社長ブログ | TKプランニング

今日からは、・・・・どうぞよろしく

昨日までの

有限会社ティーケイプランニング

から、新しく生まれ変わり、

今日からは、

 

TKプランニング株式会社

 

として、スタートします。

 

どうぞ、

みなさん、よろしくお願いします。

 

 

組織変更で名前は変わりますが、

他は何も変わりません。

所在地も連絡先もスタッフも、

そのまんまです。

 

変えていかなくちゃならないことは

ありますが・・・

目指す目標のために努力すること。

昨日よりも今日、

今日よりも明日、

一歩一歩ですが、

それが何より大事なことだと

思いますので、日々努力ですね。

 

まだまだ頑張らせていただきますので、

これまでと変わらぬご支援のほど

よろしくお願いします。

17年間、ありがとうございました

突然ですが、

大事なお知らせがあります。

 

今日が最後の日になりました。

 

有限会社ティーケイプランニング

 

が、今日で歴史の幕を下ろします。

(格好つけすぎですね、すいません)

 

早いもので、創業から17年経ちました。

その間、廻りの皆様に助けられながら

なんとか、ご迷惑を掛けない程度ですが

続けることができました。

 

皆様の暖かいご支援、ご協力の

お陰と思っております。

本当にありがとうございました。

 

 

創業は平成6年4月15日

(私の29歳の誕生日なんです)

 

当時、「何とかプランニング」

って珍しかったんですよ。

「何とか建設」

「何とか工務店」

全部カタカナは少なかったと記憶してます。

悩みましたね〜

名前を決めるのに。

 

元々は、設計が主体でしたから、

PLANNING っていいかなと。

でも、当時はアルファベットでは

登記できなかったんです。

漢字・カタカナ・ひらがな に限る。

 

頭の「ティーケイ」はTKですから、

単純に私の頭文字。

TK PLANNING

 

「えい、やー!」で

悩んだ割には、単純なんです。

 

そして、ロゴ。

ウチのロゴ、ご存知ですか?

あれね、

TとKで、ある物を表してるんです。

Tは「T定規」

Kは「三角定規」

 

最初は、設計を主体にしてた、

って言ったでしょ。

設計の基本ですからね、この2つは。

今でもお気に入りのロゴです。

 

 

何か、

最後の日になって、

こんなこと説明してるも

おかしいことですが、

覚えといてもらえると

嬉しいです。

 

 

さあ、最後の日も

元気よく、気合入れて

頑張ります!!!

 

 

そして、

明日、新たな出発の日を

迎えたいと思います。

 

明日からは、

 

形は・・・・ですが、働き者です

カウントダウン

あと2日です。

 

あっ、

この件は明日、お話します。

 

 

チョッと変わったもの

見せましょうか。

DSCF4220.JPG

変な形してるでしょ。

でも、大事な役目を果たすものなんです。

家の中の汚れた空気を排出するモノ。

『24時間換気システム』の排気口です。

 

高気密住宅って息苦しい・・・・

と勘違いして方へ。

隙間のない家の方が

24時間換気システムが

有効に働くんですよ。

 

24時間換気システムというのは、

2時間かけて部屋の中の空気を

全部入れ替えるシステムのこと。

窓を閉め切った状態でね。

 

ですから、家の中の空気が

いつも新鮮なんです。

高気密じゃないと、換気が

ショートカットされちゃって

全部入れ替わることができません。

 

チョッとブサイクかもしれませんが、

こいつは重要な働きをしてるんですよ。

健康で気持ちよく暮らせるために

24時間休まず働いてくれてます。

 

弱い奴ほど威張りたがる

昨日のドラフトで、

巨人から指名された柴田投手。

何万人に1人という難病に

かかりながら野球を続けて

きた選手です。

 

感動しました!

泣けました!

 

指名後のインタビューで

出る言葉は全て前向きな

そして、感謝の言葉。

 

今の若いモン、

まだまだ捨てたもんじゃないな。

 

 

自分を正当化して、

相手を攻め立てる。

都合が悪いことは

廻りのせいにする。

 

「俺が正しいんだ!」って

弱い立場の人間にだけ

攻撃しようとする人。

 

そんな余裕のない弱虫が

胸張って歩いてる時代。

 

どんなに偉い人でも一緒。

どんなに頭のいい人でも一緒。

みんな、周りの人に助けられて

生きてるんだから。

1人じゃ大したことできないんだから、

威張っちゃいけねーな。

 

難病と戦いながらも感謝の気持ちを

忘れない柴田投手は素晴らしい。

思いっきり活躍してほしい。

応援します!

