社長ブログ | TKプランニング

家のメンテナンス

家のアスターメンテナンス、

長く住んでいれば必要なこと。

 

例えば、

外部廻りですが、

まずは、塗装工事。

屋根

外壁

破風板

軒裏

 

そして、防水工事

バルコニー

シーリング

 

どんな商品でも経年劣化するものです。

だから、アフターメンテナンスが必要。

 

新築後、10年前後経つと、

飛び込みの営業がやってきます。

「そろそろ屋根の塗装をした方が・・・」

「外壁のシーリングが劣化して雨漏りの・・・」

心配になる言葉のオンパレード。

 

確かに、10年はメンテナンス時期の

1つの目安です。

これは間違いないこと。

ただ、

ここでも依頼先を間違えないことが重要です。

新築する時と一緒です。

一緒じゃないですね。

まずは、新築した住宅会社に相談してください。

引渡し後、10年間変わらぬお付き合いを

続けてこれたことが条件ですが。

引渡した途端、いいお付き合いが途切れて

たんじゃ、頼むわけありませんからね。

 

新築を任された住宅会社には無期限で

責任があるわけですから、良心的な提案と

見積が出されるはずです。

 

私、個人的にはOBさんからメンテナンスの

相談を受けると、「申し訳ないなあ〜」って

気持ちになってしまうんです。

『メンテナンスフリー』だったら、どんなに

嬉しいことかわかりますんで・・・・

 

ただ、そんないい商品がそうそうあるものでもなく、

また、あったとしてもバカ高い商品だったりして。

新築する時に、高くても長持ちする商品を薦めるのが

親切なんでしょうけど・・・難しいところです。

 

足場工事で10万円チョッと。

シーリングの打ち替えで10〜20万円。

新築後、10年目のメンテナンス費用、

これくらいは頭に入れといてください。

コメントする