社長ブログ | TKプランニング

駅伝ファンなんです

11月最終日。

あと1ヶ月になりました。

 

今年を振り返るには早過ぎますが、

ウチにとっては、節目の1年でした。

私、駅伝が好きでして、

正月は、ニューイヤーから箱根駅伝、

必ず見てます。

 

必死に襷をつなぐ姿、素晴らしいでしょ。

毎日、コツコツ努力を重ね、

厳しい練習に耐えて本番に望む。

本番では、どんなに苦しくても

前だけを見つめ、必死に走り続ける。

次の選手へ襷をつなぐため。

 

これって『家造り』も同じかな〜

と思ったんです。

営業〜設計〜工事という風に、

リレーされるわけでしょ。

それぞれの区間の担当者が

しっかりと、そしてスムーズに

次の担当者へつなげる。

そうしないと、いい家造りはできない。

 

今の時代、

1人のスーパースターの力で

どうこうなる時代じゃなくなりました。

お客様の求めるもののレベルが

広範囲で高くなりましたから。

 

1人だけが頑張るんじゃなく、

全員で協力し、助け合える

ようじゃないと、お客様の

期待には応えられないん

じゃないかと。

1人って限界が見えちゃうでしょ。

 

まだまだ、試行錯誤の

連続みたいなものですが、

ほんの少しですが、

手応えというか、光が見えて

きたような感じを持ってます。

期待をこめて、ですが。

 

まだ1ヶ月あります。

今年、みんなで掲げた目標に

少しでも近づけるように、

ラストスパート頑張ります!

 

『フラット35Sエコ』が誕生

フラット35Sが終了しましたが、

新たに『フラット35Sエコ』が誕生。

 

金利が引き下げられる商品ですが、

地域によって差があります。

「被災地」と「被災地以外」の2つ。

 

東京都は、もちろん「被災地以外」

では、内容はというと、

ここでも2つ、

「Aプラン」と「Bプラン」

 

Aプランは、

当初5年間 0.7%マイナス

6年目以降20年目まで 0.3%マイナス

 

Bプランは、

当初5年間 0.7%マイナス

ここは同じです。

6年目以降10年目まで 0.3%マイナス

 

例として、

3,000万円借りた場合の総返済額は?

フラット35と比べて、

Aプランは、約221万円お得。

Bプランは、約157万円お得。

 

 

補足ですが、

「フラット35S」ってのもありますから。

ベーシックとも言いますが、

こちらも「A」と「B」の2つでして、

Aプランは、20年間 0.3%マイナス

Bプランは、10年間 0.3%マイナス

全国共通です。

 

ウチのお客様、

早速、昨日申し込みを済ませました。

もちろん、『フラット35Sエコ』のAプランで。

バカでかい墓なんですよ

NHKの大河ドラマが終わりましたが、

番組の最後に紹介される場所、

あれを見て

「行った、行った」

「おー、行ってみたいな」

 

その中で、

『阿弥陀ケ峰』

ここに豊臣秀吉のお墓があるんです。

すごく高い場所でして、

墓の大きさも巨大。

今までいろんな武将の墓を

見てきましたが、秀吉のは

桁違いのでかさでした。

 

また、ぶらーっと一人旅でもしたいな。

予定も立てず、泊まる場所も決めず。

番組が終わるといつも思うこと。

 

 

さあ、さあ、

また1週間のスタートですね。

今年最後の上棟現場、

F様邸の基礎工事ですが、

今日、立上りのコンクリート打設。

DSCF4501.JPG

そんで、

週末は会社の忘年会、か。

うん?木曜日から12月、か。

頑張りましょ!

突然、「社長ー!」って声が

眺めがいいし、気持ちいい。

DSCF4492.JPG

 

DSCF4493.JPG

屋上からの景色です。

只今、建築中のT様邸。

 

屋上にいたら、下の方から

「社長ー!」って声が。

 

ん?

