木造注文住宅の東京都工務店TKプランニング社長・木村智行の家造りコラムです
社長コラム
ホーム > 会社案内 > 社長コラム2009年7月

社長コラム 2009年7月-

TKプランニングの社長・木村智行によるコラムです。
1月コラム 2月コラム 3月コラム 4月コラム 5月コラム 6月コラム
8月コラム 9月コラム 10月コラム 11月コラム 12月コラム
2008年バックナンバー 2010年コラムへ

7月31日  引退しました

ウチのチビ、琴音が昨日で引退。

「引退」って格好いい感じがしません?

 

卓球部生活が終わったんです。

昨日が最後の試合だったそうで、

結果は負けました。

 

5対5で戦い、3セット取った方が勝ち。

琴音は4番手だったんですが、

前の3人が負けちゃって結果はTHE END

 

結果が決まった後の琴音は、

気が抜けて、ボーっとしたまま試合に臨み、

第1ゲームは取ったんですが、

第2ゲームは落としたそうです。

 

「おい、琴。最後の試合は何を考えて戦った?」

って聞いてみたんです。

 

「うん、負けちゃったからどうでもいいかな、って

思ったけど、お父さんの言葉を思い出したよ。

お前だけは最後まで負けるな!って言葉。

だから絶対に勝ってやる、って思ってやった」

 

弱いチームでしたが、琴音はキャプテンとして

よく頑張ったと思います。

最後に親父の言葉を思い出したなんて言うとこ、

泣かせる娘でしょ。

 

それにしても、

千鶴と琴音、どっちも負けん気の強さはたいしたもんだ。

2人とも、女にしておくのはもったいないくらい。

 

怖いんですよ〜

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月30日  全部お見せします

昨日、ある方とお会いして、

改めて実感したことがあります。

 

社長の「顔」と「声」

「会社の全部」

もっともっと発信しなくちゃダメだな。

 

私は3年前からこの“コラム”を

スタートしました。

ほとんど毎日休まずに書いてます。

 

でも、始めるまでが長かったんです。

ずーっと前からウチのホームページを

ご覧になっている人はおわかりですよね。

 

ずーっと、ずーっと「工事中」でしたよね。

始めなくちゃ、と頭ではわかっていても

それが行動に移せなくて、ズルズルと・・・

 

チョッとしたことがきっかけになって

始めることにしたんですが、

始めたからには毎日書くぞ!って

半分意地になってやってるとこもあります。

 

先日、内野から

「社長、ホームページへのアクセス数が増えてきてます」

って報告を受けて、

思わず顔が“ニヤ”

嬉しいこと、有難いことです。

と、同時に私の「コラム」と社員の「ブログ」

これからも休まず続けなくちゃいけないんだ。

気合い入りましたよ。

 

ホームページは、

造り手側からの「発信」の1つです。

 

「家造り」とは、

人と人とのコミュニケーションでしょ。

それが上手くいかなくちゃ、いい家なんて

できっこない。

 

“いい家が欲しい”を達成するためには、

お互いの意思や感情、思考を伝え合うこと。

そのためには、お互いをよく知ること。

これは絶対に欠かせない。

そう思います。

TKプランニングという会社。

そこで働いている私とスタッフ。

全部お見せしましょ!

 

どんな社長なのかわからない。

そんな会社に安心して家造りを

任せられますか。

住宅業界の遅れているところなんです。

 

建て主は知りたがってますよ。

「社長の考え」

そうですよね、みなさん。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月29日  4回目ですって

この時期、暑いのは当たり前。

でも、暑すぎないのは良かった。

昨日の上棟です。

真夏のガンガン暑い日にやったことも

ありますが、キツイ。

相当キツイ。

 

1日の作業を終えるころには顔が変わってます。

怖い顔になっちゃうんですよ。

この前の日曜日のような天気だったら大変。

ウチの大工さんたちもみなさんと同じく1年に

1つずつ年をとってますしね。

 

最長老の藤野は今年で・・・・・・

言わないでおきます。

本人が嫌がりますので。

 

