社長ブログ | TKプランニング

2世帯住宅が多かったー

今回の『家造り発表会』で感じたことは、

 

2世帯住宅 を、お考えの方が多かったこと。

子供との同居。

様々な理由、きっかけがありますが、

2世帯で暮らせるってのはいいこと。

 

ウチはどうなるんだろうな〜

娘2人なので、内心は「ホッ」ってとこ。

息子はダメですね。

自分を含めてですが。

親のそばからとっとと離れてしまって。

 

その点、娘はエライ!

親の近くに居てくれます。

言い方が極端でした。

居てくれる場合が多い、ですね。

 

同居もいいですが、スグ近くに

居てくれるだけでも親父としては

嬉しいもんです。

 

親の思い通りには行かないって

聞きますから、あまり期待せず。

 

 

今日も盛りだくさんです。

土地の引渡し、

フラット35Sの完了検査(今月3回目)

バタバタした1月も今日で終わり、

明日から2月。

 

2月は「スマートフォン」をゲット。

安く手に入るんですよ。

欲しい方、紹介しますよ。

 

スイッチが入りました

『家造り発表会』1日目を終えて。

 

暖かい・・・・・

ホント、ウチの家は暖かい。

外は寒い1日でしたが、

中はYシャツでOKな暖かさ。

 

温かい人がたくさん来てくださった

おかげもあります。

15組の方々、どうもありがとうございました。

 

DSCF4230.JPG

『家造り発表会』って、やっぱりウチの基本。

これをやって、

「新年を迎えたんだー!」って思いました。

2011年も幸先いいぞー!

熱い人に出会えましたし、

私、スイッチ入りました。

よーし、絶対にやってやるぞー!って。

難しい課題ではありますが、

だからこそ、「やるんだ!」

 

人それぞれ、いろんな思いや願いがあるんです。

改めて感じました。

その思いを叶えてあげたい。

人と人との真剣勝負です。

 

有難い、有難い。

感謝です。

 

 

DSCF4242.JPG

さあ、2日目。

暖かい八角形の家でお待ちしてます。

 

 

31日も検査でした

昨日で完了検査が2件終わり、

ホッとしてます。

 

いや、

もう1件、

31日にもう1件ありました。

最後まで気を抜かず、ビシッと

行かなくちゃですね。

 

それにしても、

怒涛の1ヶ月でした。

笑っちゃうくらいの1ヶ月。

 

こりゃ、幸先のいいスタートで、

最高の1年が送れる予感がします。

 

現場って苦労するのは当たり前なんです。

その苦労が報われるのが完成した時の

お客様の笑顔。

その笑顔が見たいために必死にやる。

 

お互いに笑顔で引渡しができなくちゃ

家を建てた意味もなくなっちゃうから。

家造りって、引渡しがスタートですから。

引渡した後も、気軽に顔を出しに行ける、

そんな関係を持ち続けられなくちゃと

いつも思ってます。

 

普通の住宅屋さんは引渡しまでが仕事。

そんな会社がほとんど。

バカじゃねーか!

お金をいただくまで、ニコニコ、ペコペコするのは

バカでもできること。

肝心なのは、その後。

 

あるお客様から聞きました。

商売をやってる人でして、

自分とこのお客様で家を建てた人に

感想を聞いたらしんですよ。

ほとんどの人が「不満」って答えるんですって。

そんで、「あきらめる」らしんです。

悲しい話ですが、現実です。

 

『家造り』

真剣勝負なんだよ!

壁のスリーブを1つ明けることだって、

真剣勝負なんだよ。

小さなことだけど、小さなことに

ガチンコで取り組まないと、いいモノは

造れません。

 

今日と明日、

「真剣勝負の家造り」を見に来てください。

待ってまーす!

