こだわりの木造注文住宅を完成させたお客様の声をご紹介します
お客様体験談

こだわりの家造り――T様編

2007年の11月に家造り発表会を開催させていただいたT様から、発表会に際して文章を寄せていただきました。
こだわりが満載の個性的でオシャレな家です。
                                       T様


「こだわりの個性的な家」

仕事帰りの車の中、後10数分で家に着く頃妻から携帯に連絡が入る。てっきり夕飯の事と思いきや「今どこ?これから青梅に来ない?」聞くと妻は知人のI様からの紹介でとある工務店の完成発表会に行ってると言う。めんどくさがりの私は「疲れてるし、僕は止めておくよ」やんわり断ったが、「工務店の社長が旦那に会いたいって」
え???っ・・・!!めんどくさい・・・。
行きたく無かったのですが「発表会今日で終わりだし、今年最期なのよ!!それに今社長とおでん食べながら話盛り上がってるの!」

ど・・・どんな発表会だ!と思いつつ妻が世話になってる様なので渋々現場に向かう事に。

何故行くのが嫌だったかと言うと面倒くさいのも有ったのですが実はその時既に家を建ててもらう工務店さんは2社に絞られていたんです。しかも2社のうち1社は2年通い見積りまでお願いをしていた工務店さんでした。
これ以上増やしたく無かった僕は本当に渋々でした。

現場に着くと大勢の人達に囲まれている妻 がいました。そこに1人ソンブレロが似合いそうなメキシカンなヒゲを生やした男性が僕を迎えてくれました。

そう、TKプランニング木村社長さんとの初対面でした。

そしてTKプランニングさんが提供する家。今まで見て来た工務店さんの物と比べると、良く言えば「質実剛健」悪く言えば「お洒落じゃない」そう思いました。
あまり個性的ではないかなぁ・・・と言うのが僕の第一印象でした。

でも、木村社長さんは家造りに対し丁寧に熱く語っていましたので好感を持ったのは確かでした。
個性的では無いと言いつつもキッチンを見せて貰った際「家はクリナップを使いますがこちらのお宅はミカドさんを指定されました。」とのこと。なるほど自由度が高くこちらの意見も聞いてくれそうだな・・・と思いました。
ほぼ決めかけていた他の工務店さんに3社目TKプランニングさんが入った瞬間でした。

はっきり言ってココからは本当に悩みました。2年間追い続けてきたお洒落な家を建てる工務店をあきらめ見た目は普通っぽいけど中身を重視した工務店さんを選ぶか。

しかしそんな事より思いとは別に違う障害にあたってしまいました。
思う様に見つからない土地。見つけた後も審査の通らない銀行。工務店以前に土台が手に入らない事にいら立ちある日木村社長に「何か上手くいかないですね・・・・建て売りなら直ぐに手に入りそうなんですがねぇ・・・」と愚痴をこぼしました。

明くる日ポストを見てみると1通の手紙が。しかも切手は貼っていない。
送り主は木村社長さんでした。わざわざ自宅にポスティングしにこられたみたいでした。
手紙の内容は「建て売り買う何て寂しい事言わないで下さい。一緒に家造りしましょう!諦めないで頑張りましょう!我々も精一杯協力します」と書いてありました。ホントに嬉しかったですね。

偶然にも木村社長さんが知っている不動産屋さんから「ここしかない!」と言う物件が見つかり、その時点で家造りをTKプランニングさんにお願いしようと決めました。

TKさんの家造りに対する構え「耐震」「断熱」「シックハウス対策」等々有りますが最期の決めてはやはり「人」だった様な気がします。木村社長はじめ、職人の方々の熱い思いが家を作るのだと思いました。
決まってからは面白い様に事が進みました。

「個性的で有るか無いかは自分達で決める事なんだ」と思い、申し訳なかったですがTKさんが提案する照明や壁紙等事ごとく却下してしまいました。大変失礼致しました。
でもホントに根気よく色々対応して頂き今は心より感謝をしています。随分と個性的な物が出来たと大変満足しております。

「注文住宅=家造り」の楽しさを大工さん始め基礎屋さん内装屋さん電気関係の方々等本当に多くの人達に教えられた気が致します。ありがとうございました。

暖かいおでんが結んだ暖かい人との出会い。
これからもまだまだ末長いおつきあいになるかと思います。どうぞよろしくお願い致します。


 

2007年11月

T様邸完成の様子はこちら⇒



TKプランニング