社長ブログ | TKプランニング

どっちが得

賃貸と持ち家、どっちが得か

新聞に載ってました。

ずーっと家賃を払い続けるのと、

35年の住宅ローンを組んだ場合、

35年後にはどちらが得か。

 

支払総額のお得な方は、

賃貸だそうです。

数百万円も持ち家の方が

お金がかかる計算ですって。

ただし、35年以降になると、

徐々にその差は詰まり、

41年目には持ち家の方が逆転。

 

持ち家の特典としては、

「住宅ローン減税」

所得税・住民税の控除分は

計算していませんから、

そんなに差はないのかな、って

気がします。

 

賃貸派のメリットは

気楽に引越しができる。

 

 

でもね〜

お金だけじゃないでしょ。

損得じゃないでしょ。

この仕事に携わってるから

じゃないですよ。

「実家」があるってのは

幸せなことなんじゃないですか。

子供にとっては親の家は「実家」

 

賃貸派の方からはクレームが

来そうですが、私は持ち家の実家が

あるってのは幸せなことかなと

思うんですよ。

 

あと、日々の生活ですね。

私は今まで、

賃貸の木造アパート、鉄筋コンクリートのマンション、

分譲の鉄筋コンクリートマンション、

そして、持ち家の木造住宅に住んできましたが、

やっぱり今が1番いい!

昔、住んでた古―い木造アパート。

確かに懐かしい、いい思い出です。

“神田川の世界”みたいな。

 

木造から鉄筋に引っ越した時は

チョッと感動モノ。

賃貸から分譲に引っ越した時は

かなり感動モノ。

 

そんで、今の家。

かなり快適ですし、気持ちいい。

リラックスできるというか、

安らげるというか、1番いいですね。

冬は暖かく、夏涼しいし、

結露が無い。

周りの音も気にならないし、

周りに気を使うこともない。

 

そんなんで、

私としては持ち家派を支持します。

できれば、

マンションよりは“一戸建て”ですね。

コメントする