社長ブログ | TKプランニング

柱のキズはおととしの〜

思い出を引き継いでいく。

そんなこともできるんです。

 

DSCF4600.JPG

 

DSCF4601.JPG

これは、前の家で使われてた柱。

自分たちの成長の記録が残されてます。

あったかいですよね。

自然に顔と心が和んできます。

 

こういうことができるは、

注文住宅、ならでは。

いいでしょ、家造りって。

 

 

そう言えば、

昨日、ある検査官と話す機会があり、

こんなこと言ってました。

「注文住宅と建売住宅の違い、

検査に行ったときの第1印象でスグわかる」

ですって。

注文住宅って、住む人が決まってる家。

建売住宅は、誰が住むのかわからない家。

だと思うんです、私は。

 

そうなると、

見た目の違いは、造り手側の意識かも。

チョッと難しい話かもしれませんが、

検査官の方が言ってた意味は

そんなところがあるんじゃないでしょうか。

 

家造りに限らず、

モノづくり全部に言えることかもしれませんが、

相手の顔が見えるか見えないか、

この違いって大きいですよ。

気持ちがこめられているかどうか、

それによって、同じように出来上がった

物でも違って見えることがあるように。

 

写真の柱だって、

その先に「顔」が見えますもの。

だから、自然と和んでしまう。

 

最高だよ、注文住宅って。