下を覗いたら、OBのW様じゃないですか。

「どうもー、こんにちは!」

 

W様の実家が近所とのことで。

嬉しいもんです。

予期せず、知ってる人に会うなんて。

地元なら、まだしも

チョッと離れた小平ですから。

 

「2、3ヶ月ほど、顔を出させてもらいますよ」

小平って、行くと必ず誰かに

声を掛けられるんです。

気さくな人が多いのか。

 

先日、

琴音からも、

「お父さん、見て」って携帯の写真を見せられて。

DSCF4405.JPG

友だちが送ってきたそうなんです。

現場近くの高校に通ってて、

「あっ、琴音のお父さんだ!」ってカシャ。

 

 

「じゃ、次は琴音の学校の近くでやるか」

って言ったら、

 

「やめてー!!!」ですって。

来週は忘年会です

羽村市のF様邸、

鉄筋工事完了です。

キレイでしょ。

気持ちいいんですよ、

こうしてピシッとできると。

DSCF4467.JPG

 

来年1月に『家造り発表会』を

開催するお宅です。

少々、日程はきついですが、

今のところ順調に進んでます。

 

あと2ヶ月、って

つい、この前言った気がしたんですが、

来週、12月に入るんでしょ、

早い!

 

来週の土曜日は、忘年会だし。

忘年会って聞けば、今年も終わり

そんな感じですが、まだまだ。

暮れのギリギリまで走りますよ!

 

昨日、来年のカレンダーも届きました。

お世話になった方々へお届け。

 

いや〜

こうしてチョッとずつ感じるんですね。

1年の終わりを。

いつもと違った木曜日でした

うちの会社、水曜日が定休日、

とは言え、現場の人たちは

いつも通りの出勤、仕事です。

 

内勤のスタッフが、水曜と木曜が

休日なんです。

水曜は定休日なんで、会社の電話は

留守番電話にさせてもらってます。

 

木曜日は、

私とカミさんが出社してるんですが、

そんなわけで、木曜日は静かな1日。

でも、

昨日は内勤のスタッフも出社して

賑やかな木曜日でした。

木曜日だった、って感覚がないくらい

賑やかな日でしたので、

今朝、目を覚まして

「今日は何曜日だっけ?」

まあ、普段から曜日の感覚は

ないんですけどね。

 

お客様との打合せ、

業者さん、メーカーさんとの打合せ。

途切れることなく、7時過ぎまで。

 

そうそう、

メダカも届きましたし。

我が家の水槽も賑やかになりました。

 

5年ぶりかな?

自分の家で家族と一緒に暮らす。

健康な時は当たり前ですから

そんなこと考えることはないでしょうけど、

万が一、体が不自由になった時は?

 

病院は簡単に言います。

「車イスで生活できる家を用意してください」

ホントなんです。

私の身内で、実際に経験したことですから。

私がこんな仕事してるんで、

家の準備は何とかできましけど。

普通はそう簡単にいきませんよ。

 

親との同居を機に、

そんな先まで考えた家、が完成しました。

浴室を紹介します。

DSCF4429.JPG

入り口は3枚引戸です。

もちろんバリアフリーの段差なし。

敷居は排水の蓋を兼用してます。

浴室からのお湯をここで排水します。

3枚にしたのは、開口の幅を広くとるため。

床のタイルも特殊加工で滑りにくくなってます。

 

DSCF4425.JPG

浴槽は腰掛けスペース付きのもの。

浴槽内のハンドグリップと

大型のL字型手すり。

浴槽の後ろのスペースは

介護する人が入れるように

空けてあります。

 

DSCF4426.JPG

左の角に付いてるのはコンセント。

バスリフトの電源となります。

 

ここまで本格的に造ったのは5年ぶり。

今はユニットバスが主役ですから。

よく声をかけられるんです

小平市で上棟したT様邸です。

DSCF4414.JPG

ウチで建てたOBさんの実家が

スグ近くとか。

「見に行きまーす!」って、

場所わかりますかね?

わかる、わかる、

これだもん、スグわかるはず。

DSCF4405.JPG

小平市に初登場!

