社長ブログ | TKプランニング

現場監督は裏方さん

「社長、その方がいいよ」

 

昨日、完成間近の現場で作業してたら、

近所に住んでいるOBさんに会いまして、

そんな言葉を掛けられました。

 

「昔に戻って現場監督やってるんです」の

私の言葉に対して。

 

嬉しいと同時に、お客様が求めていることを

考えてみました。

 

「社長が現場監督やってる会社なんて大丈夫なの?」

「監督がいない会社って心配?」

そんな意見もあるでしょう。

けど、

会社のトップの社長が現場を見ることが

何より安心、って見方もあるのでは。

最終責任者ですからね。

 

私の考え、

「どうぞ、ご覧になってください!」

胸を張って堂々と引き渡せる家が

造れるなら、どちらでもいいと思います。

完成時の立会検査で、ハラハラドキドキ

しながら、ってんじゃどうしようもない。

「隅から隅まで、どーぞ!」って言える

家を渡さなくちゃいけません。

 

住宅業界で「現場監督」って呼ばれてる人たち。

胸を張って堂々と引き渡しができる人、

どれくらいいるんですかね。

10人に1人?

100人に1人?

もしかして、1,000人に1人?

悲しいけど、こんなレベルなんです。

 

現場監督の仕事って簡単なんだけど。

コツコツ、地道にやることがほとんど。

派手で目立つ作業なんてありません。

現場の裏方なんですから。

あとは「ハート」ですね。

ハートも大事な要素です。

 

もうしばらく、作業服で働きます!