社長ブログ | TKプランニング

高いの?安いの?

土地や家の価格って販売価格だけで

高い安いと決められないものです。

と言いますのは、ほとんどの方が

購入する時に住宅ローンを利用するから。

 

最近、テレビコマーシャルでよく出てくるのが

『フラット35』

ご存じでしょうが、全期間固定金利の

住宅ローン商品です。

35年間、金利が変わらないので、返済額が

最初から最後まで同じ。

ある意味、安心ですよね。

 

そのフラット35に「S」という優良住宅取得支援制度と

いうものがあります。

当初10年間、借入金利から1.0%引き下げるもの。

この「S」を利用すれば、同じ価格の物件でも

支払総額を安く購入することができるんです。

 

例えば、

3,000万円借入したとします。

期間は35年。

ボーナス返済なし。

金利は2.82%

 

フラット35ですと、

毎月の返済額は、112,462円

総支払額は、47,234,126円になります。

 

フラット35Sなら、

毎月の返済額は、

当初10年間、96,630円

11年目以降、108,211円

総支払額は、44,058,721円です。

 

その差はナント、3,175,405円もお得。

 

ただし、「S」を利用するには、条件があります。

どんな住宅でもOKとはいかないんです。

5つの技術基準があって、その内の1つ以上を

クリアしなくてはいけません。

耐震性とか省エネなど。

 

ウチで建ててる家ですか?

もちろん「S」適合です。

それも標準仕様でOKなんです。

 

今の時代、

坪単価や販売価格だけじゃ

高いか安いかわからないんです。