 

小平の人って、気さくな方が多いのか。

よく話しかけられます。

みんな、おば様ですが。

 

「早いわね〜

先週は何にも建ってなかったわよ」

 

「やっぱり木造がいいわね〜

木の香りがするから」

 

いやいや、

気にかけてくださって

恐縮です。

よく見てますよ、近所の方って。

ありがとうございます。

2つの2世帯住宅

私の『顔シート』が1番目立ってた

東青梅のS様邸が、内装仕上げ

工事に入り、完成が見えてきました。

 

DSCF4389.JPG

 

大工は三浦が担当しまして、

53坪の2世帯住宅ですから、

やりがいあったでしょうね。

やるとこ、いっぱいの方が

正しいかな。

 

でも、その分

お客様のお気遣いをたくさん

いただいたようでして、逆に

大変だったのは、お客様の

方かもしれません。

 

有難いことです。

7月の上棟から、ズーッと

良くしていただきましたから。

大きな家を1人で頑張れたのも

お客様の気遣いあってこそ、

期待の大きさを感じながら、

頑張れたと思います。

 

 

もう1つの2世帯住宅、

羽村市のW様邸も同じようなことが。

こちらは、藤野が担当しました。

こだわり満載のお宅で、

数年ぶりにやる工事もあったりで、

こちらも、やりがいたっぷりの家。

 

DSCF4281.JPG

先日、お母様が現場に来られて、

藤野が造った「仏壇置き場」に感激の涙。

気遣いのある仕事が伝わったんでしょう。

藤野の口から

「有難い、これだけ喜んでもらえると」

 

ホントですよ。

苦労なんか全部吹っ飛んじゃいます。

喜んでもらえることが1番のやりがい。

毎日、コツコツ丁寧にやってきた証拠。

 

S様邸は来月の引渡し。

W様邸は今月末の引渡し。

どちらのお宅も、

心に残る2世帯住宅となりました。

欲張りなもので・・・・

さあ、上棟だ。

おっと、着工もだ。

おっとっと、完了検査も。

 

たまたまですが、

今日1日で重なっちゃってます。

いきなりハードな月曜日です。

 

でもね、

師走が近づいてきたって感じで

いいじゃないですか。

今年もあと・・・・

みたいな。

 

 

この週末、

来週末と住宅会社のイベント、

やるみたいですね。

欲張りな私は、

「ウチもやりたーい!」って

心のどこかで思ってはいるんですが、

 

残念ですが、年内はムリそうです。

私1人じゃできませんから、断念・・・

 

『実物を見る』ことが1番、

頭の中に入るんです。

いくら上手に説明しても、

なかなか理解してもらうことは

難しいと思います。

目で見て、

手に触れて、

体で感じる。

これに勝るものはありませんね。

 

『家造り発表会』

毎年、6回行うことを目標に

してますが、今年は・・・・

今年も届かなかったです。

4回ですかね。

今年の反省点の1つ。

 

毎月やりたいくらいなんですよ。

ホンネ言うと。

でも、欲張らずに、

まずは6回の開催をクリアすること。

 

来年は絶対やります!

1発目は、

1月7日から9日に行います。

これ、決定です。

今から予定に入れといてくださいよ。

7・8・9ですよ。

ヨロシク!です。

薬品は好きじゃないんです

自然素材を使った健康住宅、

なのに、

土台に防腐剤を注入してる。

これって、矛盾しませんか?

 

いや、いいんですかね。

許容範囲ってことで。

 

防腐剤を注入するのは、

耐久性を高めるためです。

字の通り、腐るのを防ぐ。

ただ、別の見方をすると、

元々、耐久性の低い樹種、

ってことも言えますよね。

だから、薬品を使うんだと。

 

う〜ん・・・・

それはチョッと・・・・?かな。

個人的にはね。

薬は好きじゃない。

 

腐りにくい強い木もあるわけですから、

「ヒノキ」とか

「ヒバ」とか

DSCF4388.JPG

できれば薬品は使いたくないですね。

 

木の強さと同じく、

使用環境も重要だと思ってます。

どんなに強い木でも、使われてる

場所の環境が木にとって良くないと

寿命は短くなりますし、

逆に、そんなに強くない木でも

いい環境の下で使われていれば

長持ちすることもあります。

 

木には多くの種類があります。

使う場所によって適したものを、

適材適所で使うこと。

 

また、

それぞれの場所を、

木にとって適した環境

とすること。

 

特に、

土台は、

健康で長持ちしてもらわないとね。

 

羽村で土地を探してる人へ・・・その2

以前、紹介しました羽村の土地。

概要が少しわかりましたので

お知らせします。

 

駅から近い、というのは

前回お伝えしましたよね。

歩いて8分。

これ、不動産表示なんで、

実際は10分くらいでしょうか。

でも、近いでしょ。

 

土地の広さは、

全部で 『80坪』

でかいでしょ。

 

全部一括でもいいし、

分割もOKです。

 