 

いよいよ明日から

朝刊のチラシ、ご覧になりましたか。

 

2011年、最初のチラシです。

このブログにも載せたいのですが、

やり方がわからないので断念します。

 

家を持つということは、

そうそう簡単なことじゃないです。

「建てるぞ!」という決断はもちろんですが、

安心して頼める依頼先を見つけることも

結構、大変なことだと思います。

 

それと、

「家ってどうやって出来上がっていくの?」

ここも大事なポイントなんですよ。

そのために、実際に造られている現場を

見ることはすごく勉強になります。

 

完成した建物よりも、工事中の建物。

骨組みや断熱方法、

出来上がったら隠れてしまうところを

見ておくのは、その後の家造りに大きく

関わってきます。

見ないよりは見た方が絶対に得。

 

「見てもわからないからいいや」

これは、もったいない考え。

 

わかるか、わからないかは見てから

判断すればいいことです。

 

これから、初めて自分がやろうとすることで、

何も知らなければ、まずは見てみる。

「家造り」以外では、みなさん普通に

やってますよね。

 

価格の安い、小さな買い物でも普通にやるでしょ。

1ヶ所見ただけじゃ買わない。

他も見てみる。

その中で、自分が「これがいい」って決めたモノを買う。

 

同じでいいんです、家も。

 

まずは、見ましょう。

今回の『家造り発表会』は構造編です。

骨組みや断熱方法、

それと、窓。

今回は、窓もお見せします。

これが普通の窓じゃないんです。

 

「ペアガラスでしょ」

そう思った方、

もう一歩、ステップアップしましょ。

 

ペアガラスにも種類があること知ってますか?

ピンからキリ、みたいな。

1番ローコストなペアガラス。

実は、1枚のガラスと同じなんですよ。

性能は、ほぼ一緒。

見た目だけのペアガラス。

夏は暑く、冬は寒くて結露するペアガラス。

 

「ペアガラス」の正しい知識を知るだけでも

今後の家造りに大きな差が出ますよ。

全部、教えますから。

 

明日とあさって、

29日と30日

お待ちしてます!

 

おーい、金消はいつ?

金消契約。

「きんしょうけいやく」と読みます。

 

住宅ローンの借り入れをする前の

金融機関との契約のこと。

金消契約を交わさないと融資は

受けられないんです。

 

正式には、

金銭消費・・・・・・

長いんで、略して金消と言ってるんです。

金融機関の人も金消って言ってます。

 

住宅ローンの手続きは、私が代行して

進めるんですが、中には「自分でやります」って

人もいます。

 

でもね、

難しいと思いますよ。

聞きなれない単語がバンバン出ますし、

基本的に、金融機関の人は、

相手がわかってる人という前提で説明しますから。

聞いてても「チンプンカンプン???」

 

ですから、必ずといっていいほど

金融機関の人からウチに確認の連絡がきます。

「つなぎの実行日までに・・・・」とか、

「表示と一緒に地目変更の・・・・」とか、

わかんないですよね。

 

職場の融資の場合は、本人しか手続きを

できないので例外ですが。

 

 

今年も昨年に引き続き「フラット35」が人気です。

借りる側にはとってもいい商品だと思います。

ウチからみると、少々厳しい点があるんですが・・・

まあ、借り手のことを最優先で行かなくちゃと

考えてますので、耐え忍びましょう。

 

今月末から来月にかけて、

「フラット35」の金消契約が続きます。

 

「きんけし」じゃなく「きんしょう」ですよ。

 

 

 

 

今まで見たことない優れもの

韓国との試合。

感動しました。

鳥肌と涙腺がガンガン刺激され、

最高でした。

 

と言っても、リアルタイムじゃ見てません。

遅い時間の試合だったんで、寝てました。

今朝のテレビニュースで知ったんです。

ニュースの結果でこれだけ感動するんですから、

生で観てたら大変でしたよ。

 

何なんでしょうねー

韓国との試合は、特に力が入るというか、

やっぱ、近くのライバルには負けたくない、

って気持ちが強いんだと思います。

 

