社長ブログ | TKプランニング

2割の間違い

「社長、その考え8割は正しいけど

2割は間違ってますよ」

 

ついこの前、ある人に言われました。

家造り全般についての討論をした時。

私の家造りに対する考えは、

2割が間違いだと。

 

いい家を造るには、

お客様と造り手が一緒に頑張らなくちゃダメ。

 

目指すゴールが違っててはダメ。

 

同じ目線で話し合えなくてはダメ。

 

ずーっと付き合っていきたいという

相互の信頼関係が築けなくてはダメ。

 

「いい家を建てるには、1社ではダメ。

複数の会社に依頼して見積をとること」

そんなことを書いてる本を見たことがあります。

他にも、必要以上に建主の不安を煽り、

“騙されるな”とか“後悔しないで”とか。

 

バカバカしい、

というか、あきれちゃいます。

もっと単純でいいと思うんです。

 

何だかんだ言っても、

最後は「人」と「人」でしょ。

 

人って楽しいことや嬉しいことがあると

誰かに話したくなるものでしょ。

誰に話すかというと、嫌いな人には

話しませんよね。

家族や恋人、友達といった

好きな人に話すのが普通。

 

モノを買う時も同じかなって思うんです。

嫌いな人からは買いたくない。

迷った時ほど、好きな人から買いたい。

 

だったら、

売る側も同じでもいいのでは。

好きな人には売る。

でも、好きになれない人には売らない。

自分の商品に自信があればあるほど、

それでいいんじゃないかなって。

 

“ブッ、ブー”

ここが私の間違ってるとこ。

そう指摘されました。

 

 

んー・・・・・

責任感と思いやりの心。

もっと深く考えなくちゃダメです。

まだまだ修行!