社長ブログ | TKプランニング

火災警報器付いてますか?

住宅用火災警報器の設置が

義務付けられましたね。

もう、お済でしょうか。

 

新築住宅は、全て設置されて

いるでしょうけど、既存住宅は?

既存住宅も設置期限がもうスグです。

 

では、この火災警報器ですが、

どこに設置すればいいんでしょうか。

全国一律なのは、

「寝室」と「階段」です。

他に、市町村によって違いがありますが、

「台所」と「寝室以外の居室」に設置

しなくてはいけない地域もあります。

 

ちなみに東京都(島は除く)は、

寝室・階段・台所・寝室以外の居室

全てに設置しなくてはいけません。

 

私の田舎、青森県三沢市は、

寝室と階段だけでOKです。

 

種類も2つありまして、

「煙式」と「熱式」

原則は「煙式」を設置することになります。

 

設置するのは、天井か壁。

天井ですと、壁から60センチ離すこと。

壁は、天井から15センチ以上と50センチ以内。

 

 

これ、消防法なんです。

設置しなかった場合の罰則は?

罰則はありません。

何でかって、

目的は、火災から命を守るためだから。

火災警報器の設置率の上昇に伴い、

火災で死亡する人の数は減少してます。

 

新築住宅は問題ないですが、

既存住宅の方は火災警報器の設置、

お忘れなく。

1台の値段は数千円ですから。