社長ブログ | TKプランニング

熱しやすく冷めやすい男

昨日は建築士の講習会。

昔はなかったものです。

 

いつからか。

あの姉歯事件からです。

バカなことやってくれたせいで、

とばっちり、みたいなもん。

 

一級建築士の資格って、

取ってしまえば永久モン。

更新はありませんでした。

 

私が一級建築士の資格を

取ったのは25歳の時。

あの1年間ほど勉強した時は

なかったですね。

今、振り返れば、あの時じゃ

なきゃ取れなかったかも。

 

25歳って、会社の中でも

存在感はあまりない若造。

いてもいなくてもいい、

その程度の時でしょ。

 

だから、取れたんだと思います。

それと、自分の性格わかってましたから。

「熱しやすく、冷めやすい」なんです。

長続きしないし、飽きっぽい性格。

「鉄は熱いうちに打て」

 

2年も3年も勉強はできない人間だって

わかってましたから、とことん1年間集中。

中にはいましたよ。

「最初の年は試験がどんなものか・・・」

なんて、気の遠くなるような話してた人も。

 

「お前、1回で取れるほど甘いモンじゃないぞ」

って、偉そうに説教もされましたし。

 

でもね、ホントわかってましたんで、

自分には2年も3年も頑張れないって。

ガキの頃からそうでしたから。

一時はガーって熱中するんですが、

あっという間に冷めきってしまうんです。

 

若くして取れてよかったことに、

他の人が色々とモノを教えて

くれたことです。

「一級建築士」って名刺に入れるでしょ。

そうすると、一級建築士の先生って

目で見てくれて、いろんな話をしてくれるんです。

自分では何も知らない建築士だったんですが、

そのおかげで今があるんですね。

 

ちなみに、資格証は一級より二級の方が立派。

見た目がね。

 

今年、まだ講習が残ってます。

1日中、椅子に座ってるのは辛い。

飽きっぽいものですから。

 

コメントする