それにしても、涙腺がユルユルになってしまって、

これじゃ、この先思いやられます。

何が?って。

 

そりゃ、

娘の結婚式でしょ。

花嫁の父としては、

式の最後の「娘からの手紙」

あれはダメです。

 

招待された結婚式、

それも花婿側で出席ですから、

花嫁のことは何にも知らないわけ。

それでも、その「娘からの手紙」に

感動して涙しちゃうんですから。

 

実の娘だったら、大変なことになるでしょ。

結婚式ぶち壊しかも。

最近、声まで出るようになっちゃって、

情けない話です。

 

ジジ臭い話はここまでで、

DSCF4061.JPG

明日、N様邸の上棟です。

えっ、先週もN様邸でしたっけ。

頭文字で言ってるから、同じになるのか・・・

 

こちらのお宅は、

『家造り発表会』の完成編を予定してます。

こちらでは、新商品が登場するんです。

今まで絶対に見たことのないモノです。

こんな優れたモノを公開しないわけにはいきません。

N様の了解もいただきました。

5月のGW明けにはできると思います。

 

その前に、

今週末ですよ、みなさん!

「八角形の家」

見に来てよー!

今週末ですよー

DSCF4079.JPG

頭から「ドカーン」と恐縮でーす!

 

ここですよ、

今週末の『家造り発表会』の現場は。

 

DSCF4084.JPG

 

見どころの「八角形」は、私の顔の裏に

隠してあります。

吹き抜けになってる八角形は爽快です。

現場の大工は大変ですが、

大変だからこそ、完成した時の

感動も倍増するってもんです。

 

29日(土)と30日(日)

10:00から始まります。

 

TKファミリーのみなさん、

遊びに来てください!

 

親の背中

インフルエンザが流行ってますが、

ウチにも1人、ダウンしたのがいます。

インフルエンザかどうかは?ですが、

本人曰く、

「くしゃみが出るからインフルじゃないと思う」

先週、二十歳になった千鶴です。

 

 

親の責任は二十歳まで。

そんな風に考えてたんですが、

どうやら間違いだったようで、

あと2年は延長ですかね。

大学を卒業するまでは。

 

自分が若い頃は、家を出たくて

家を出たくて仕方なかったものですが、

今の若者はそうでもないらしいですね。

18歳で上京したんですが、ワクワクでしたよ。

「念願の東京だあー!」

「やっと、家を出られるー!」って。

 

まあ、当時の家庭状況もわからず、

わがまま通らせてもらいました。

そう思うと、地方の親って大変ですね。

子供が東京の学校へ行くとなったら、

学費に生活費。

ホント大変だと思います。

 

自分が親になって、子供がそんな年になって

ようやく、親のありがたみに気付く。

親の背中は見てたんですが・・・・

 

とにかく、よく働く親父とおふくろでした。

そこんとこのDNAは、しっかりと引き継いだんじゃ

ないかな、と感謝してます。

 

千鶴も、この親父の背中は見てくれてると

思いますので、

2年先も就職難は続いてるでしょうが、

なんとかやってくれるものと期待してる親父です。

 

例年にない1月です

いよいよ1週間後に迫った

今年最初の『家造り発表会』

 

ギリギリ何とかチラシも間に合って

社内は輪転機がフル稼働です。

社員もみんな大忙し。

 

んー

今年の1月は違うなー

いつもと違う。

ウチだけじゃなく他もそんな気がします。

例年ですと、1月は「慣らし運転」みたいな

とこがありまして、

「あれ、もう1月終わり?」みたいな。

 

長い正月休みの休みボケを徐々に

修正して、2月からの本番に備える。

そんな月だったと思いますよ。

 

先日、2棟目の上棟がありましたが、

実は、来週も上棟なんです。

1月に3棟。

これは、創業以来初めてのこと。

昨年12月の予定がずれ込んだお宅も

あるんで、3棟になったんですが。

 

今年のTK、

1月から飛ばしてます!

