社長ブログ | TKプランニング

『フラット35Sエコ』が誕生

フラット35Sが終了しましたが、

新たに『フラット35Sエコ』が誕生。

 

金利が引き下げられる商品ですが、

地域によって差があります。

「被災地」と「被災地以外」の2つ。

 

東京都は、もちろん「被災地以外」

では、内容はというと、

ここでも2つ、

「Aプラン」と「Bプラン」

 

Aプランは、

当初5年間 0.7%マイナス

6年目以降20年目まで 0.3%マイナス

 

Bプランは、

当初5年間 0.7%マイナス

ここは同じです。

6年目以降10年目まで 0.3%マイナス

 

例として、

3,000万円借りた場合の総返済額は?

フラット35と比べて、

Aプランは、約221万円お得。

Bプランは、約157万円お得。

 

 

補足ですが、

「フラット35S」ってのもありますから。

ベーシックとも言いますが、

こちらも「A」と「B」の2つでして、

Aプランは、20年間 0.3%マイナス

Bプランは、10年間 0.3%マイナス

全国共通です。

 

ウチのお客様、

早速、昨日申し込みを済ませました。

もちろん、『フラット35Sエコ』のAプランで。

コメントする