そろそろ床暖房ですね

昨日の住宅エコポイントの補足。

 

新築住宅は、

トップランナー基準、

または次世代省エネ基準の

どちらかを満たすことが条件です。

何でもOK、というわけじゃ

ないので、ご注意ください。

 

 

朝は冷え込んできましたね。

もうそろそろ『床暖房』の季節。

 

昨日、OBさんのお宅に伺ったら

「もう、朝晩は床暖房つけてます。

暖かくて、ホント良かったです」

 

ホントですね。

足元がポカポカするのは快適。

エアコンでは得られない暖かさ。

 

ウチの建物は、

高気密・高断熱ですから

床暖房との相性はバツグンです。

断熱・気密が良くない家では

床暖房の良さが半減します。

熱が逃げちゃうんです。

せっかく暖めても、隙間から

熱が出てしまって。

 

クレームになることもあるんですって。

「お宅の床暖房、暖まらないよ」

蓄熱式の場合ですが。

 

DSCF2740.JPG

蓄熱式って、深夜電力で熱を貯めて、

昼間は電気を使わず、放熱するだけ。

ランニングコストが安いんです。

 

でも、住宅の断熱・気密性能が

良くないと不向きな床暖房なんです。

床暖房屋さんにクレームですね。

 

 

11月から3月、4月まで。

意外と長い期間使うんです。

床暖房って。

再開する住宅エコポイントとは?

再開する住宅エコポイントの概要について

 

7月末で終了したエコポイントが

再開することが決まりましたが、

その内容は。

 

まず新築ですが、

被災地は30万ポイント

被災地以外は15万ポイントとなります。

ですから、東京都で新築する方は

15万ポイントとなり、これまでの半分です。

 

リフォームは、

これまでと同じく上限が30万ポイント。

こちらは変わりませんが、

耐震改修工事を行うと、さらに15万ポイント追加。

 

ポイント交換の対象商品は、

『被災地の産品・製品』

『被災地の商品券等』

『被災地への義捐金・寄附』

『環境寄附』

『省エネ・環境配慮商品』

となってます。

追加工事への即時交換は『?』

 

対象期間は、

新築の場合、10月21日以降の着工です。

ただし、第3次補正予算の閣議決定が必要。

決定日に合わせるようです。

リフォームは、11月21日以降の着工です。

 

ポイント数に差が出ちゃいましたね。

再開後の目的の1つに、

『被災地復興支援』が盛り込まれましたから。

 

まあ、ゼロじゃないんです。

15万ポイント、嬉しいじゃないですか。

太陽光のおかげです

太陽光発電システム。

屋根の上の載ってる家が

スゴク増えましたね。

 

DSC00897.jpg

 

私も5年前に家を建てた時、

「これからは太陽光の時代が・・・」

と思って載せましたが、

当時は少なかったですね。

今と違って「補助金」もなかったし。

 

一昨年くらいからでしょうか。

太陽光発電の工事依頼が

増えだしたのは。

やっぱり「補助金」が大きいです。

 

今日も、太陽光発電の工事があります。

約2ヶ月待ちましたかね。

材料が入らなくて。

だいぶ、お待たせしちゃいました。

工事は1日で完了します。

完了後、東電の立会いが終われば

作った電気を売ることができるんです。

これも、売れてる理由の1つ。

 

ちなみに、

我が家の場合、

買った電気と、売った電気、

年間ではトントン。

 

ですから、

電気代は0円、ってこと。

ありがとうございます。

駅近なんですが・・・・・

昨日の大安吉日。

小平市で来月から着工する

T様邸の地鎮祭を行いました。

 

心配された「雨」も降らず、

テントを張ることもなくできて

雨男の私はホッとしましたよ。

 

IMGP2059.JPG

小平駅から徒歩5分の

なかなかいい場所。

(私が見つけました)

 

 

2日前に土地の引渡しを済ませたんですが、

引渡しの時って、所有権の移転登記を司法書士が

手続きするんですが、その司法書士の方、

買主側で選べないものなんですかね。

「売主の指定」というケースが多いんです。

 

移転登記の費用を支払うのは買主でしょ。

お金を支払う側が選ぶ権利があっても

いいと思うんですがね〜

 

売主によっては、

「どうぞ、お任せします」って人もいますが。

いろんな諸事情(?)があるんでしょうかね。

 

T様の土地、

駅近なんですが、駅前じゃない。

線路から見えない。

私としては、そこがチョッと残念・・・・

 

憂鬱になるまで悩め!

