社長ブログ | TKプランニング

いつも正々堂々と

11年前に引渡したOBさんから

「外構のブロックが・・・・」ということで

お邪魔してきました。

 

026.JPG

ブロックの笠木部分が外れてまして、

補修することに。

 

その時、奥様からこんな話が。

外装の営業がよく来るそうなんです。

「外壁の塗装・・・」

「屋根の塗装・・・」って。

 

そうですね。

10年位経つと飛び込み営業が来ますね。

あれって断るのも大変ですよね。

相手は契約取ってナンボですから、

必死に食いついてきますので。

 

「知らない業者に頼むのは心配で・・・」

おっしゃる通りです。

家のことでの心配事や相談は、

建ててもらった会社に言うのが1番。

 

電話しても何にもしてくれない会社も

あるようですが。

そういう会社に頼んだ方も悪いかも。

 

依頼先を決める時に、数社から見積を

とって比較する人いるでしょ。

いいことだと思いますよ。

比較してみないと高い安いはわからないし。

 

でもね、

本当に比較できてるんでしょうか。

会社によっては仕様も違うだろうし、

条件が違ってたら正しい比較は

できないと思うんです。

 

だから、比較するモノを考えてみましょうよ。

見積じゃムリ。

じゃ、何で比較すればいいの?

ズバリ『社長』でしょ!

社長と、とことん話をしてみれば、

考え方や理念、ずーっと先まで

安心して頼める会社かどうか、

少しはわかるんじゃないでしょうか。

 

私もいろんなお客様と出会ってきました。

合い見積をとってる方ともたくさん会って

きましたが、残念なのは、

「何で、あの会社とウチを比べるの?」ってこと。

家造りに関して共感できる部分が全くない

方向性も正反対の会社とウチを比べてどうするの?

わかりません。

残念な思いです。

 

私は現場で『顔』を出してます。

絶対に隠れることはしません。

いつでも正々堂々と向き合います。

ですから、

現場のシートに、愛想のない顔ですが、

勇気を出して思いっきりニコニコした顔で

登場したんです。

チョッと違和感持った人もいるでしょうが。

 

社員に任せて社長は登場しない会社と

比べられるのがホント残念、というか

悔しい思いがします。

 

まだまだ私からの発信力が足りないことを

反省しつつ、更なる精進も必要なのだと

思っております。

頑張らせていただきます。

 

 

コメントする