社長ブログ | TKプランニング

細かいところがスゴク大事なんです

久しぶりに登場させてもらいます。

ウチの孝行息子。

『TKパネル』です。

2011051313.JPG

地震に強いだけじゃなく

断熱性能もバツグンです。

隙間なくパンパンに充填されてる

白いのが断熱材で厚さも10センチ。

その表面は厚い気密シートで保護

されてるんです。

 

1棟1棟、工場でオーダーメード製作。

だから精度もバッチリです。

 

寒い冬は家の中を暖かく

暑い夏は涼しくしてくれる働き者。

冷暖房効率が高いので、

電気代は安く済みます。

 

DSCF3947.JPG

ここも大事、

というか、ここがスゴク大事なところ。

 

桁とタルキの間です。

(フェノバ、って書いてるとこ)

ここをしっかり断熱しないと、

壁をどんだけしっかり断熱しても

その効果は激減します。

熱の出入りを極力小さくすることが

断熱性能の高い家になるんです。

家の中のどこを見ても、断熱ラインが

繋がっていなくちゃダメなんですね。

 

それと、貫通するスリーブの廻り。

ここの処理も大事です。

せっかく高性能な断熱工事をしても

スリーブ廻りの工事が雑だったり、

隙間があったりしたら断熱性だけじゃなく

気密性も低下してしまいます。

 

この辺の工事は手間隙掛かるんですが、

しっかりやっておかないと住み心地に

差が出て、「快適な」住まいになりません。

 

仕上がったら隠れてしまう、

細かいところが大事なんですよ。

造り手は、そこに『こだわり』を持つべき!

コメントする