この業界、不動産を含めてですが、

呆れると共に悲しすぎます。

営業マンたち、

もっと真剣に取り組め!

 

『プロ意識』が欠けてるんでしょうか。

私が大事に思うのは、

『お客様を助けること』

助けるために全力を注ぐこと。

助けるための方法を最後まで考え抜くこと。

 

誤解しないでくださいよ。

「助ける」って、決して

上から目線じゃありません。

そういう気持ちを持つことが

『プロ意識』だと思うからです。

 

住宅・不動産の営業マンたち。

簡単過ぎると思います。

言うこと、やることが。

軽過ぎます。

もっと考えましょうよ。

お客様の「助けて」の声に

真剣に深く考えましょうよ。

 

土地や家って、

スゴク高価な買い物なんです。

「この土地でいいんだろうか」

「この会社に依頼して大丈夫か」

真剣です。

 

その真剣さを受け止める我々はプロ。

プロなんだから、

しっかり受け止められなくちゃ

いけないんです。

 

正に、真剣勝負ですよ。

「助けて」の声に応えるために、

憂鬱になるくらい悩み、苦しむべき。

「楽しい」とか「やりがい」

なんて言葉は、

最後の最後に感じられれば十分。

それくらい責任の思い仕事なんです。

 

医療の世界はどうですか。

常に、患者の命と向き合ってます。

「助けて」っていう患者を

何とかして助けてあげたい、と

悩み苦しみ、最後の最後まで

あきらめないでしょ。

医者に見捨てられたら、

その患者の人生は終わりなんですから。

 

偉そうなことを書きましたが、

これは、私自身に対する

言葉でもあります。

そういう気持ちを忘れることなく、

「助けて」の声を真剣に受け止めて

責任を果たして行きます。

通気層が大事ですよ

外壁のサイディング張りです。

DSCF4179.JPG

1番下の黒いのは、『水切り』といいます。

水切りには2種類ありまして、

1つは、「カラー鋼板」

もう1つは、「アルミ」

お薦めは、もちろん錆びないアルミ製です。

 

 

DSCF4180.JPG

サイディングと下地の白いシートの間には、

15ミリの空間があります。

隙間を作って取り付けます。

 

隙間を作る方法には、

「胴縁」という木材を使う方法。

「通気金物」という金属を使う方法。

2つの方法がありますが、

ウチは、後者の「通気金物」を使用してます。

写真の上に写ってる3つの金属がそれ。

 

水切りとサイディングの間も、約1センチ程の

隙間を空けます。

この隙間を「通気層」といい、

下から上へ空気が流れるんです。

これを、

『通気工法』といいます。

 

サイディングが出始めた頃は、

「直張り」といって、通気層を取らずに

下地に直接、張ってたものです。

 

たまに、見かけますが、

外壁が波打ってるような家。

あれって、直張り施工ですね。

 

今じゃ、「通気工法」がスタンダード。

 

『屋根断熱』も、

いつか、そうなりますかね?

こだわりの風呂、だったんですが・・・

階段が付きました。

(まだ途中ですが)

DSCF4170.JPG

 

外壁が張られました。

DSCF4167.JPG

来月、引渡しのW様邸。

 

と、ここまでは他と同じですが、

全く違うのが浴室。

DSCF4169.JPG

ユニットバスじゃないんです。

昔ながらの在来工法。

左官屋さんがモルタルを塗り、

タイル屋さんがタイルを張り。

 

そう考えるとユニットって便利です。

早いですし。

でも、W様邸の浴室は

車イス生活でも使える

浴室にするので、ユニット

ではムリなんです。

 

我が家の風呂も在来工法。

こだわるところがありまして、

ユニットじゃありません。

 