 

という訳で、

予定通り順調に行われた上棟でした。

お客様のH様は熱心に現場をご覧に

なってました。

構造材やTKパネルを見て、感心、感心。

何でも、今回の家造りが4回目なんです。

これもスゴイことです。

一生に1回、というのが普通なんですが、

「4回」は、そうそういないでしょ。

 

府中市H様邸上棟

最後はいつものようにブルーシートで覆われました。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月28日  ご指名でーす

さあ、今日はH様邸の上棟。

今日はできるね。

というのも、

実は、先週24日に予定してたんですが、

雨ばっかりだったでしょ。

延期したんです。

 

今日も不安定な空模様のようですが、

決行でーす。

 

H様邸上棟

昨日の作業風景です。

1階の床板を張っているところです。

上棟前にここまでやっておけば、

当日の仕事もはかどるし、何より安全なんです。

現場は「安全第一」ですから。

担当は角田大工。

 

お客様のご指名なんですよ。

嬉しいことですね。

「指名していただく」ってのは。

 

またまた、ヤリガイのある現場になりそうですね。

頼むぞ!

角田棟梁

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月27日  熱(あつ)!

暑かったー

 

いや、熱かったー

 

という使い方の方が正しかったような日曜日でした。

 

 

午前中、S様の立会検査があったんです。

ウチの建物は高気密・高断熱なんですが・・・

そんなの関係ないくらいの暑さ。

 

私もSさんも汗だくになって家の中をウロウロ。

全部の窓を全開にして風を入れてでしたが、

 

暑い、熱い。

 

でも、

やっぱりウチの家は高断熱だなって

思ったことがありまして。

 

1階と2階で暑さの差を感じなかったこと。

どっちも暑いのに変わりはないんですが、

「差が無い」のはスゴイ!と思いませんか。

 

普通の木造ですと、明らかに2階の方が暑いはず。

昨日みたいな日ですと2階には居られないですよ。

小屋裏収納なんてサウナなみの暑さ。

天井はしごを降ろしただけで熱風がくる、みたいな。

 

ウチの家はそれがないんです。

うん、これがホントの高気密・高断熱住宅。

1階も2階も屋根裏部屋も、

みーんな同じ暑さ。

 

 

真夏や真冬の立会検査をする度に、

「高気密・高断熱」の有難さを実感します。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月26日  エコカー

クルマも電気の時代がやってきたようです。

先日、東京電力の方がパンフレットを持ってきました。

 

「EV」

電気自動車です。

電気自動車

これは、スバルの「R1e」

軽自動車ですが、最高速度は100q/hも出るんですって。

100Vの家庭充電でも約8時間で満タン。

80qは走れるそう。

 

Switch!

EV Powerd by TEPCO

こんなEVが今年から走るそうです。

東電さんに頼んでみよう。

 

「チョッとでいいから運転させてー!」

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月25日  大いに悩もう

ウチが、工事着工前に必ず行うものに

「着工前仕様打合せ」というのがあります。

 

決めることがたくさんありましてね。

色決めが多いんですけど。

まずは、「屋根」

次に「雨樋」 「軒裏」 「外壁」 「玄関ドア」・・・・

延々と続きます。

 

時間もかかります。

色選びには正解がないでしょ。

「どれがいいかな〜」悩んじゃいます。

でもね、たまにいらっしゃるんです。

「これ!」 「これ!」って

パッ、パッ、って決める人。

 

打合せをしてて思いますよ。

「色や柄、多すぎないかな。」

昔はこんなになかったような気がします。

玄関ドアなんて、デザインだけでも何十種類。

さらに、それぞれのデザインに色が何色もあって。

 

選択肢が多いのはいいことなんでしょうけど、

ありすぎるのもどうかなって思ったりもします。

 

でも、一生に1回のこと。

いつも、大いに悩んでもらってます。

というか、悩ませてるのかもしれないですね。

そこが注文住宅。

家造りの楽しみの1つですから。

 

今日は、来月着工のT様と仕様打合せ。

たくさん悩んでもらいましょう!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月24日  親バカ宣言

ウチのカミさんのブログ見ました?