 

おっと、

誤解のないよう一言だけ。

施工棟数、増やしませんから。

1年間に18棟まで。

それ以上は建てませんし、できません。

『本物のいい家』しか建てませんから。

ヒノキのいい香り

昨日の大安吉日、

N様邸が上棟しました。

今年、2棟目です。

DSCF4055.JPG

そして、恒例の『顔シート』が登場です。

 

この土地は、開発許可の分譲地でして、

全部で10区画くらいあるんですが、

おかげさまで、ウチは3棟目のお宅になります。

他に、アイフルホームさん、タマホームさん、

不動産屋さんの建築条件で建てた家が

ありますが。

 

ということで、

3回目の『顔シート』

近所の方々へ。

足かけ1年以上にわたり、

こんな顔が登場し続けまして

恐縮です。

 

 

N様邸は、ご要望により

柱を「ヒノキの集成材」としました。

ヒノキの香りっていいですね〜

ヒノキ風呂に入ったことある方、

わかるでしょ。

あの癒される香り。

 

ヒノキとヒバ、

家造りには最高の木なんですよ。

やっぱり世の中は狭い

昨日は、キリスト教の牧師さんと話す

機会がありまして。

いや〜、ビックリしたことが。

牧師さんって日本中つながってたんですね。

東京の牧師さんと青森の牧師さん。

 

私が行ってた近所の保育園はキリスト教だったんです。

両親がキリスト教だった訳じゃないんですが、

近所の子供はみんな、その保育園に通ってたんです。

 

そこの保育園の息子が私の同級生でして、

今は牧師になったと聞いてました。

父親は今もその保育園の牧師。

同級生の兄は神奈川の教会の牧師に

なってました。

 

私が話した牧師さんは、私の田舎の牧師さんと

会ったことがある、というか毎年1回集まりがあって

会ってるそうなんです。

いや、いや、

世の中ってやっぱり狭い。

 

「今度、お会いしたら話してください。

三沢の床屋の息子さんと会ったよ」って。

お願いしました。

 

キリストの教えをチョッとだけ聞きました。

「人を赦すこと」

単純ですけどスゴク深い言葉です。

 

今はブログも普通に誰でもやってること。

好きなこと言っていいわけですが、

中には可哀想な人のブログもあります。

自慢話、グチグチ愚痴、他人の批判、等々

そんな話に「拍手」を送ってる読者。

「拍手」をもらって有頂天になってるブロガー。

可哀想な人同士のつながり・・・・

 

「人を赦す」ってことは、

「自分を赦してもらう」って

ことにつながるらしいんです。

 

有意義な1日を過ごせました。

 

 

 

大阪に家を建てました

朝6時、

足立区へ行ってきます。

東京都を横断してきます。

 

何の用か?って。

もちろん、お客様との打合せ。

建てる場所は青梅近辺なんですが、

今住んでいるところが足立区。

 

現場は近いのが1番。

ウチもそうですが、お客様にとっても

その方がいいです。

近いか遠いか、その分かれ目は?

そうですね〜

打合せに出向く時の心境、ですかね。

軽い気持ちで迎えるなら近いってことで、

何となくおっくうな気持ちになるのは遠い、ってことかな。

 

ウチが今までで1番遠かった現場は、

「大阪」です。

もう10年近くなりますかね。

これには、深ーい訳がありましてねー、

聞いて聞かぬふりはできなったんです。

聞いた以上は、何とかしてやらなくちゃ。

 

嬉しいことに、

今でも大阪のお客様から年賀状を頂いてます。

大阪市役所へ確認申請を出しに行き、

2トンダンプで日帰りした時もあったな〜

今じゃ懐かしい、いい思い出です。

 

じゃ、そろそろ時間ですので

行ってきます。

 