私が1番こだわったのが浴室。

なんですが、

家族からはあまり・・・・

はっきり言って『不評』ですね。

 

でも、

私は気に入ってます。

下手な温泉宿の風呂よりも

「我が家の風呂がいい〜」

って思いますから。

 

実家は風呂のない家でしたから。

いつも弟と近所の銭湯へ。

12年前に建替えて、今の実家は

風呂がありますが、ほとんど使ってません。

親父は1回も使ってないと思います。

 

ウチの田舎、

温泉がたくさんあるんです。

市内に10軒以上はあります。

ですから、家の風呂には入らず

温泉に行ってるんです。

 

私も帰ったときは温泉です。

家の風呂は使いません。

ウチの田舎、そういう人が

多いんですよ。

特に、

冬は絶対、温泉ですね。

 

昨日、琴音が

「お正月、三沢へ行きたいな〜」って。

今年は久しぶりに田舎で年越しかな。

温泉三昧してくるか〜

 

 

みんなでガスの勉強

昨日は定休日でしたが、

社員みんなで『ガス』の勉強。

 

新宿で開催された東京ガスの

『暮らしのデザイン展11』へ

行ってきました。

 

大震災以降、

エネルギー源は、

「電気だ」

「ガスだ」

って分けるんじゃなく

どちらも上手に使うという

ことを考えてみよう。

そんなイベントでした。

太陽光などの自然エネルギーも

含めてね。

 

他にも、

エコジョーズって?

エコウィルって?

エネファームって?

 

勉強してきました。

 

チョッと気になったのは、

東京ガスの社員さんの

顔が暗かったことかな。

 

イベントなんだから、

笑顔の方がいいかと

思うんですが・・・

足場と共に去りぬ・・・・

青梅市のS様邸、

残念なことに、

足場がなくなります。

 

DSCF5967.JPG

あの場所は、スゴク目立つ

場所なので、ズーッと足場を

残しておきたかったんですが、

そういう訳にはいかないので・・・

 

残念ですが、お別れです。

「社長がいたー!」

「いましたねー!」

たくさん、嬉しい言葉を

いただきまして、本当に

ありがとうございました。

 

青梅線で通勤されている皆様、

毎日眺めていただき、本当に

ありがとうございました。

 

 

足場がなくなっても、

バルコニーの壁から垂らして・・・・

 

冗談、冗談。

見事なモンです、1枚板

10月も後半に入りましたが、

真夏日?

熱中症?

起こってたようですね。

いや、いや、

これじゃ、人間の体も大変だ。

 

 

幅  80センチ

長さ 4.2m

厚さ 6センチ

1枚モノの杉の板。

もちろん無垢材です。

この大きさ、イメージできますか?

(すいません、

写真取り忘れちゃって・・・)

 

「作業台に使いたい」という

お客様のご要望がありまして、

ようやく見つけることができました。

 

これだけのモノって

なかなか見つからないんです。

幅が40センチ、50センチまでなら

比較的、簡単に見つかるんですが、

80センチとなると難しい。

 

10日くらいかかりました。

関西方面から「あるよー!」って。

 

早速、トラックに積んで

お客様のところへ品定め。

どんなもんでしょうか?

 

「すごいですね〜 OKです」

合格!

 

晴れて、作業台へ。

無垢の手触り、

いいですね〜

 

自然のままって

安心するというか

癒されるというか

とにかく、いいですよ。

 

加工モノや集成材に

慣れちゃってしまって

「無垢」にスゴク新鮮さと

何ともいえない嬉しさを

感じます。

 

扱いは難しいんですが、

手間隙掛けて仕上げれば、

その良さが一層生きるんでしょうね。

 

施工は来月。

ウチの棟梁に腕を見せてもらいましょ!

 

収納は中身が大事

CS進出が決定!

目の前での胴上げも阻止!

