社長ブログ | TKプランニング

家造りには2つのスタート

昨日、紹介しました現場シート。

お客様から「インパクトありすぎ!」の

賞賛(?)の声をいただきました。

 

何気なくシートを見た後に、

「えっ!!」って、思わず振り返って

見直してしまう現場シート。

 

OK、OK

 

ところで、

話をガラッと変えて『家造り談義』

家造りには2つのスタートがあると

思うんですよ。

1つは、家が完成するまでの家造り。

2つ目は、家が完成してからの家造り。

 

住宅会社も依頼者も一生懸命にやってるのは、

家が完成するまでの家造り。

最初の出会いから打合せを始めるまで。

打合せから契約まで。

契約から工事の完成まで。

これで終了。

 

これだけなら、どこの住宅会社でも

一生懸命にやってくれます。

依頼する側はこれだけを望むなら、

そんなに必死になって探さなくても

よくやってくれる会社はたくさんあります。

 

住宅会社は家造りのプロ。

いい家を造るのは当たり前のこと。

その当たり前をバカみたいにアピールしてる

とこが多すぎです。

いいことばかり並べ立ててますが、

プロから見たら本当にいいものかどうか

はなはだ疑問なことも多々あって・・・

 

逆に依頼する側から見ますと、

依頼者も「いい家」に惑わされすぎでは

ないでしょうか。

本当のいい家って、

住んでみて幸せな気持ちになれること。

住んでみてホッとできること。

住んでみて造り手の温もりが感じられること。

 

だから、2つ目のスタートが肝心なんです。

住み始めてからの家造り。

“家造り”ってのは、チョッと言葉が

違うかもしれませんが、ここからが再スタート。

長い長いお付き合いが始まるんです。

 

これから家を建てようと考えている人には

ここを頭に入れておいてほしいですね。

家が完成するまでは誰でも優しくしてくれるし、

すばやい対応、気配り、気遣いをしてくれます。

じゃ、その会社は完成後、引っ越してからも

同じように付き合ってくれるところかどうか。

そこもチェックポイントにしときましょうよ。

依頼する側の意識が高まれば、自然と造り手側も

そう変わらざるを得ません。

変われない会社は淘汰されるだけ。

世の中から見捨てられて消えていきます。

そうなれば、幸せなお客様も増えるでしょ。

住んでから、失敗したーって後悔する人も

いなくなるし、いいことじゃないですか。

コメントする