35Sの20年タイプの家です

今日は水曜日なので定休日です。

 

が、

現場は動いてます。

DSCF3985.JPG

今日から土台入れが始まるN様邸。

このお宅はフラット35Sの『20年金利引き下げ』

が適用となる住宅の仕様で建てられます。

 

ご存知でしょうが、

フラット35Sには、金利引き下げが2パターンあって、

10年間1.0%引き下げ、11年目からは通常金利。

10年間1.0%引き下げ、11〜20年目0.3%引き下げ。

 

金利が安いって魅力でしょ。

返すお金が少なくて済むわけだから。

昨年のフラット35利用者は前年比で3倍だったそうです。

銀行の住宅ローンじゃありえない金利ですからね。

10年間固定で1%台の金利なんて。

 

ウチの建物ですが、

毎度毎度、しつこく言ってるだけあって

フラット35Sの仕様は、当社の標準仕様。

だから、追加工事費なしで、35Sを利用できます。

10年タイプはもちろんのこと、

20年タイプも。

ただし、20年の場合、申請手続き費用が

少しばかりかかってしまいますが。

 

ですから、ウチも例外なくフラット35を利用される

方が増えました。

半分以上はそうじゃないでしょうか。

借りる側にとってお得なのは間違いないので

私も勧めてるわけでして。

前に紹介した、『断熱材が無くなった』ってのも

フラット35Sの影響があるんでしょうね。

性能の優れた住宅を建てなくちゃ使えない

んですから。

 

 

そうそう、

この前話した、

「こりゃ、スゲー!」って言ってたモノが

採用されることになりました。

今まで絶対に見たことのない優れモノ。

施工されたら紹介します。

お楽しみに。

 

丸くなったのは・・・・

「今年のブログ熱いですねー」

 

そんなコメントをいただきました。

新年を迎え、無意識のうちに熱く

なっちゃってたみたいです。

お見苦しい点がありましたら、

こんな男なもので、ご勘弁ください。

 

年と共に人は丸くなると言いますが、

私も決して例外じゃありません。

若い頃は、どっから見ても角だらけ

だったんですが(先輩方からよく言われました)

今は、丸くなりましたね。

心も体も。

 

特に顔と体は「まん丸」

親戚からは、

「あれー、また顔が大きくなったね」

娘からは、

「お父さん、そのお腹どうしちゃったの」

カミさんからは、

「歩かなきゃダメだよ」

 

でも、自分の中では

「45歳にもなれば、肉も付くもんだ」

なんて、開き直ってるとこもあり・・・・

 

 

あれれれ、

人間として丸くなったのは「顔と体」だけ

なのかもしれませんね。

 

熱い話が今年もたくさん出ると思いますが、

お許しくださーい。

 

そうそう、

今週も上棟があります。

21日の大安吉日。

上棟前の準備、段取り?

バッチリです。

 

 

明日まででした!

1月もあっという間に半分が過ぎ、

バタバタした毎日を送ってます。

 

寒さも本番に入り、インフルエンザも

流行りだしたようで体調管理も大変ですね。

 

週末はいつものように、お客様との打合せが

ありまして、早速現場に反映させるための段取り。

よっしゃ、よっしゃ。

いつもの月曜日なんですが、

チョッと違うかな〜?

 

うーん・・・・・

何かが、

何か忘れてる?

 

 

 

あっ、思い出した!

