社長ブログ | TKプランニング

今年最後となりました

いよいよ、今年最後の日となりました。

 

今年も1年間、ご愛読いただきまして

どうもありがとうございました。

 

何度も言ってますが、

ホント、1年って早いですね。

私のブログも丸4年。

来年は5年目を迎えます。

 

「社長、よく毎日書けますね」って

よく言われますが、

やめられない状況になっちゃった、

っていうんですかね。

毎日、読んでくれる人がいるわけで、

こんなつまらない話題でも、楽しみに

してくれている人がいるわけでして。

『応援してくれる人がいる限り、あきらめてはいけない』

そんな気持ちです。

 

今年を振り返ってみると、

暑い年でしたね。

今年の夏が、来年以降スタンダードに

なるのかもしれませんが、ホント暑かった。

ウチの会社、恥ずかしながら「屋根断熱」を

してないんで、真夏の2階は蒸し風呂状態。

エアコンをガンガンつけても汗だく・・・・・

 

その上、私「熱い男」でしょ。

社員からは、

「社長が来ると暑い!」って言われる始末。

確かに暑い日に「熱い男」は勘弁かな。

 

今年、メガネもつくり年を感じてはいますが、

「熱い男」はもっと進化しますよ!

何なんでしょうね?

この熱さは。

答えは「怒り」

「怒り」が原点なんです、私の熱さは。

この住宅業界に対してです。

「なめんなよ、この野郎!」って、

常に臨戦態勢とってるみたいな。

 

すいません、

また下品な言葉を使っちゃって。

私自身、上品に育ってないもので。

 

『家造り』ってスゴク奥が深くて

難しいものだと思ってます。

それを簡単に、

「こなしてる」

「流してる」

そこが1番腹が立つんです。

社員にそういう言動が見られた時は、

ドカーンとカミナリが鳴り響きます。

許せないんですね、軽くこなされること。

 

どんな些細なことでも

「?」の意識を持って考えることが大事。

流しちゃダメなんです。

住宅業界の人たち、

家造りを簡単に考えてる人が多すぎます。

家という箱を造ってるんじゃなく、

住む人の夢を造ってるんですから、

簡単じゃないんです。

造り手側のモラルに委ねられている

部分が多いってことを消費者は段々と

気付いてきたんです。

 

大手なら間違ったことはしない。

小さな会社は何となく信用できない。

だから、高くても大手ハウスメーカーへ。

 

これって、幸せなことでしょうか。

本当に幸せなのは、スグ近くの

会社に家造りを任せられること

じゃないんでしょうか。

昔はそうだったはず。

近所の棟梁に建ててもらう。

何かあったらすぐ飛んで来てくれる。

 

造り手には、

「真剣さ」と「覚悟」があったんです。

気の利いたしゃべりはできなくても、

気配りと気遣いのある家造りをしてきた。

 

私の家造りの原点はそこなんです。

その原点が理念となり、夢を追いかける。

変わってませんね、16年前から。

 

正直、真剣勝負の家造りは儲かりません。

家造りを知れば知るほどわかってきました。

でもね、

楽しさというか、嬉しさというか、

スゴク魅力あるんです。

家造りって。

死ぬまでやめられないでしょうね。

 

 

あーーーーー、

最終日はお礼の挨拶だけと思ってたのに

長々と熱くしつこくなっちゃいました。

すいません。

 

みなさん、

本当にありがとうございました。

2010年のブログは今日で最後となりますが、

来年も続きますので、お付き合い頼みまーす。

1月8日からスタートします。

ヨロシク!

 

来年の私のモットーは、

『さりげなく』です。

 

1年間、お世話になりました。

 

よいお年を!

コメント(1)

1年間ご苦労様でした。
社長に出会えたこと嬉しくおもっています。

素敵な家が完成するのを楽しみにしてます♪
わがまま言いたい放題で大変だと思いますが、来年も子供ともども宜しくお願いいたします。

社長とスタッフさんのブログ毎日読ませてもらってます。
来年も色々な話を聞かせてください!

発表会喜んで引き受けます!!
そのときは声かけてくださいね。

コメントする