社長ブログ | TKプランニング

そろそろ床暖房ですね

昨日の住宅エコポイントの補足。

 

新築住宅は、

トップランナー基準、

または次世代省エネ基準の

どちらかを満たすことが条件です。

何でもOK、というわけじゃ

ないので、ご注意ください。

 

 

朝は冷え込んできましたね。

もうそろそろ『床暖房』の季節。

 

昨日、OBさんのお宅に伺ったら

「もう、朝晩は床暖房つけてます。

暖かくて、ホント良かったです」

 

ホントですね。

足元がポカポカするのは快適。

エアコンでは得られない暖かさ。

 

ウチの建物は、

高気密・高断熱ですから

床暖房との相性はバツグンです。

断熱・気密が良くない家では

床暖房の良さが半減します。

熱が逃げちゃうんです。

せっかく暖めても、隙間から

熱が出てしまって。

 

クレームになることもあるんですって。

「お宅の床暖房、暖まらないよ」

蓄熱式の場合ですが。

 

DSCF2740.JPG

蓄熱式って、深夜電力で熱を貯めて、

昼間は電気を使わず、放熱するだけ。

ランニングコストが安いんです。

 

でも、住宅の断熱・気密性能が

良くないと不向きな床暖房なんです。

床暖房屋さんにクレームですね。

 

 

11月から3月、4月まで。

意外と長い期間使うんです。

床暖房って。