社長ブログ | TKプランニング

みんなで頑張ってくれました

「終わり」って、何でもそうですが、

寂しいものです。

 

昨日、あるものが終わってしまって、

OBさんのブログです。

いつも楽しく読ませていただいていた

ブログでした。

 

家が完成した時に

「これでブログは終わりにしますね」って

言われたんですが、

そんなこと言わずに続けてくださいよ、と

話をして、そのおかげって訳じゃないんでしょうけど

続いてたんですよ。

 

私もカミさんも、いつの間にか1日の日課に

なってまして、そのブログを覗くのが。

私は1年半にわたり、家造りを通して、

ご家族みなさんとワイワイやってきましたんで、

ブログに書かれていることが、いい具合に

イメージできてたんで余計に面白かったな。

 

でも、最後のブログは面白いんじゃなく

感動でした。

そして感謝でした。

 

私だけでなく、スタッフみんなで

「いい家が造れたんだな〜」って。

スタッフが褒められるって

私にとって最高のご褒美です。

 

各自が担当分野をもって仕事を

するんですが、名ばかりの担当じゃ、

何かあれば、何でも「社長へ」でしょ。

 

「あの人に言ってもしょうがないから

直接、社長に言った方がいいよ」

これじゃ、担当じゃなく、ただの御用聞き。

大工、監督、設計、窓口、

みんな、お客様に喜んでもらえる

権利があるんです。

そういう意味じゃ、

みんないい仕事してくれました。

 

特に、大工の三浦。

いい仕事しました。

ベタ褒めでした。

「気配りと気遣い」のある仕事が

きちんと伝わってたんですね。

「家のどこにいても温もりを感じる」って、

「造る人の気持ちが家に伝わるんだな」って、

 

やっぱり、大工って羨ましいよな〜

おいしいとこ、独り占めできちゃうんだから。

最高の職業だと思いますよ。

 

それなのに、

若いのがいないんですよね。

大工の世界も日本と同じ、

いや、それ以上に「少子高齢化」です。

この先、どうなることやら・・・・

 

2010050713.JPG

Mさ〜ん

また、再開するのを楽しみにしてます。