こだわりの木造注文住宅を完成させたお客様の声をご紹介します
お客様体験談

こだわりの家造り――K様編

2007年の12月にお引渡しのK様から、体験談を寄せていただきました。
日当たりの良いリビングはお昼寝したら気持ち良さそう。小屋裏収納は一つの部屋のように広く明るいです。

                                       K様

「出会い〜引っ越しまで・・・」

*TKプランニングさんとの出会い*
出会いは、新聞の折り込み広告を見て、小冊子をいただきたいと一通のハガキを送ったことから始まりました。ハガキを送って数日後、なんと木村社長が小冊子を家まで届けに来て下さったのです。
当然、郵送されてくると思っていましたから、大変驚きました。でも、その時初めて木村社長にお会いして、何か真っすぐなものを感じ、この人なら信頼できるのではと思ったのを覚えています。
その時は、将来建売ではなく「冬暖かく、夏涼しい快適な家」が建てられたらいいなと思っていただけだったのですが、社長にTKプランニングの家造りの説明をしていただいて、資金のことや、希望地などを相談し始め、土地を探してみようということになり、次第にTKプランニングさんに家を建ててもらえればいいなと思うようになりました。でも、まだ自分の家を建てるのはずっと先のことと思っていました。



*土地探し*
土地は、羽村市限定で、予算に合う土地があまりなかったにも関わらず、社長がいろいろな土地を紹介して下さいました。仲介業者が入らないので、とても話しやすかったです。また、こちらが気になる場所にも、快く連れて行っていただきました。その中の気に入った土地で間取りを考えて、良かったら決めましょう、ということになったのです。 私としては一生に一度の買い物だし、永住の地を決めるということで、かなり悩みました。
もう土地探しを終わりにして良いのか?予算は足りるのか?本当に自分の家が持てるのか???という気持ちは、ずっとありました。でも、社長の「大丈夫ですよ」を信じて、土地を決め、TKプランニングさんに家造りをお願いすることにしました。


*たくさんの打ち合わせ*
家造りのために、本当にたくさんの打ち合わせをしていただきました。
資金計画については、気持ちが落ち込んでしまったこともありました。
間取りを決めるときは、かなり迷ってしまいました。そして、一度は確認申請を通していただいたにも関わらず、訳あって再度違うプランでやり直していただくことになりましたが、社長はやって下さいました。
時には夜遅くまで打ち合わせをすることもありました。また、休みの日にはほぼ半日打ち合わせをする時もありました。長い時間の打ち合わせの時は、長女の相手を良くしていただいて、本当に助かりました。長女は休みの度に、「今日もおうちの会社に行く!」と、とても楽しみにしていました。
社長にはお忙しい中、本当にたくさん打ち合わせの時間を作っていただきましたことにとても感謝しています。
打ち合わせをするごとに、話が具体的になってくると、家ができるのが楽しみでもありましたが、まだ打ち合わせの段階では、正直なところこれで良かったのかと不安な気持ちもありました。でも、「社長を信じよう」、本当にそれだけで家造りを進めていただいた気がします。


*工事現場を見学させてもらって*
工事が始まり、今までの紙の上で話していたものが、立体的になり現実になっていくと、だんだんこれで良かったと思えるようになりました。(そう思わざるを得ないということもあるのですが・・・)
地盤調査を終え、基礎から始まり1mmもくるわずに柱が立てられ、主人と頭を痛めて考えた間取りが出来上がっていく、そしてどんどん家らしくなっていくと、現場を見に行くのが楽しみでした。
長女も喜んで現場を見に行きました。階段が出来上がったら、真っ白になりながら何度も上り下りしていました。家の完成が年末ということで、だんだん寒さが厳しくなり、あまり見に行けなかったのですが、次第に出来上がっていく様子を見て、本当に大工さんは素晴らしいと思いました。寒い中、大工の皆様には丁寧な作業をしていただき、本当に感謝しています。
また、工事を始める時や工事中も、近隣の方々への配慮をきちんとしてくださってありがたかったです。
何回か現場を見せていただきながら、社長がおっしゃっている「家造りを楽しむ」ということが、やっとできたような気がしました。


*いよいよ引渡し、そして引っ越し*
ついに我が家が出来上がりました。きれいなクロスが張られ見違えるようで、本当にこれが自分の家になるなんて、なんだか信じられないというのが最初の感想です。
1階のトイレが階段の下なので天井がデコボコなのですが、丁寧にクロスが張られていたのは、まさに職人技でした。屋根裏収納への階段を取り外して収納として利用したいという主人の案も、大工の藤野さんに工夫して作っていただいて、出来上がりは大満足です。
また、扉がぶつかって傷にならないようにシールが貼ってあり、最初から最後まで本当に丁寧に作ってくださったのだなと感心しました。
引渡しが終わり鍵を受け取ると、これが我が家なのだという実感がだんだん湧いてきました。
そして年末、大みそかの前日に引っ越しをしました。 引っ越しは節約のため、友人と両親の助けを借りて自分たちでやったのでとても大変でしたが、なんとか引っ越しを終え、荷物を片付けつつ新居での生活が始まりました。



*新しい家に住み始めて*
まず、やはり暖かく過ごせるかが気になりました。暖房器具の購入には、社長にもアドバイスをいただいて、とりあえずリビングのエアコンのみにしました。以前のアパートよりは寒く感じましたが、エアコンとホットカーペットの併用で、暖かく過ごしています。予算がなく床暖房は付けられなかったのですが、日当たりの良い我が家は、日中は暖房をつけなくてもとても暖かいです。これもTKパネルのおかげだと思います。
また、予算の関係で、サッシが全部樹脂のものが使えなかったので、少し結露するのが残念なのですが、家の壁の中は大丈夫だと思っています。
引き渡しからは、加藤部長に大変お世話になっています。ポスト、表札、カーテンレールなどの取り付けも快くやっていただいて、とてもありがたく思っております。その取り付け方がとても丁寧だったので、そこにTKプランニングさんの家造りに対する姿勢を見た気がします。
また、問題のあるところは、きちんと対応していただきました。社長が「家ができた後も、お付き合いしますよ」とおっしゃっていたのは本当でした。まだ雨樋の不具合と床のきしむところが1ヶ所あります。これから直していただくところですが、問題がなくなったらTKプランニングさんとのやりとりがしばらくなくなってしまうような気がして、寂しい気もします。
家を建てるなんて、まだまだ先のことと思っていたのに、TKプランニングさんと出会って、1年も経たないうちに家が建ってしまったのですから、本当に夢のようです。しかも、とても快適な家を手に入れることができたのは、本当にラッキーなことです。これも社長を始めTKプランニングの皆様のおかげです。これからもずっとこの素晴らしい家を大切に使って生きたいです。今後とも末永くお付き合いをお願いします。



2008年3月

羽村市K様邸完成の様子はこちら⇒



TKプランニング