現状は古家が建ってますが、

年内には解体して、更地に

する予定です。

 

これ、

ホントにマル秘情報なんですよ。

チラシ、マイソク、レインズ

どこにも出てない情報です。

 

羽村に住みたい。

でも、土地探しに苦労してる人、

だけに限定してお知らせします。

 

ただ、無期限で限定するわけには

いきませんので、年内まで、

ということになると思います。

年明けには一般公開されるかも。

 

興味のある方、

お問い合わせください。

ここの土、軟らかいけど・・・

日当たりのいい土地です。

 

DSCF4373.JPG

解体工事が終わってキレイに

なったH様邸の現場。

 

いい黒土で畑には最高、

なんですが・・・・

 

踏んでみると、

気のせいか、ふかふか?

ん?

もしかして、軟らかい?

 

ということは、

地盤改良?

杭打ち?

 

いやいや、

勝手な想像はダメ。

地盤調査に立ち会ってみてから、

DSCF4380.JPG

ってことで、地盤調査です。

この100kgの錘を乗せて、

沈むか、沈まないか?

回るか、回らないか?

 

DSCF4377.JPG

さあ、始まりました。

 

沈むなよー!

回れよー!

 

結果は?

『吉』と出ました。

固くて強い地盤でした。

2m手前で砂礫層(砂利)が

出てストップ。

 

良かった〜

正式な答えはまだですが、

まず、問題ないでしょう。

 

地盤って、見た目じゃ

わからないんですね。

たまには変わったことも

見事なものです。

DSCF4356.JPG

杉の1枚板。

これを作業台にします。

 

ガラス職人のお客様から

「絶対、無垢材で!」との

ご指定により、探しました。

やっと見つけました。

 

長さ4.2m

幅80センチ

 

滅多に扱うことないですね、

これだけのものは。

 

 

床板にも無垢材を。

DSCF4358.JPG

これはウッドデッキに使われる

「サイプレス」というヒノキ材。

かなり丈夫な木です。

防腐処理しなくてもOKなんです。

 

完成形は後日、紹介します。

普段とはチョッと違う仕事、

面白いです。

もう来年の話ですいません・・・

昨日は、社内会議。

もう来年のことを、です。

 

おい、おい、

まだ来年の話するの早すぎるぞ、

だと思いますが・・・

 

議題は、

『家造り発表会』のこと。

今からやっとかないと間に合わないので。

まずは、日程が決まりました。

 

1月7日から9日の3日間です。

 

成人の日の3連休なんですが、

もうお馴染みになってますかね。

ここ数年、やってるんですよ。

 

場所は、羽村市。

私の好きな『構造編』です。

2012年、最高のスタートがきれるよう

準備万端で行こうと思ってます。

 

っと、その前に、

年内にやることも盛りだくさん。

明日以降、

着工、上棟、完了検査、

そして、お客様の立会い検査。

 

応援要請するか。

「K君、応援頼む。電話くれー!」

大学からのDM

大学からのDM、

毎日のように入ってきます。

 

大学の営業活動です。

少子化ですもんね〜

どこも生徒の確保に一生懸命。

 

なんですが、

ウチのは・・・・・

どうするんでしょうか。

自分の高校生の頃、

真剣に考えちゃいませんでした。

というか、いい加減なもので。

 

東京に行くんだ!

ってことが目的みたいな。

 

 

親になってみて。

基本的には進学を薦めます。

学生をやれる権利は十分使うべき。

嫌でも働く年は来るわけだから、

そんなに急いで学生を放棄なくても、

と思ったりします。

 

千鶴の大学入試の時でしたかね、

面接がありまして、

その時に体験授業みたいなものを

受けたんです。

これが『面白い!』

40過ぎて、

大学って面白い、

勉強したい、って思いましたから。

 

まあ、

現実、そんな甘いもんじゃないのは

わかってますので、我が家では、

決めるのは本人。

自己責任。

親はあくまでもアドバイスまで。

 

親の見栄のために勉強させられてる

子供って可哀想だと思うんです。

親が親なんだから、子供に期待するなって。

 

こんなこと子供に教えないでよ。

「お父さんみたいになったらどうするの」

お父さんなりに頑張ってると思うんです。

 

頑張ろうぜ、お父さんたち!

