社長ブログ | TKプランニング

階段が付いたー

階段が取り付けられると、

「いよいよ完成間近」って

気持ちになります。

2011030317.JPG

これ、側板といって、階段の踏み面を固定するもの。

彫り込んで白く見えてるところに踏み板を差し込みます。

今でこそ、階段もプレカットが普及してきましたが、

チョッと前までは、大工が現場で加工してたんですよ。

 

 

信じられない話なんですが、

階段を施工できない大工が

存在してるらしいんです。

「えっ、ホントかよー!」って

思うでしょ。

私も信じたくはないんですが、

どうやらホントらしい。

 

それと、「和室」

和室の造り方には2種類あって

『大壁』と『真壁』があります。

真壁をやったことのない大工がいるとか。

 

『大壁』っていうのは、柱を隠す

仕上げ方法で、洋室と同じく柱の上に

石膏ボードを張ってクロス等で仕上げる工法。

最近の和室は、この大壁仕上げが多いです。

 

『真壁』は、昔ながらの和室です。

柱を出して仕上げる工法。

この仕上げは大工の腕の見せ所です。

柱だけでなく、長押や鴨居、廻り縁、

心が落ち着く空間で、個人的には好きです。

 

ただ、最近は少なくなりました。

ウチでも、年に2回くらいかな。

真壁の和室を希望される方って。

「木」にこだわる方は減ったし、

こだわり方も違う方向へ行ってるし。

 

それと、

和室ってこだわりたければ、どこまでも

こだわれるんですよ。

お金はかかりますが。

柱1本で、何十万円。

天井板1枚で、何十万円とか。

 

今までで1回だけありました。

本格的な和の空間を造らせてもらったこと。

お金と時間かかりましたね〜

ウチで造った和室の最高傑作でしょうね。