社長ブログ | TKプランニング

目の錯覚

大きな家の基礎工事が始まりました。

2009colum_nov_clip_091102-1.jpg

 

2009colum_nov_clip_091102-2.jpg

ちょうど2棟分くらいありますかね。

鉄筋の組立中です。

 

基礎って小さく見えるものなんです。

お客様によく言われます。

「ウチの建物ってこんなに小さいんですか」

確かに。

基礎だけですと、何故か小さく見えます。

「6帖ってこんなに狭いの!」みたいに。

 

でもね、柱が建って上棟すると変わるんです。

ホントの広さがわかるというか、

「ここ6帖ですよね」って安心できる。

 

目の錯覚なんでしょうね。

“目”と言えば、

今まで見えてた文字がぼやけちゃうの

悲しいですね。

ここ1、2年のことなんですが。

 

近すぎるとぼやける、

少し離すとよく見える。

いわゆる「老眼」ってこと。

ギリギリまで頑張ろうと思ってます。

眼鏡に頼らず自力で見るんだ。

 

昨日、会った先輩も言ってました。

2つ年上の方なんですが、

「ここ2、3年で一気に来たよ」

やはり「老眼」ってヤツらしい。

 

小学校の時、言われたことやってます。

「遠くの緑を見なさーい」

 

 

コメントする