社長ブログ | TKプランニング

想定外その1・・・

「確認申請」

聞いたことありますよね。

この手続きをして、確認済証が

発行されないと工事の着工は

できません。

 

役所の許可、って認識あるでしょ。

今は、行政だけでなく民間も

確認検査を行えるようになったんです。

 

民間で確認済証を?

規制緩和ってことでしょうか。

 

昨日、初めて民間の確認検査機関に

行ってきました。

入口を入ると中から

「いらっしゃいませ」の声。

 

えー!

想定外の対応・・・その1

 

でも、

そうかー

民間だから。

役所は絶対に言わない言葉。

 

受付に近付くと、

「こんにちは」と笑顔。

 

えー!

想定外の対応・・・その2

 

こっちは無意識のうちに

役所に来た感覚だったもんで

民間ではごく普通のことが

驚きに感じる始末。

 

これが役所だったら、

窓口に行っても、

もちろん全員知らんぷり。

こっちから声をかけない限り

永遠に無視されます。

 

「すいませーん」

この言葉を発しないと

口をきいてくれない。

 

このイメージが強く

残ってたんですね。

 

それが、

「いらっしゃいませ」

「こんにちは」

でしょ。

 

極め付けは、

チョッとした書類の訂正が

あったんです。

書類の追記が終わり、押印して

ホッチキスで綴じて完了、

なんですが、

あれっ、ホッチキスがない。

周りを見渡しても無い。

と、そこに後ろから

「どうぞ、お使いください」

と、笑顔とホッチキスが

出てきたんです!

 

えー!

想定外の対応・・・その3

 

スゴイ。

この気配り、気遣い。

やられたー

ここでホッチキスが出てくるとは!

しかも笑顔も一緒に。

 

 

一通り手続きを終えて、

帰りの出口へ向かい、

自動ドアが開いた瞬間、

「どうもありがとうございました」

 

おーーーーーーー

気分爽快。

 

 

民間企業のみなさんから見たら

「当たり前」「ごく普通」のことですけど、

なんか、清々しいというか、

こっちも、「ありがとう」の

気持ちになっちゃいました。