 

楽しみがまだ続きます。

よかった、よかった。

 

 

今、我が家では収納改造中。

お客様の要望で多いのは

「収納スペースをたくさん」なんです。

収納ってどれだけあってもいいもの。

でも、重要なのは中身です。

 

ただ、空間を確保しただけじゃ

有効に使うことはできません。

棚やハンガーパイプなどが

あれば有効活用できます。

 

棚も固定式か可動式かで

使い勝手に幅が広がるし、

パイプも1段よりは2段。

 

そこんとこを、よーく考えないと

せっかく造った収納スペースに

もったいないデッドスペースが

できちゃいますから。

 

我が家は、事情があって

「超・超・突貫工事」になりまして、

収納の中身まで考える余裕が

なかったんです。

 

取り合えず、収納にできそうな場所は

できる限り収納をとりましたが、

肝心の中身が空っぽ、状態でした。

したがって、デッドスペースだらけに。

 

収納の上半分はキレイな空間のまま。

空気が入ってるだけ。

建築屋のオヤジとしては、

このままじゃ、お恥ずかしい限り。

なんとか改造して有効活用しなくては、

お客様に胸を張って提案できません。

 

収納が充実すると、家の中も

キレイに片付くでしょ。

夕べは、カミさんと千鶴で片付け。

片付け・・・・だったと思うんですが?

 

昔のアルバム見ては大盛り上がり。

おい、おい、何やってんの。

 

千鶴

「お父さんの19歳の写真見つけたー!」

給水配管に欠かせません

上棟後のK様邸を覗いてみました。

 

DSCF4154.JPG

  

DSCF4147.JPG

まずは、バルコニーの下地造り。

 

 

DSCF4162.JPG

これは?

『ヘッダー』といって、

家の中の給水管を分配する部材です。

キッチン

洗面化粧台

洗濯機

浴室

トイレ

どんな家にも必ずあるもの。

ここには給水管がないと

使えませんよね。

 

外から1本の給水管が家の中に

入り、ヘッダーへ接続されます。

そのヘッダーから各場所へ枝分け

して配管するんです。

 

ヘッダーを使うメリットは?

1つは、維持管理と点検が楽なこと。

万が一、給水管にトラブルがあった時、

ヘッダーを確認すれば、どの系統に

不具合があるのかが簡単にわかります。

 

それと、家の中の配管が効率よく、

無駄に長くなることがなくなります。

家の中の配管は、

原則、短くすること。なんです。

理想は、最短距離で配管すること。

 

フラット35Sの基準にも

「ヘッダーを使うこと」が明記されてます。

優れものなんですね。

元気な92歳です

中学・高校の時、よく聴いてた

歌手が亡くなっていくのに

自分も年を取ったんだなと

実感してます。

 

柳ジョージ

RCサクセションの忌野清志郎

今聴いてもいい歌ですよ。

早いよねー

 

そんな中、変わらず頑張ってるのが

永ちゃんでしょ。

パワーは衰えなし。

60過ぎたんですよ。

 

今月、引き渡した八王子市のN様。

ご主人の年齢は、

なんと、92歳!

スゴイでしょ。

カラオケが大好きなN様。

今も仲間と歌ってます。

 

92歳っていったら、

私の歳のちょうど2倍。

いや〜

スゴイ、の一言。

 

あっ、そうだ。

もう1人います、92歳の人。

12年前に家を建てた昭島市のH様。

つい先日、お会いしました。

こちらも元気、元気。

建替えたときは80歳でしたが、

ピンピンしてましてね、

とにかく身軽で、動きが早い。

とても80歳には見えなかったです。

お酒が好きでね〜

今も毎晩、晩酌してるそうです。

 

嬉しいですよ、

元気な姿が見れるのは。

2人とも100歳まで楽に行けそう。

 

 

永ちゃん、

何歳までロック歌ってるのかな。

車イスでも生活できる家

昔はタイル、

今はユニット。

 

住宅の浴室は、

今やユニットが主流です。

 

昔のタイルで造った浴室は、

「寒い」

「掃除が大変」

でした。

 

その点をユニットバスは

改善されてますので、

使い勝手がいいんでしょう。

 

ただ、

使えない場合があるんです。

ユニットバスは、健常者が使う

ことを前提にした仕様ですので、

介護が必要な方には不向き。

サイズのバリエーションも少ない。

 

その場合は、昔ながらのタイル造り。

ということになります。

 

今、建築中の羽村市・W様邸は

車イスの方でも使える浴室を造ってます。

 

W様は、今は元気に普通の生活を

されているんですが、将来に備えて、

どんな状況になっても、自宅で生活

できるような家、を希望されたんです。

 

浴室だけでなく、洗面脱衣室やトイレも

介護、車イスでもOKの造りです。

水廻りだけじゃなく、全部がそう。

玄関から、

いや、玄関までのアプローチから。

 

高齢化が進んでいるわけですから、

これからは、こういう住宅が求められて

くるんじゃないかと思います。

 

新築だけじゃなく、リフォームでも

こういった改修は可能です。

 

施設や病院で寂しい生活をするよりは、

やっぱり自宅で過ごしたいものでしょ。

W様邸、完成したらご紹介します。

 

また、

実際に、ご覧になりたい方が

いらっしゃいましたら、どうぞ。

ご案内しますので。

 

TPPって知ってますか?