羽村で土地を探してる人へ・・・その1

突然ですが、

新着土地情報です。

 

JR青梅線の羽村駅から

徒歩8分の場所で土地が出ます。

 

羽村は人気があるんですが、

物件が少ないエリア。

 

駅まで歩ける物件は希少価値。

どこにも出てない物件です。

 

羽村で探してる人には、

絶対、お薦め!

 

駅まで徒歩8分なんて

そうそう出ませんから。

 

広くて、日当たり良く、

それなのに安い!!

具体的な数字は、ここでは

言えません。

他の不動産会社から

クレームが来そうなんでね。

 

「教えてー!」って方は、

ウチまで直接、お問い合わせください。

木造の家は寒い!?

さあ、週末、週末。

引き渡してから1年、

ようやくインタビューの予約が

とれたお客様がおりまして。

今日、インタビューにお邪魔します。

 

1年間、住んでみてからの感想は

中身も濃いだろうし、楽しみです。

暑い夏、寒い冬、

どんな住み心地だったのか。

 

 

これから家を、

って方と打合せしてて感じるのは、

「木造の家は寒い」というイメージを

もってる方がとても多いということ。

 

「友人が家を建てて、・・・・

・・・・・寒かった」

 

ウチの家は寒くないんですよ。

いつも、そう説明するんですが、

多分、お客様の頭の中は『?』

なんでしょうね。

「ホントかよ〜」みたいな。

 

「リビング階段にしたいけど、寒いでしょ」

そんな心配する人も少なくありません。

 

ご心配なく。

寒くなることはありませんから。

そう言って、お勧めしてます。

ので、ウチのお客様は、

リビング階段にする方、多いです。

 

さあ、

今日インタビューのY様から、

どんな辛口意見が出るのか、

今後の役に立つのは間違いなし。

集成材の種類

『3人の私』

昨日で青梅線から全て消えました。

長い間、お世話になりました。

 

意外と見てもらってるんだな、と。

久しぶりに会った人からも、

「すごいね、大きな顔が・・・」

 

えっ、大きな顔?

んー・・・

小さくはないか。

 

まあ、

自分が知らないとこで

見られてるものなんですね。

みなさん、注意してください。

 

 

今日から楽しみな現場が始まります。

前にも書きましたが、

大きな杉の板を使う現場です。

80センチ幅で、長さ4メートルの1枚板。

作業台のカウンターに使用。

床には『サイプレス』という木を敷きます。

ウッドデッキに使う材種です。

耐久性バツグンの木なんです。

 

集成材や既製品が普通になりましたんで

余計に新鮮なんです、無垢材ってモノがね。

新築住宅の柱や梁も集成材が

多くなりました。

求められるものが「断熱性」や「気密性」

ですから、集成材の方が適してるんです。

反りや狂いがなく、強度も安定してる。

 

柱と梁、

どちらも集成材ですが、種類が違うって

知ってましたか?

柱は「同一等級」

梁は「対称異等級」を使うんです。

同一等級は圧縮に強く、

対称異等級は曲げに強い。

適材適所、ってことですね。

気分転換してきました

紅葉の時期になりましたが、

ウチの田舎、十和田湖の

紅葉は見事なモンですよ。

10月下旬が最高に綺麗な時。

 

11月に入ると『初雪』ですから。

今年はどうなんでしょうか、

まだ降ってないのかな。

この冬は大雪との予報も

出てるようですが。

 

帰省する予定です。

毎日、雪かき かな?

 

昨日、紅葉を見ました。

DSCF4330.JPG

まあまあ ですかね。

いい気分転換になりました。

 

ついでに「射的」も。

DSCF4327.JPG

これまた、いい気分転換になりました。

意外と簡単・・・・

昨日のT様邸、配筋検査に

T様も立ち会われて。

感想を一言

「意外と簡単なんですね」

 

うーん・・・・

確かに。

 

まあ、ベタ基礎の配筋検査なんて

見るところも限られますし、あっさり

したものです。

 

DSCF4305.JPG

ただ、今の法律では

こういう検査を通らないと

次の工程へは進めないんです。

 

予定通り、

コンクリートの打ち込みです。

心配なのは、週末の天気だけ。

鉄筋とコンクリートの役割

今日は午後から検査。

T様邸の現場で配筋の検査です。

 

20090116051.JPG

鉄筋が図面通りに施工されてるか。

 