『家造り発表会』のチラシつくり。

明日が期限だったーーーー

 

すいません、

今日はこの辺で、チラシつくりへ

行かせていただきます。

私の流儀です

現場はやっぱり図面が命。

図面って大事です。

 

「木造の図面はあまり詳しく書いちゃダメ」

なんてアホなこと言う無能な設計士がいる

らしいけど。

要は知らないから書けないだけ。

 

職人って賢いですし、プライド持って

仕事をしてます。

図面に書かれていることを達成しようと

熟慮して技術を発揮してくれるんです。

一部には例外な職人もいますが。

 

いい腕持ってる職人って無口が多いね。

逆におしゃべりな職人の腕は『?』かな。

職人に限らずですかね、

口の達者なヤツは『?』でしょ。

特に今の社会、自分のことは棚い置いて

他人の批判ばかりして威張ってるアホたち。

 

自分の腕、体で人に感動を与えられるって

誰でもできることじゃないです。

でも、ウチには大勢います。

そんな仲間に囲まれていることを

実感した時、気合い注入されます。

「よっしゃ、いいモノ造るぞー!」ってね。

 

図面の精度にこだわり、お客様が望んでいる

形を実現するために、可能な限り詳細まで書き込む。

「ここまでやってもらえますか」

「ここんとこビシッと決めてくださいよ」

職人との真っ向勝負みたいな感じで。

 

腕と腕だけの勝負。

口なんか要らない。

言葉遊びもいらない。

「腕」だけなんだよ!

 

私が現場監督として、肝に銘じてることは

「信頼しても、信用するな」 です。

いい仕事をしてもらうためには、

相手を信頼しなくちゃいけません。

けど、信用しちゃダメ。

自分の目で確かめることは必要なこと。

信頼した相手の仕事を見ることは礼儀でもあるし。

私の流儀です。

提案してみよー

これわかります?

DSCF1576.JPG

鉄筋の下に置いてある白い紙。

鎮物(しずめもの)といいます。

 

その名の通り、土の下に入れます。

家の中心で、床下のコンクリートを打つ前に。

土地の神様に工事の安全を祈り、

着工の報告をするんです。

地鎮祭の時、神主さんから渡されるんですよ。

 

そして、コンクリート打設。

DSCF1580.JPG

予定通り、順調です。

 

このお宅で、また新しいモノを

提案したくなりました。

私の悪い癖なんです。

「これはいい!」って話を聞くと、

使いたくなりまして・・・・

そんな、いい話が入ってきたんです。

 

「使いたいなー」って思うのは、

チョッといいだけのモノじゃダメ。

「こりゃスゲー!」ってモノだけです。

 

近々、提案してみようと思ってます。

他では絶対に見たことのないモノです。

採用になったらココで報告します。

 

始まったー!って感じ

始まったー、って感じの1日でした。

 

まずは着工から。

2011011302.JPG

遣り方(やりかた)といって、建物の位置と

基礎の高さを出します。

周りを板で囲まれてますが、この板は

水平になってるんです。

この板の上から15センチ下がったところが

基礎の高さ、ってわけ。

 

白線は建物の壁の位置を出してます。

ここを目印に掘削するんです。

2011011304.JPG

基礎工事で肝心なのは「遣り方」

これがいい加減だとOUT!

現場監督の大事な仕事の1つです。

 

 

次は上棟。

月末に「家造り発表会」を開催するお宅です。

2011011313.JPG

手前の形が特徴的です。

八角形?

六角形?

ここんとこは吹抜けになります。

 

真っ青な空に材木って似合うと思いませんか。

キレイに写ってるでしょ。

チラチラ見える赤いのは?

 

そう、

『TKパネル』

いいねえ〜

 

2011011314.JPG

ちょうどパネルを入れてるとこです。

工場で精密に作られたパネル。

隙間なくピシッと入ってます。

 

よしよし、

今年もこの調子で行きたいねー

 

今日は、

コンクリート打設。

2011011204.JPG

配筋工事もキレイに完了し、

まずは、耐圧(ベース)コンクリートです。

厚さ15センチのコンクリートが床全面に

打ち込まれます。

 

コンクリートには「温度補正」ってのがありまして。

今みたいに寒い時にはコンクリートの強度を

高くして打設するんです。

だから、寒い時期の基礎工事も心配ご無用。

2月は温度補正が最高値になります。

 