「親バカ日記」

 

そうなんですよ。

琴音、3位だったんです。

 

いや〜

どーも、どーも。

みなさん、ありがとうございます。

 

来週の都大会ですが、

もちろんカミさんは行きます。

私は・・・・

行きたいんだけど、カミさんと2人で

応援に行ったら本物の「親バカ」に

なっちゃうでしょ。

だから、私は青梅から陰ながら応援。

って、しっかり「親バカ」してますね。

 

でもね、

中学生の子供を持ってる親ならわかるでしょ。

まして、部活に励んでいる子供だったら

絶対にこの気持ちわかるはず。

このコラムを読みながら

「ウン、ウン」ってうなずいてるはず。

 

来週のカミさんの「親バカ日記」

楽しみに待っててください。

私から琴音の試合結果を言うのは

禁止になってますので。

 

 

ところで、

何?ここんとこの天気。

雨、雨、雨。

今、スゴイ音をたてて降ってますよ。

ふーーーーー

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月23日  眺めは最高

どうしちゃった。

この天気、梅雨に逆戻りみたいな。

 

昨日、見ましたか?

三日月の太陽を。

雲が邪魔してましたが、何となく見えたような、

そんな感じでしたね。

私ですか?

しっかりとみたつもりです。

 

丸窓の家、第2弾です。

ロフトに付けました。

2階をリビングにして、天井を屋根なりの勾配に仕上げて

高さを最大限にとってます。

横の広さに加えて、高さの広がりもあると、

開放感がバツグンにいいですよ。

設計段階の図面でイメージするのは

難しいかもしれませんが、

広さを求める人には「高さ」という

ところも要チェックです。

 

ロフトから眺めるリビングは

なかなかのモンですね。

基本的、高いところは気持ちがいい、ってこと。

 

1番高いとこで、4m以上はありますね。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月22日  ゴメン!!!

やっちゃいました。

昨日は見れなかったでしょ。

 

現場に向かう車の中で気がつきました。

「えっ、今日って21日だ!」

もー、後の祭りですね。

全国ネットでボケちゃいましたよ。

 

午後、お客様のM様から電話が、

「洗面化粧台の件ですが・・・・・

それと、社長さん、皆既日食は明日ですよ」って。

 

そうなんです。

その時は間違いに気付いてたんですが・・・

最近、多くてね。

ウッカリや物忘れ。

 

40も半ばに差しかかりましたんで、

まあ、これもご愛嬌とさせてください。

 

 

これからT様邸の地盤調査立会に行ってきます。

 

「どうか、固い地盤でありますように」

 

じゃ、行ってくるか!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月21日  46年ぶりですって

今日は「皆既日食」

日本では奄美大島で見られるそうですね。

東京でも部分日食が見られるかも。

 

46年ぶりっていいますが、

科学の世界は苦手なもので・・・

よくわかりません。

好きな人は見に行っちゃうんでしょうね。

奄美へ

次に見られるのは35年後らしいから。

 

 

今週も上棟を予定してます。

たまたまなんですが、今月は多かったです。

府中市のH様邸。

 

「何で府中?」って思うでしょ。

今、工事してるんです。

月末に引き渡しのS様邸を。

H様は散歩中にその現場を目にして、

“ご縁”となりました。

 

「じゃ、H様が見たS様は何で?」

青梅の会社が府中で家を建ててるのは?