ウチの標準仕様は、

『ベタ基礎』といって床下全面に

鉄筋が組まれて、コンクリートを

流し込みます。

コンクリートの厚さは15センチ。

 

11月に入りましたから、コンクリートの

配合には「温度補正」が必要になり、

通常より強度を高くするんです。

 

コンクリートに必要な強度は『圧縮』

押しつぶされる力に対抗する強度です。

 

鉄筋は『引っ張り』なんです。

引っ張られる力に対する強度。

 

鉄筋とコンクリートの基礎は、

その2つに強い力を発揮します。

 

壊すときによくわかります。

鉄筋の入ってないコンクリートは

簡単に壊れますが、

鉄筋が組まれていると壊すのは大変。

 

昭和50年前半の建物は、

鉄筋のないコンクリートだけの

基礎が当たり前だったんです。

恐ろしいことですが、

当時の建築基準法はOKだったんです。

 

30年経った今は、

頑丈になりましたね。

比べ物にならないほどに。

チョッと過剰かな?とも思いますが。

 

この15年で、

木造建築の耐震性能は

スゴク変わりましたね。

ホントのこと、伝えるのって難しい

外国から見た日本は、

今も危険な国らしい。

 

「日本へは行けない」

知り合いから聞きました。

その人の娘さんは外国で

生活してるんですが、

もうスグ出産なんですって。

本当なら日本に帰ってきて

子供を産むはずだったんですが、

「今、日本は危ない」から

ということで、住んでいる外国で

出産するそうです。

 

わからないです。

日本にいると、外国の見方が。

当然、逆のこともあるでしょうが。

本当のことって、伝わらないこと

多いんでしょうね。

 

 

住宅業界もそんなところがありまして。

「工務店っていい加減だ」

「小さい会社は信用できない」

だから、高いのは承知で大手へ。

高い分は保険料と捉えて。

 

残念なことです。

確かに、いい加減なことをやってる

会社はあるかもしれませんが、

その一部のせいで、全部が同じだと

見られることは非常に残念なことです。

 

本当のことを伝えたい。

大手メーカーの住宅を実際に造ってるのは

小さい会社の人間たちなんだって。

決して技術は負けてないし、

もちろん熱意も持ってます。

 

テレビの影響も大きいとは思います。

『欠陥住宅』特集みたいなもの。

ああいうのって反響が大きいでしょ。

 

「工務店って全部そうなんだ」みたいな。

今流行りのゼロか100の時代。

 

「本当は違うんだぞー!」

って叫びたいですが、

コツコツ地道にやっていくしかないんでしょう。

1つ1つ丁寧に、

最後まで知恵を絞り、

最善の方法を探り出す。

 

心配だからという人たちに、

高い保険料を払わせてることは

私たち、地場工務店の責任です。

無駄なお金を使わせることなく、

安心して依頼先を探せる状況に

しなくちゃいけないと思います。

 

モノつくりの原点である、

「社会の役に立つ」

この精神で取り組むこと。

なかなか進まない・・・・

慣れない書類作り、

イライラモードがグングン上昇します。

おまけに疲れもドッと。

 

ありませんか、

そんなこと。

 

「もう4時間もやってるのに、これだけ」

全然、進まない、

みたいな。

 

たまーにあるんです。

今、そんな状況にはまってます。

たまにはいいけどね。

 

 

DSCF4285.JPG

何だかわかります?

クロス(壁紙)に糊付けする機械。

これで、接着剤を塗布してるんです。

ピ、ピ、ピって押すと、

設定した長さでピタッと止まり、

あとは、貼る場所へ持ってって。

 

だから早い!

クロス工事はあっという間で完成。

大工さんが2ヶ月もかけたお宅が、

クロス屋さんは3日か4日で終了、

なんですから。

 

「えー、もう終わったのー!」

苦労して造った大工さんの本音。

感激しました!

「思わず涙が出ちゃいました」

 

まだ工事中のお客様から、

足場が外れた現場をご覧になって

感激されたとのこと。

 

あー

私の『顔シート』が邪魔してたのかも・・・

 

シートもなくなりスッキリしましたからね、

って言うと

「そう、そう」

 

えっ、えっ!

そりゃないでしょー!

お母さーん!

私の顔、邪魔でした?

