったんです。

 

バルコニーに出るとき、って

雪が降った時くらいでしょうね。

 

昨日、

何ヶ月ぶり?

1年ぶり?

そんな感じです。