紹介ですよ。

ウチで建てた方からの紹介。

ありがたいことです。

 

次はH様から紹介してもらえるように、

近所の方から声をかけてもらえるような

いつも通りの「基本に忠実なプレー」を

心掛けて。

普段通りが大事なんです。

その普段通りが滅茶苦茶じゃダメですが。

 

この時期、珍しく上棟が予定通りに進んでます。

H様邸も大丈夫でしょう。

梅雨も明けたし、

心配なのは最高気温だけ。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月20日  結果は後程

ウチのチビ、琴音は卓球をやってます。

上の千鶴も卓球をやってました。

琴音は中3なので、ここが最後の部活動。

 

千鶴の時は何度も試合を見に行ったんですが、

琴音の試合は今まで1回も見たことなし。

千鶴は3年生のメンバーも揃ってたこともあって

都大会、関東大会って期待があったんですが、

琴音の場合は3年生が2人だけ。

あとは1・2年生なんで、どこか勝手に期待もせず・・・

そんな訳で、見たことがなかったんです。

 

同じ娘なのに、

こりゃ、まずいかな。

そう思って、

昨日、昼休みに会場へ見に行きました。

青梅総合体育館で西多摩大会の個人戦があったんです。

2・3年生の西多摩1を決める大会です。

全部で76名の子供たちが出場。

トーナメントで戦うんです。

 

1回戦からですと、優勝するまで7回勝たなければ

なりません。

琴音はシードで2回戦からの出場でした。

 

久しぶりに会場に行って思い出しましたよ。

千鶴のときを。

 

懐かしー

 

そう、そう、そう

蒸し風呂状態の体育館の暑さも。

懐かしー

 

仕事があったんで2回戦の1試合しか

見れませんでしたが、見に来て良かったー

って思いましたね。

 

イメージしてたより、格好良かったですね。

おー、試合になってんじゃん。

 

試合の結果ですか?

それは、カミさんの「ブログ」を見てください。

 

私からは、ここまで。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月19日  土用の丑の日

今日は「うなぎ」の日。

土用の丑の日ですよ。

 

何で、ウナギを食べることになったのかは

わかりません。

夏バテせずにスタミナつけろ!ってことですかね。

 

まあ、そんなことはともかく、

ウナギは美味いよね。

この辺りで有名なウナギの店は、

八王子の「高瀬」

 

 

今まで2回だけ食べたことがあります。

2回目は、

つい、この前のこと。

これからウチで家を建てるS様の家で打合せが

あったんです。

時間は夜の7時からでした。

「こんばんは、木村でーす」ってお邪魔したら、

 

「木村さん、夕飯まだでしょ」って

 

出されたのが、

高瀬のウナギ。

 

美味かったー!!!

 

実はS様のお宅は「高瀬」の近くなんです。

現場が始まったら何度か足を運んじゃいそうです。

 

今日の夕飯?

もちろん、「うな重」です!???

 

よね、母ちゃん。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月18日  決行!

予定通り決行しました。

朝の雨も上がり、日中は曇り空では

ありましたが、なんとか作業はできました。

 

I様邸の上棟です。

狭山市I様邸上棟

昨日は小学校の終業式だったんですかね。

女の子の1人が現場の前で立ち止まり、

「えっ!」って、

どうしたのかな、と思ったら、

「もう、こんなにできちゃった」

 

確かにそうですよね。

大人でも言いますから。

「1日でこんなに進むんですか」ってね。

 

上の写真は、

昼前の様子です。

 

狭山市I様邸上棟

午後からは、2階の柱がスタート。

1階に「TKパネル」も入りましたね。

 

屋根のタルキまで進み、今日の作業は終了です。

養生

全面をブルーシートで養生。

雨が降っても大丈夫。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

7月17日  んー・・・・

日は1階の床下の工事をご紹介しましょうか。

 

基礎工事が完了すると、大工さんが現場に入ります。

基礎が終わると「上棟」ですが、

その前にやることがありまして、

それが、1階の床組みなんです。

 

床組み

基礎の上に柱を建てるための土台が敷かれます。

建物の外周に見える青いモノは?

