こだわりの木造注文住宅を完成させたお客様の声をご紹介します
お客様体験談

こだわりの家造り――Y様編

2006年の2月に家造り発表会を開催させていただいたY様から、発表会に際して文章を寄せていただきました。Y様が望んだ「広いリビングの家」はどのようにして手に入れられたのか。悩みに悩んだ末の大胆な決断。お洒落な家が出来ました。こだわりの家づくり――Y様編


「広いリビングの家」

今回、はじめての家造りにあたって一番悩んだのはやはり間取りです。
予算の関係もあって 家の規模は床面積約30坪を想定。その条件の中で私たちが望むものは「広いリビング」でした。家族が一日の中で一番長時間過ごす空間がリビングなので、リビングの快適性を重視したかったのです。
当初のプランは1階にLDKと洗面所、トイレ、浴室、玄関ホールを収めて2階に居室3部屋をレイアウト。まあ、ごく一般的な間取りであったと思います。しかし「広いリビング」を実現するにはもっと思い切った間取りが必要でした。市販の間取り設計ソフトを購入しあれやこれやと自分でも間取りをいじくってはTKプランニングさんへ持ち込み相談・・・。
そんなことを何回か繰り返していましたが、限られた空間の中では第一目標の「広いリビング」がなかなかうまく実現できません!正直言って間取りプランに煮詰まっていましたが、妻の「いっそ2階にLDKをもってきたら?」の一言と木村社長の「2階リビングの天井は勾配天井にして、梁を見せる設計にしましょうか?」との提案をキッカケに間取りプランは一気に具体化していきました!
結果、2階はLDK&トイレのみで構成し、1階に浴室&洗面&トイレ&居室を集中的にレイアウトしました。
2階にリビングがあるので玄関からスムーズに2階に上がれるように、玄関ホールを広く取り階段を正面にレイアウトしてもらいリビングまではドアを設けずに設計していただきました。断熱性に優れた工法のおかげでこの家をリビングを中心としたひとつの大きな空間として利用することができそうです!
断熱といえば、建築途中の現場に何回かお邪魔いたしましたがペアガラス&屋根断熱&エアフォーパネルの効果なのでしょうか?真冬の時期にもかかわらず建物内がとても暖かかったことが印象的です(もちろん暖房用品などありませんでした・・・)。省エネ効果にも期待台です!
外観にはサイディングパネルを採用したシンプルなデザイン。無機質な印象にもなりがちですが玄関ドアに木製ドアを特注しバルコニーも木の質感を出すことで冷たい印象を回避してみましたがどうでしょうか?
実は、私たちの家はこれからどんどん進化していく予定です。「完成=家造り終了」ではなくてこれからいろいろなプランを実現するベース(基礎)の完成と思っております。TKプランニングさんにはこれからもお付き合いしていただくことになりそうです。
最後に木村社長さま、加藤部長さまをはじめ現場スタッフの皆様にお礼を申し上げます。

2006年2月14日

そんなY様邸完成の様子はこちら⇒



TKプランニング