社長ブログ | TKプランニング

「S」と「A」と「B」があります

さあ、今日は今年最後の地鎮祭。

天気もいいようだし、毎度の雨は

心配なし。

 

2010081504.JPG

南道路の明るい土地です。

着工は年明けの予定。

防音室のある家です。

防音には、

S(スペシャル)

A(アドバンス)

B(ベーシック)

のランクがありまして、

使う用途に応じて、

ランクを選びます。

「S」と「A」は、オーディオルームや楽器練習室。

「B」は、書斎、子供部屋、寝室など。

 

 

今回は「S防音」

ウチで施工するのは3回目かな。

楽器練習室です。

 

ピアノの音は、90〜100dB

音が気にならず、快適に生活できるのは、

40〜50dB程度と言われます。

ドライヤーは、70dB

掃除機は、80dB

 

「S防音」は、約50dBの遮音性能が

見込まれるんです。

ですから、夜ピアノを弾いても

「うるさい!」って気になることは

ありません。

 

ただし、誤解のないように。

あくまでも、防音です。

音を防ぐということ。

消音と勘違いのないように。

図書館の中だって30〜40dBですから。