現場って面白そうでしょ。

お天気でよかった〜

ホッとしました。

一時は雪マークが出ちゃって、

 

今日の天気のこと。

今年1年の天気との相性を占う日だって、

勝手に思ってたんです。

ご存知の通り、

私、雨や雪にとことん惚れられてまして、

何か事を起こす時は、決まって雨か雪。

確率から行けば、雨か雪なんてかなり

低いはずなんですが、私の場合は逆みたい。

 

今日は今年最初の上棟日。

初っ端から雨か雪じゃ、この先心配で・・・

 

 

よかったです。

寒い日になりそうですが、そんなの当たり前のこと。

冬なんだから寒くなきゃ。

ウチの田舎に比べたら寒いうちに入んない。

1日中、氷点下は当たり前ですから。

だから、私は寒さに強いんです。

って思われるんですが、これも逆。

 

寒いのは大の苦手でして。

大の寒がり。

東京人は寒いの好きですよねー

家の中でも寒さに耐えてるとこ

あるじゃないですか。

私、そう思います。

家に中でも厚着してて。

 

 

だからなんでしょうね。

暖かい家を造りたくなったのは。

真冬でも暖かい家。

厚着しなくてもいい家。

 

今日、そんな暖かい家が

1軒建ちます。

 

社内会議スタートしました

昨日から始まりました。

家造り発表会の社内会議。

本番まで4回ほど開いてるみたいです。

 

みたいです。って他人事みたい?

いえいえ、決してそんなことはありません。

私が1番輝く時なんですから、人ごとになんか

できるわけないでしょ。

 

社内会議は、社員だけで行ってるんです。

「今回のテーマは・・・」から、

「どうやって楽しんでもらおうか」など。

みんなで意見を出し合って、みんなで決める。

そこがミソ。

 

私が会議に入っちゃうと、

「これで行くぞー!」

って、決めてしまうんで、

それじゃ、TKプランニングのじゃなく、

木村智行の発表会になりかねないんで。

 

ウチの見学会は、言葉の通り、

「発表会」

家はもちろん、人もなんです。

現地でお出迎えする人は全員。

保育園、幼稚園のお遊戯発表会と同じ。

 

私が夕方、会社に戻り机を見ると、

「社長、チラシは18日までに作成してください」のメモが。

あと1週間、キツイな〜。

了解しました。

 

タイガーマスク、次はどこに

タイガーマスクからの贈り物が

日本各地に届いてる、ってニュースは

心が和みます。

 

いいじゃないですか。

暖かい話で。

 

私、タイガーマスクをリアルタイムで

見てた世代です。

あとは、巨人の星ですか。

巨人の星、再放送やってますね。

あの一球投げるまでの長さときたら、

ホント長い。

30分で1球も投げない時もあったりで。

投げないんだよねー、なかなか。

今の時代じゃ、クレームになってるかも。

 

 

正月休みの後の3連休も終わり、

いよいよ今日からが本番って感じかな。

ウチは怒涛の3連休でしたけど・・・

 

今週は今年最初の上棟も控えてますし、

新町のI様邸です。

担当は三浦棟梁。

昨日から現場に入りましたよ。

 

今年最初の着工も同じ日に。

国分寺のF様邸。

国分寺、昨年のK様邸に続いて、

今年もしばらく通わせてもらいます。

小さなことからコツコツと

今日は成人の日。

我が家にも1人、成人式を迎える娘がいます。

ここ数年は、あまり顔を会わすこともなくなり、

親父としては少々・・・・・

 

もう成人式かあ〜

早いなあ、というのが率直な感想です。

なんか、ついこの前までは・・・・・

って、思い浮かびますよ。

小さい頃のことが。

健康にここまで成長してくれたことが

何よりの親孝行ですかね。

 

話は変わり、

今日で3日目の仕事ですが、

今年は例年以上にハードですわ。

でも、「必要とされていること」だからなんで、

こういうのって、幸せなことです。

1つ、1つの小さなことを丁寧に丁寧に。

簡単に流しちゃうと結果はいい方に出ません。

 

何でもそうですもんね。

全ては小さなことから始まるわけですから。

その小さなことを軽く考えたり、

雑に扱ったりしてたら、お先真っ暗。

 

『家造り』においても実感してます。

でっかいことやってるようですが、

実は、すごーく地道な仕事なんですよ。

 

コツコツ

基本ですね。

 

 

駅伝と似てるかも・・・

いや〜

ウチの社員、頑張ってます。

当たり前?

