こだわりの木造注文住宅を完成させたお客様の声をご紹介します
お客様体験談

こだわりの家造り――Y様編・@

2006年の6月中旬に家造り発表会を開催させていただいたY様とは、もうずいぶんと長いお付き合いです。その長さに甘えたわけではありませんが、紆余曲折を発表会にいらしたお客様に知ってもらおうと、Y様邸着工の前から他の会場での発表会のたびにコメントをいただいておりました(計3回)。いつも素晴らしい文書をお寄せいただいていたので、そのままの形で紹介します。!まずはその第一回目。Y様


「地鎮祭まで4年半」

オール電化の家って
思い起こせば今から4年半程前、新聞の折込広告の『オール電化の家』に目をひかれ、どんな家なのかと興味が湧き女房を連れ見学会場に行って見たのがTKプランニングさんとのお付き合いの始まりです。その時点では家の建て替えはまだ先のことと思い、正直言ってオール電化の見学にもかかわらず『高耐久・高断熱・壁倍率4.1のエアフォーパネル』には興味が湧いたものの、『エコキュート・IHクッキングヒーター・床暖房』の説明はなんとなく聞いている程度でした。女房は今度家を建てるときはオール電化にしたいとしきりに言っていたことを覚えています。
リフォームよりも建て替え
見学会場を後に家に戻り見学会で見た家と我が家を比較、子育てや生活をともに過ごした思い入れのこもった我が家も25年が経過、なんとなく古めかしくなり「リフォームもいいけど同じ金をかけるなら思い切って建替えるか。しかしまだまだ先だな」などと話になりました。今まで住んでいた家の購入当時は若いこともあり、購入できた喜びが先走り家の内容は二の次、三の次、全て不動産屋任せ、後から次々「ああすればよかった、こうすれば良かった」と後悔しきりでした。
他社も見学、しかし、TKさんに決めた。
今度家の建築にあたっては若気の至りで購入した失敗は二度と繰り返さないことを心に、その後約4年程度、他社の見学会場にも足を運びましたが、どこも一長一短でこれはというものが感じられませんでした。結局のところは、何年にもわたり見学会のお誘いをしてくれたTKプランニング木村社長の「家に対する熱意・思い入れ」と最初に見学会に行ったときに感じた、他社にはなかった『エアフォーパネル』や今ではTVコマーシャルでも盛んな『オール電化』、「骨組み状態での見学会は建物に対する自信の表われ」が気に入り、家を建てるならTKさんということに決めました。
親身に重ねた打合せ
昨年の7月から10回以上にも及ぶ打合せに対して、営業の近藤さんが親身になって相談にのってくれ「地鎮祭」まで無事こぎつけたことにも大変感謝しています。今から建ち上がりが楽しみです。
最後に
人生何事もうまくいく秘訣無し「一生懸命」やることがひいては成功につながることを信じ、TKさんの順風満帆を祈ります。

2006年2月

こだわりの家造り――Y様編・@こだわりの家造り――Y様編・Aこだわりの家造り――Y様編・B



TKプランニング