社長ブログ | TKプランニング

CADマンのつぶやき

昨日は社内で設計業務。

CADを使っての設計は

今じゃ当たり前。

 

チョッとずつではありますが、

十数年前の記憶が蘇ってきてます。

スゴイですよー

CADって。

何でもできちゃうんですから。

寸法なんか、0.00001ミリまで、

追求しようとすればどこまでも。

 

それと、3次元ってのも便利。

平面の入力で立面や断面が

あっという間にできちゃうんです。

 

手直しも楽ですね〜

図面の変更とか。

よく、お客様に言われるんです。

「すいません。何度も何度も変更して・・・」

そんなことないんですよ。

変更なんか朝飯前。

 

正直、昔の手書きの時代だったら

「あー、せっかく書いたのにー・・・・」って

思ったかもしれませんが、

今はCADですから。

 

詳細図とか納まり図も、とことんこだわれます。

設計士の血が騒ぐ、というか、

この図面では、そこまで表現されないのに、

細かいところまで書き込みたくなるんです。

面白い。

久しぶりだから楽しい。

 

やっぱ、俺って『設計屋』だったんだ。

好きなんですね。

図面が。

 

CADの画面上には数種類の線の色が

使われるんですが、これにも重要な意味があり、

ただ単に、見やすくじゃないんです。

線の色によって、印刷した時の線の太さを

変えられるんです。

それによって、遠近感を出すわけです。

だから、線の色も考えて使い分けるんです。

 

今は、CADの性能の10%位しか活用

してないと思います。

いや、それ以下かも。

使いながらも、

「おー、スゲー!」の連続。

 

設計も『家造り』の大事なポジション。

ここでお客様と、とことんやりあうのが

いい家造りへの第一歩です。

要望やイメージを聞き取り、図面化する。

楽しませてもらってます。

 

今日は、CADマンの独り言でした。

 

 

 

コメントする