社長ブログ | TKプランニング

こだわり続けろ!

HPの『施工中リポート』に登場した

青梅市のIG様邸ですが、

 

このお宅、「木造3階建て」なんです。

 

都心では多く見られますが、

この辺では珍しいのかも。

 

「3階建て」って

防火性能や構造の面で

2階建てとは大違いなんです。

 

使用する材料も違いますし、

基礎の断面や鉄筋、土台から

梁まで全部、構造計算によって

細かく指定されるんです。

 

そんな中でも、変わらず使われるのが

ウチの自慢の『TKパネル』くん。

こいつは文句なしに採用決定。

 

2階建て以上の高い強度が求められる

3階建てにも普通に使われるんです。

すごいパネルでしょ。

 

 

 

あの「4年以内に何とか・・・」ってニュースから

みなさんが地震に対して過剰に反応し過ぎじゃ

ないかと危惧してます。

 

日本って地震国なんだよ、ってことは

みなさんご存知だったはず。

いつ、どこで起こるかはわかりませんが

いつ、どこで起きても不思議じゃないこと。

 

私は10年以上前から

「地震に強い家造り」を続けてきました。

それが、当たり前だと思ってましたから。

 

今頃になって、造り手側も

「耐震」だの「免震」だの、

「制震」だの「耐震診断」だの、

騒ぎ出してますが・・・・・、

個人的には疑問。

「本気な気持ちで言ってるの?」

「それ、これから先ズーッとやるの?」

 

家造りってホント大きな責任を

持たなくちゃいけないんですよね。

住む人の快適さはもちろん、

安全と安心も大事なことです。

 

そこんとこは、時代の流れに

関係なく、腰を据えてやり続ける

ことが必要だと思います。

 

地震が起きそうだから「耐震」

エコポイントがあるから「断熱」

そんなんじゃダメでしょ。

 

この前、某ガラスメーカーの

方から聞いた話です。

「エコポイントが終わったら

Low-eガラスの売り上げが

落ちましたよー」

 

住宅業界の1人として

本当に恥ずかしい話です。

 

TKは、頑固一徹

「耐震」

「断熱」

「気密」

この3つには、

こだわり続けていきます!

 

コメントする