 

昨日の社内はそんなやりとりで、

涙あり、笑いありの大賑わい。

 

でもね、

わかります。

足場が外れて外観が

全部見えたときの感激。

造ってる我々もそうですから。

 

工事を進める上での、

1つの節目というか。

今までのこと、

思い出したりしちゃうんですよ。

 

解体工事から地鎮祭。

地盤調査、

そして着工。

上棟の時、みんなで食べた弁当。

 

 

注文住宅って、

やっぱりいいな〜

 

細かいところがスゴク大事なんです

久しぶりに登場させてもらいます。

ウチの孝行息子。

『TKパネル』です。

2011051313.JPG

地震に強いだけじゃなく

断熱性能もバツグンです。

隙間なくパンパンに充填されてる

白いのが断熱材で厚さも10センチ。

その表面は厚い気密シートで保護

されてるんです。

 

1棟1棟、工場でオーダーメード製作。

だから精度もバッチリです。

 

寒い冬は家の中を暖かく

暑い夏は涼しくしてくれる働き者。

冷暖房効率が高いので、

電気代は安く済みます。

 

DSCF3947.JPG

ここも大事、

というか、ここがスゴク大事なところ。

 

桁とタルキの間です。

(フェノバ、って書いてるとこ)

ここをしっかり断熱しないと、

壁をどんだけしっかり断熱しても

その効果は激減します。

熱の出入りを極力小さくすることが

断熱性能の高い家になるんです。

家の中のどこを見ても、断熱ラインが

繋がっていなくちゃダメなんですね。

 

それと、貫通するスリーブの廻り。

ここの処理も大事です。

せっかく高性能な断熱工事をしても

スリーブ廻りの工事が雑だったり、

隙間があったりしたら断熱性だけじゃなく

気密性も低下してしまいます。

 

この辺の工事は手間隙掛かるんですが、

しっかりやっておかないと住み心地に

差が出て、「快適な」住まいになりません。

 

仕上がったら隠れてしまう、

細かいところが大事なんですよ。

造り手は、そこに『こだわり』を持つべき!

人生、死ぬまで勉強です

急展開!

いや〜

そう来たか。

 

でも、おめでたい話。

契約ですから。

 

 

いい土地が見つかりましてね〜

タイミングといいますか、

やっぱり『ご縁』なんでしょうか。

 

ここ数日は、その件でバタバタ状態。

嬉しいバタバタですけど。

滅多にない好条件なんです。

「うん、うん、こういうやり方もあるのか」

勉強になりました。

やっぱ、死ぬまで勉強だな。

今後に生かせれば、

喜んでもらえる人が増えるかも。

 

まあ、いつもの通り、

ここまではボランティア。

ウチの出番は、これからです。

 

土地探しでお困りの方、

私にお任せください!

初めて見た!?

羽村市のW様邸、

今日、足場が外れます。

 

ということで、

昨日、青梅線から姿を消しました。

残念ですが・・・・

 

ウチのカミさん、

昨日は電車で都庁へ。

初めて見たそうです。

電車から私の『顔』を。

「出たー!」って。

 

青梅線で残ってるのは、

あと1件だけ。

ここもあと数日でサヨナラです。

 

また、場所を変えて

出続けますのでヨロシク。

青梅と羽村のどこかで登場します。

ウチにとって『元旦』

11月に入り、今年もあとわずか。

ここから年末までって早いんです。

2ヶ月なんて、あっという間。

 

ウチも今日から新しい『期』に

入りました。

第16期です。

社名も新しくなり、例年以上に

気持ちが高ぶってます。

 

早速、初日から着工する現場が

小平市のT様邸。

幸先いーなあ、って感じです。

 

スグ近くの「青梅看護専門学校」の

工事も受注できましたし。

役所工事で『入札方式』ってやつ。

入札・・・・・

談合・・・・・

何かキナ臭い・・・・・

 

それは昔の話。

今はインターネットの時代。

入札もパソコンの前で金額を

入力するやり方になったんです。

 

入札の翌日に結果が発表されます。

これまたパソコンの前で確認。

1位は?

2位は?

ウチは?

そんな感じで。

 

 

それはそれとして、

ウチにとって今日は『元旦』

 

「期待に応える」

「お役に立つ」

そして、個人的には、

「さりげなく」

 

を忘れることなく1年間、

頑張らせていただきます!