社長ブログ | TKプランニング

若い頃の特権でしょ、間違うって

永ちゃんの『RUN&RUN』

27年ぶりに見ました。

初めて見たのは19歳の時。

 

当時、永ちゃんは30チョッとですかね。

言いたい放題のイケイケですよ。

若い頃って、そんなもんでしょ。

19歳の私はバチッと、はまりました。

「男は敵を作ってナンボよ!」

この乗りですから、

今の年になって見ると、危なっかしいというか、

「おい、おい、そこまで言うかー」みたいな。

私もすっかりオジさんになったものです。

 

19歳の頃を思い出しました。

負けずにイケイケでしたね。

「絶対負けない、勝ち続けるぞー!」って。

何に負けずに、何に勝つのか。

何でもよかったんですよ、当時は。

いや〜懐かしい。

 

若い頃の我武者羅さが懐かしい。

先日、23歳の若者と会いました。

会うまでは、「どうせ今時のもやし野郎」

程度に思ってたんですが・・・・

 

なかなか骨のありそうな若者でして。

実際のところはわかりませんけど。

会って話して、自分の若い頃を思い出しました。

「俺が23歳の時、どんなだったかな?」

きっと、40代、50代のオジさんたちには、

「今時の・・・・」って同じこと思われてたのかな、とか。

間違ったことや笑われること、

いっぱいやればいいんです。

若者の特権でしょ。

『夢』はずーっと持ち続けてました。

「俺に出来るのかな〜」なんてことは

全く考えずに、我武者羅でしたね。

 

永ちゃんにも負けねーぞ!

そんくらいに思ってたかも・・・・

 

 

コメントする