いやいや、正月休み返上で出勤してたんです。

 

私からの強制労働?

何を言ってるんですか。

自主的にですよ。

 

こういうの、大人の会社って言うんでしょうか。

『自主性』

これっていいことだと思います。

誰かに言われてやるんじゃなく、

自ら考えて行動する。

 

家造りもチームプレーなんです。

個々の力をつなぎ合わせての総合力。

総合力がないといい家は造れません。

個人1人が絶対的な力を持ってても

いい家なんてできっこないんです。

 

「いい家」って何?

見た目?

使い勝手?

性能?

どれも必要なことですが、

それだけじゃホントのいい家じゃない。

私はそう考えてます。

 

このコラムで何度も書いてますが、

『人』なんです。

その『人』ですが、家造りは1人じゃできません。

駅伝と同じタスキをつなげるチームプレーなんです。

同じ思い、気持ちを持った人から人へのリレー。

駅伝と似てると思います。

 

駅伝で、1人だけいい記録出して勝てますか。

ムリですよね。

全員が次の人へ必死に頑張ってタスキを渡す。

受け取った人も次の人へと必死に頑張る。

区間賞を取らなくたって優勝しちゃうのが駅伝。

 

自主的に出勤して自分の担当分野を完了させ、

次の担当者へ引き継ぐこと。

その繰り返しがいい家の完成の秘訣。

そこに絶対に必要なのは、同じ思いです。

同じ方向を向いて仕事をすることです。

 

チラシやホームページでは、

何でも書けますが、実践できてるかどうか、

問題はそこです。

本物かどうかを見抜くには、直接見ることしか

ありません。取り組む姿勢をね。

 

そのためのイベントが現場見学会。

ウチでは『家造り発表会』と呼んでます。

2011年、最初の家造り発表会は、

今月の29日(土)と30日(日)

に開催します。

 

楽しみです、私自身。

ワクワクしてます、私自身。

 

今年もパワフルに活動しますので、

是非、是非、足を運んでください。

 

寒さも吹っ飛ばす『熱い男』が待ってまーす!

 

 

今年の作戦は・・・・

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年中は「お気に入り」に入れていただき、

1年間のご愛読、本当にありがとうございました。

 

どうぞ、2011年もよろしくお願いいたします。

 

昨年28日が最後でしたから、ずいぶんご無沙汰しました。

おかげさまで正月休みをのんびりと、

とは、なかなか行かずの10日間でしたが、

みなさんは、いかがでしたか。

 

さあ、2011年はどんな年にしましょうか。

1年の計は元旦、と言うでしょ。

元旦って何か考えなくちゃダメなんですかね。

1年の作戦をね。

作戦って大事なことだと思うんです。

子供の頃の遊びにも必ず作戦会議ありましたし。

 

さて、2011年の作戦について。

それは、

うん・・・・・?

まずいか、話しちゃうのは。

作戦って話したら作戦じゃないですよね。

 

ほんじゃ、キーワードだけ。

 

『70点』

 

今年の作戦です。

 

これだけじゃ、訳分かんないでしょ。

そのうち、しゃべっちゃうと思いますので、

しばらくは勝手な想像しといてください。

 

 

では、初日ということで

今日はこのへんで失礼させていただきます。

 

今年も1年間、お付き合い

よろしくお願いしまーす!!!