社長ブログ | TKプランニング

パッシブハウスって?

ドイツ発祥の省エネ住宅。

『パッシブハウス』

 

エネルギー消費量や冷暖房負荷、

そして気密性能の基準を満たした

世界トップレベルの省エネ住宅です。

 

日本には「次世代省エネ基準」があり、

現時点での最高ランクはこれです。

それをはるかにしのぐレベルなんですね。

 

具体的に言うと、

「真冬でも暖房なしで家全体が20℃位に保てる」

エネルギー消費量を極限まで減らしても

快適な生活が送れる家って理想ですよ。

私が追い求めている理想の家造りと

方向は同じだと思います。

 

まだ詳細は調べていませんが、

『パッシブハウス』よーく調査して

みようと思います。

 

日本の省エネに関する法律は

いつも大手偏重なところがあって

フェアじゃないと私は思います。

パッシブハウスでも厳しい基準が

設けられている「気密性能」なんか

日本では『削除』されましたから。

 

大手ハウスメーカーの規格住宅では

気密性能を高めることは難しいそうなんです。

だから『削除』

おかしいでしょ。

 

省エネ住宅に欠かせないものですよ。

気密って。

どんなに断熱性能を高めたって

気密性能が悪ければ効果なし。

 

 

パッシブハウスの基準って

詳しく調べてみないとわかりませんが、

王道というか、正々堂々というか

わかりやすそうです。

 

1年を通して快適な住まい

それで、光熱費が安い家

 

目指すところは変わりません。

耐震

断熱

気密

この3つに、

もっと特化しちゃいます。