社長ブログ | TKプランニング

車イスでも生活できる家

昔はタイル、

今はユニット。

 

住宅の浴室は、

今やユニットが主流です。

 

昔のタイルで造った浴室は、

「寒い」

「掃除が大変」

でした。

 

その点をユニットバスは

改善されてますので、

使い勝手がいいんでしょう。

 

ただ、

使えない場合があるんです。

ユニットバスは、健常者が使う

ことを前提にした仕様ですので、

介護が必要な方には不向き。

サイズのバリエーションも少ない。

 

その場合は、昔ながらのタイル造り。

ということになります。

 

今、建築中の羽村市・W様邸は

車イスの方でも使える浴室を造ってます。

 

W様は、今は元気に普通の生活を

されているんですが、将来に備えて、

どんな状況になっても、自宅で生活

できるような家、を希望されたんです。

 

浴室だけでなく、洗面脱衣室やトイレも

介護、車イスでもOKの造りです。

水廻りだけじゃなく、全部がそう。

玄関から、

いや、玄関までのアプローチから。

 

高齢化が進んでいるわけですから、

これからは、こういう住宅が求められて

くるんじゃないかと思います。

 

新築だけじゃなく、リフォームでも

こういった改修は可能です。

 

施設や病院で寂しい生活をするよりは、

やっぱり自宅で過ごしたいものでしょ。

W様邸、完成したらご紹介します。

 

また、

実際に、ご覧になりたい方が

いらっしゃいましたら、どうぞ。

ご案内しますので。

 

コメントする