『TPP』って何?

賛成だ、反対だ、って

やりあってますが、

ご存知ですか?

 

ウチは『TKP』

でも、全く関係ありません。

なんか、車のCMでも

ありませんでしたか。

似たような・・・・・TNPでしたっけ。

 

じゃ、

今日は経済の勉強ということで、

TPPについて。

「環太平洋戦略的経済連携協定」の略称です。

太平洋周辺の広い地域で

関税のない自由貿易圏をつくろうという構想。

 

チリ、

シンガポール、

ニュージーランド、

ブルネイの4ケ国で始まりました。

その後、アメリカが入り、

オーストラリア、ペルー、ベトナムも

参加を表明。

 

チョッと前に、

管元総理も言ってたでしょ。

「日本も参加を検討します」って。

 

参加した場合の影響は?

これがバラバラでして、

内閣、

農水省、

経産省、

利益になるんだ。

損失が大きい。

 

農水省は、

安い農産物が大量に輸入され、

日本の農家の多くがやめてしまう。

その結果、雇用が失われ、食料

自給率も大幅に下がると言ってます。

 

一方、経産省は、

参加しないと、GDPが10兆円以上も減少。

製造業のダメージが大きい。

 

一般消費者から見たら、

わからない、というのが

正直なところじゃないでしょうか。

 

ただ、

自由貿易ってのは、

世界の流れになってるんです。

江戸時代のように「鎖国」が

できるでしょうか。

 

今日は、

TKPと似てるんで、

TPPについて書きました。

いい土地探しは私にお任せ!

土地の契約、

建物の見積、

住宅ローンの金利優遇幅、

 

これら、1日で全部、

H様、お疲れ様でした。

めでたい日でしたね。

 

年内、着工の予定です。

また、青梅市内のどこかに

私の顔が登場しますので

よろしく頼んまーす!

 

その合間を縫って、

私はT様邸の地盤調査立会い。

(写真、写真、・・・・どこ???)

 

T様邸は、

来月、着工します。

土地探しからでした。

場所は、小平市。

初登場ですね。

 

DSCF4164.JPG

これ、K様邸。

府中市に初登場した私。

K様も、土地探しからでした。

 

「土地探し」

この木村にお任せください!

クレーム産業第1位は?

Yシャツが6,000円

クリーニング代金です。

「高!」けど、

どんなシミでも消してくれる。

平均単価は2万円とか。

1年で100万円使う人もいるんですって。

 

 

消費者からのクレームが

1番多いのがクリーニング屋さん。

私は住宅かと思ってましたが。

クリーニング屋さんかあ〜

なるほどねー

 

「住宅」もクレーム産業って

言われてるんですよ。

だから、

お互いの信頼関係が大事。

 

お客様は「注文者」

私どもは「請負者」

請けたら負ける者なんです。

嫌な言葉ですが、

そう言われてます。

 

別に戦うつもりじゃないのに、

請けたら負けるなんて、

誰が付けたのよ、こんな言い方。

 

お客様に信頼される仕事を

しなさいよ、ってことかな。

確かに、一生に1回の大切な

モノを造る仕事ですからね。

信用・信頼は最低限のマナー。

 

『信頼を得て、感動を与える』

これくらいできなきゃダメです。

そこを目指して、日々努力。

 

・・・・・・

Yシャツに6,000円かあ〜

うーん・・・・・・

考えちゃいますね、オイラは。

紅葉見学会?

