社長ブログ | TKプランニング

固定か変動か

昨日は2世帯住宅を計画のお客様と打合せ。

ご夫婦とご主人のお母さん、3人で住む家。

 

間取りと見積もまとまり、住宅ローンの話へ。

みなさん、ここは真剣に聞き入ってきます。

今、お住まいの家は昭和57年に建てた家。

当時の住宅ローンの金利は6〜8%だった

そうなんです。

今の金利と比べると「高いよねー」

 

当時の常識は、

『住宅ローンは借りた金額の2倍支払う』

だったんですよ。

2,000万円借りたら、返済総額は4,000万円。

 

今はどうでしょう。

金利は1%台です。

安いでしょ、絶対お得です。

変動金利だと、1%を切ってる銀行もあります。

借りることだけ考えれば最高の条件です。

 

でも、「借金」には変わりないこと。

他のいろんな要素と絡んで、慎重に考える

ことは必要なことです。

 

目先の安い金利、変動を選択するか、

少し高くても、先々まで安心できる固定を選ぶか。

どっちが得か、なんです。

難しい選択ではありますが、

今はそうでもないと思います。

今なら「固定」でしょ。

私はそう思いますよ。

 

お母さん、

「へー、そんなに安いの!」

ビックリしてました。

 

 

コメントする