社長ブログ | TKプランニング

平成23年の優遇制度は・・・

今年は、今までにないくらい国が頑張りました。

さまざまな優遇制度を設けて、住宅取得支援を

しましたが、来年はどうなるのでしょうか?

 

平成23年

基本的には変わらず、拡大される見込みです。

(よかった、よかった)

 

1.住宅エコポイント・・・ポイント対象工事が増える

 

2.フラット35S・・・10年間金利引き下げは12月30日まで延長

 

3.木のいえ整備促進事業・・・今年と同じ内容で継続

 

4.既存住宅流通活性化事業・・・予算を増やし、もっと使いやすく

 

5.耐震建替・改修の直接補助化・・・補助のない地域には国が直接補助

 

などなど、

他にもありますが、

来年の年末までに入居ができれば、

いろんな優遇制度を受けることができるんです。

 

「家は再来年までに」

と、お考えの方がいらしたら

1年早めることも検討してみてください。

優遇制度を利用するってことは、

その分、値引きしてもらったと同じこと。

いつでも誰でも受けられるものじゃないでしょ。

特別な事情があって来年はムリでしたら

仕方ありませんけど。

 

国ってのは、取る時は徹底告知しますけど、

優遇制度は積極的には教えませんからね。

 

今年から来年は、お薦めの年ですよ。

 

コメントする