社長ブログ | TKプランニング

中間検査

10年保証義務化に伴う現場検査。

基礎工事の配筋と、躯体工事の中間、

2回行います。

 

昨日は、青梅市W様邸の中間検査。

検査官は、民間の人です。

設計事務所を経営している一級建築士。

私も検査官になることができるんです。

財団法人からの委託で検査をしてるんです。

 

中間検査の主な項目は、

構造と防水。

防水に関する事故って多いそうなんです。

引渡し後の雨漏りとかです。

 

雨漏りって、屋根だけじゃないんです。

逆に屋根からの雨漏りは少ないかも。

じゃ、どこからかというと、

場所の特定って難しいんですが、

バルコニーだったり、サッシの周りだったり

換気口の穴だったりでして。

だから、防水工事はしっかりと管理しなくちゃ

いけないんですよ。

 

10年保証って全てを保証するわけじゃなく、

1年とか2年の短期保証の項目もあります。

基礎・地盤・構造・防水

これが10年保証の対象です。

それ以外は短いんですよ。

 

ですから、2回の検査では10年の対象となる

項目をチェックしてます。

ただ、

検査は、あくまでも検査。

日々の現場管理が大事です。

住む人だけじゃなく、造り手側の自分たちも

安心できる家造り、それが1番でしょ。