やってますね〜

『現場見学会』

 

ウチも今月やろうかなと

思ってたんですが、

打ち合わせの約束が

多く入りまして、断念。

少人数ゆえに仕方なし・・・

 

口で説明するより、

写真で見てもらうより、

やはり実物が1番です。

 

イメージするのが難しいですから。

本物を見ていただくのがよろしいかと。

そんなんで、どこもやるんでしょうね、

『現場見学会』

 

でも、

この3連休は、

家を見るより「紅葉」ですかね。

紅葉見学会、なんて。

日本の紅葉は世界一美しいとも。

って、どこかで耳にしましたよ。

 

休みがとれたら、

カミさんと見に行こうかな。

温泉入って紅葉なんて、

癒しでしょう〜

今月も新しい仲間が、

探してたモノが見つかった時の嬉しさ、

苦労した分、見つかった時の感激は

倍増しちゃいます。

 

「土地」ですよ。

難しいよね、

いい土地に出会えることって。

よく言いますが、

『ご縁』があるかないか。

 

これまで、何百組も、

すいません・・・・盛りすぎました。

何十組もの方に土地を紹介して

きましたが、見つかるまでの時間は

全くわかりません。

 

これだけ時間を掛ければ見つかる、

っていう方程式はありませんので。

 

早い人で1週間。

長い人になると1年、2年。

 

私の役目は、あくまで紹介だけ。

いい土地を紹介して、

売主との交渉、契約までの

お手伝い。

もちろんノーギャラです。

 

本業は『家造り』なので。

気に入った土地に、

最高の家を造ってあげること。

 

そんなお客様を

たくさん増やしていきたいです。

今月も、新しく仲間入りする方がいます。

『TKファミリー』着実に増えてます。

ありがたや〜

熱い男たち

夕べは、TK会の役員会議。

議題は『OB様感謝祭の反省』

 

嬉しいくらいに熱い議論となりまして、

一歩間違えば「一触即発」的な場面も。

大好きですよ、

こういう緊張感のある真剣な話。

 

ウチの業者さんたち、

熱いわ〜

 

もちろん、方向は『もっといいものを』

ですから、前進ですよ。

一歩前進、一歩前進。

 

熱い気持ち、思いを結集したら

絶対いいものができるはず。

 

嬉しい仲間たちです。

 

 

今日から3連休のみなさん、

いいですね〜

温泉なんかいいね〜

頑張って、お父さん。

 

ウチは3日間とも

通常営業です。

座右の銘は?

『ハングリーであり続けろ

愚かであり続けろ』

 

アップル創業者、ジョブズ氏の

大学での伝説的スピーチ。

深いですねー

心に残る言葉です。

 

「座右の銘」

みなさん、お持ちでしょう。

もちろん私にもあります。

大事にしてる言葉が。

 

DSCF4145.JPG

この中に書かれてるんです。

忘れないよう、いつも身に付けてます。

もう10年近くなりますかね、

この数珠は3代目です。

 

 

ハングリーであれ!

馬鹿であれ!

 

素晴らしい!!!

社長が交代したら・・・

トップの去就で結果は?

 

プロ野球の話ですが、

今年、シーズン途中で監督の

辞任が発表されたチームが

中日と日本ハム。

 

「今季限りで辞めます」って

発表された後、

元気良くなったのは中日。

逆に、日本ハムはガタガタ。

 

「えー、辞めちゃうの!」

「おー、辞めてくれるんだ!」

どんな心理が選手に作用してんのか。

なかなか興味深いものです。

 

普通の仕事でもあることでしょ。

「この人の為なら頑張れる」

「あの上司の下では働けない」とか。

 

社長が交代した途端、

会社の業績がアップしたとか。

ありますよね。

 

「モチベーション」っていうんですか。

心の持ち方1つで、結果に大きな

差が出ることありますから。

 

 

ところで、

巨人は?

原監督は続投宣言しましたね。

その後、どうですか。

ハッキリ言って 「空回り」

現在3位、

どうも、上を行こうって「気」が

見えないんですよね。

「3位でもCSに出れるんだし」

まさか、そんなこと思っては

いないんでしょうけど・・・

 

続投宣言が「裏目」に出たのか。

 

3チーム三様じゃないですか。

勝ちだすチーム

負けだすチーム

行ったり来たりのチーム

 

飛び抜けた実力者がカリスマ性を

発揮して引っ張っていく時代じゃ

なくなったんでしょう。

個々の「モチベーション」重視なのかな?

えらいこっちゃ!

