社長ブログ | TKプランニング

いい流れになりそう

『家造り発表会』から1週間。

いい手応えを感じてるというか、

やらなくちゃいけないんだ、っていう

ハッパをかけていただいた気持ちです。

 

星の数ほどある住宅会社の中から

ウチのイベントに足を運んでいただいた

方々にはホント感謝です。

 

改めて実感しました。

真剣にいい家が欲しいと思っている人は

たくさんいますが、

「いい家」を手にするためにどうしたらいいのか、

で悩んでいる人もたくさんいるんです。

 

「いい家」の価値観って人様々でしょ。

同じように、住宅会社によって得意、不得意も

あるんです。

でも、今の会社のほとんどはオールラウンドプレイヤー

のような宣伝をしてますよね。

あれじゃ、お客様は迷うばかり。

調べれば調べるほど、わからなくなるんじゃないかな。

 

だって、いいことばかり言ってますからね。

不得意なこともあるはずなのに。

何でもできます、みたいな。

耳障りのいい言葉が並ぶんですが、

はたして中身も伴ってるのか?

 

最近は家の性能(断熱性・耐震性など)を

売りにしている会社が多いようです。

でも、そういう会社は少し前までは

「安さ」を売りにしてたんですよ。

「坪いくら」みたいな感じで。

デザインを売りにしてたとこも、

急に性能、性能って変わったりして。

 

でも、全体的に性能にシフトしてきたのは

お客様にとっていいことです。

中身が大事ってこと。

壁の中、床下、天井裏。

家の性能って、

隠れてしまうところの施工によって

全然変わってしまうんです。

 

お客様にとっても、ウチにとっても

いい流れだと思いますよ。

ウチが1番得意としてるとこ。

どこにも負けない自信あります。

『夏涼しく、冬暖かく、快適な住い』

コメントする