社長ブログ | TKプランニング

大工泣かせの木材です

ウッドデッキに使う木材の種類。

外で雨ざらしになるわけですから、

腐りにくく耐久性のある樹種を

選ぶのがお薦めです。

 

表面だけでなく中まで防腐剤が

注入されたもの。

「木」そのものが強さを持ったもの。

 

2011061602.JPG

ウチがよく使うのは『ウリン』

腐りにくいのはもちろん。

メンテナンスフリーもいい点、

 

ですが!!

やっかいなのは施工性。

これが大変なんです。

何てったって硬い。

とにかく硬い。

木じゃない硬さなんです。

普通のビスは入って行かないし、

ムリに入れようとするとビスが折れる。

先穴を錐で明けてからじゃないと、

ビスが入って行かないほどの硬さ。

 

それと、重い。

すごく重い。

木じゃない重さなんです。

7センチ角の柱で長さ3mあると

相当重いんですよ。

 

いつも大工さんが悪戦苦闘しながら

施工してます。

 

「ウッドデッキ頼むよ〜」って

大工さんに声をかけると、

最初に帰ってくる言葉は、

「材料は何ですか?

まさかウリン???」

 

でもね、

お客様から見れば最高の木材。

メンテナンスフリーなんですから。

楽ですもんね。