ホッとしたのも、つかの間。

今月も、えらい月になりそうです。

 

急に決まったんですが、

こりゃ、大事(おおごと)ですわ。

すんまへん、

調整しなくちゃならないことが

たくさんありまして、今の時点では

まだ発表できません。

もう少々お待ちください。

 

まあ、

それにしても次から次へ。

色々あるもんです。

だから面白いんだね、人生って。

 

 

昨日は、

次に着工するT様邸のレベル測量。

小平駅から徒歩5分の好立地。

 

レベルって高さのことなんですが、

『GL』を決めるための測量です。

地盤面の高さをどこに設定するか。

各ポイントの現状高さを測って、

1番適した位置を基準にするんです。

そこを『設計GL』といいます。

 

基本的には、

道路の高さより低くならないように

設定します。

雨水が敷地内に入ってこないよう。

 

高低差って意外とあるものなんです。

見た目では、そんなでもなくても

測ってみると20センチ、30センチの差って

よくあります。

 

来月の着工に向けて、

準備は着々と進んでます。

ここ、東京ですか?

7年前に引き渡したA様から。

「作業場をリフォームしたい」

との話をいただき、お邪魔してきました。

 

ご夫婦で『家造り発表会』に来られたのが

きっかけでした。

自然いっぱいの200坪の土地を紹介して、

そこに自宅と作業場を建てたんです。

 

いや〜

A様、楽しんでます。

200坪の土地がアドベンチャーワールド。

自然の緑を残して、

お金をかけず、全部手作り。

自然と共存というか、

A様本人が少年のまま。

 

「ここ、東京?」

って錯覚するくらい自然と調和してるんです。

 

 

「社長、ここに家を建てれてホント良かったです」

ご夫婦とも、そう言ってもらえると

こっちも「良かったな〜」の気持ちです。

 

まだ、保育園に行ってた息子さんは

来春から中学生とか。

でも、A様ご夫婦は全然変わってない。

当時のまま。

 

これもスゴイと思います。

いつもニコニコ、

人柄なんですね〜

自然とこっちもホンワカしちゃいます。

 

Aさん、こんだけ楽しけりゃ

ストレスなんか感じたことないでしょ。

 

「ストレス?

そんなの持っちゃダメですよ、ハハハ」

 

お見事!

これで4人目です

幼稚園の前ですが、よろしいですか?

 

DSCF5864.JPG

4人目の私が登場しました。

 

真向かいが幼稚園の土地なんです。

立地は最高。

たまたま、タイミングよく見つけました。

まだ、古屋が建ってて、とても売地には

見えない状況だったんですが、

『ご縁』があったんでしょうね。

少し遅ければ、建売住宅が建ってた土地。

 

「園児が泣いて困るんです」

どうか、苦情が来ませんように。

 

見た目と違って、

優しいオジちゃんですからね〜

若者募集します

昨日は、W様邸の立会い検査。

9月に発表会を開催したお宅です。

 

DSCF5861.JPG

手前味噌になりますが、

「いい家ができたー」

すいません。

でも、率直な感想ですから。

 

格好いい男たちの力の結集。

だから、いい家になるんです。

 

黙々と仕事する職人の姿。

格好いいんですよ。

寡黙で無愛想、

OKじゃないですか。

「男は黙って・・・・」の精神。

 

その職人たちのトップに

君臨するのが『大工』

力を持て余してる若者よ。

大工を目指してみないか。

 

未経験、大歓迎です。

現場から

10月初っ端は現場リポートから。

 

「はい、こちら現場から・・・」

 

DSCF4029.JPG

バルコニーの防水。

 

DSCF4043.JPG

透湿防水シート。

検査員の方が言ってました。

雨漏りの事故が増えてるそうなんです。

 

ここ最近は、

想定外の大雨が年に何度か降りますし、

この前は、台風直撃。

防水工事はしっかりと。

 

 

IMGP2004.JPG

1週間遅れの上棟でした。

やはり、台風の影響で。

 

府中市のK様邸は、

ロフトに蔵。

余すことなく空間を全部使ったお宅です。

大工泣かせの「こだわり満載住宅」

 

お客様のこだわり度。

年々、アップしてるのを実感します。

これって、スゴクいいこと。

じゃなくちゃ、いい家できませんから。