社長ブログ | TKプランニング

車イス対応住宅を造ってます

車イスで生活できる家。

介護できる家。

実際に機能するかどうか、

難しいんです。

 

手すり1つ取ってもそう。

どの位置、どの高さが最適なのか、

マニュアル通りが正解とは限りません。

 

浴室やトイレの広さと必要な設備。

どちらも介護する人が一緒に入れるかどうか

扉の向きや幅も重要です。

 

今、主流のユニットバスじゃムリでしょうね。

ドア・床・壁、など全て現場での手造りじゃないと。

 

 

今、基礎工事が進んでいるW様邸は

そんな『車イスでも生活できる家』なんです。

2世帯住宅でして、親世帯がそうなります。

今は元気で普通に生活されていますが、

将来どんなことにも対応できるようにしました。

 

 

DSCF3328.JPG

これは、浴室の鉄筋です。

通常より高く配筋されています。

ユニットバスじゃないので、腰高まで

コンクリートで施工し防水性を高めてます。

 

車イスでも自宅で生活できる家、

是非、是非、

参考にしていただきたいお宅です。

どんなことになっても、

我が家で生活したいですもんね。