「断熱材」です。

 

基礎断熱材

ウチは「基礎断熱」を採用してます。

と言いますか、今年から「基礎断熱」にしました。

 

基礎断熱発泡ウレタン

仕上げは、

基礎と土台の間に「発泡ウレタン」を吹き付けて完了。

気密性を高めるためです。

 

この後、1階の床板が張られたら上棟の準備OK

 

今日がI様邸の上棟なんですが・・・・

んー

微妙な空模様でして・・・・・・・・・・

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月16日  大量補充しました

少し前に「めだか」の話したでしょ。

行きつけの店のTさんからもらった「めだか」

最初は10匹いたんですが、

毎日、1匹ずつ減っていって、

とうとう最後の2匹状態が続いてたんです。

 

おとといの夜、Tさんの店に食事に行って

「めだかをくれー!」って頼んだんです。

早速、昨日Tさんから

「めだかでーす」って届けてもらい、

大量に補充しました。

30匹位はいますね。

 

昨日は久しぶりに水槽の中が賑やか。

やっぱ、こうじゃなくちゃ。

見てて飽きないんですよ。

赤い目やスケルトン、生まれたばかりのめだか。

色々です。

 

餌をやっても食いっぷりがいい。

2匹の時とは大違い。

あっという間になくなって。

 

家に帰ったら、まずは「めだか」

しばらく、そんなパターンが続きそうです。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月15日  いよいよ夏

強い、強い。

長谷川と巨人。

 

1回で終わっちゃいましたね。

これで9度の防衛に成功。

世界のボクシングをずーっと見てますが、

正に世界レベルの戦いですよ。

アジアでは、フィリピンの「マニー・パッキャオ」が

超有名な選手なんですが、長谷川も負けてませんね。

次はダルチニアンと戦うんじゃないか、って噂も。

実現したらスゴイですよ。

今の長谷川にはバンタム級じゃ敵なし状態ですね。

 

 

巨人も調子いいね〜

何十年ぶりかな、

こんな気楽に楽しく野球が見れるのって。

負けてても“余裕”って感じでね。

それと若いのが次々に出てきてるでしょ。

それもいいね〜

 

梅雨が明けて、高校野球の予選も始まり、

いよいよ夏本番ですよ。

あさってはI様邸の上棟です。

もう雨の心配はないでしょう。

これからは熱中症に気をつけての作業です。

 

今朝、小林大工が大きなマスクして出社。

「おい、どうしたよ」

「風邪でーす」

この暑いのに風邪?

みなさんも夏風邪にご用心。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月14日  地盤補強工事

地盤補強工事の1つに「鋼管杭」があります。

字のごとく、鉄の杭を固い地層まで打ち込んで

家の荷重を受け止める工法です。

 

地盤補強工事

上の写真が鋼管杭。

今回は長さ4.5Mです。

本数は全部で30本。

 

鋼管杭

固い層まで杭が打ち込まれました。

次は、高さを揃えます。

 

鋼管杭

基礎コンクリートの高さに合わせてカットします。

この後、蓋をして完了です。

 

地盤補強工事

杭に鉄の蓋を溶接しています。

 

地盤補強工事は予定外の工事ですし、出費となります。

でも、長く安心して住むためには仕方ありませんね。

これから家を建てる方は頭の片隅に「地盤補強工事」って

言葉を覚えといてください。

必要かどうかは地盤調査の結果次第なんで、

見た目では判断できないのが難しいとこですが・・・・

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月13日  悪しき慣習はやめましょう

青梅市のS様邸が完成です。

思い出せば、今年の1月

「リフォームを考えてるんですが・・・」

これがきっかけでした。

 

早6ヶ月ですか。

こうして終わってみると

アッという間なんですね、いつものことながら。

 

 

それにしても、

今年の前半はひどい事件がありましたよね。

「富士ハウス」と「アーバンエステート」

日曜日のテレビ番組でも何度か特集やってました。

お金を払ったのに家を建ててもらえない。

会社が倒産したら国も監督・指導の管轄外。

ひどい話です。

倒産するのがわかっててお客様から集金してたこと。

中には倒産した日にお金を振り込んでた人も。

 

本来、「工事請負契約」ってお互いの信頼関係の上に

成り立つものだと思います。

そして、昔は成り立ってた。

それが、今は信頼関係ってものが無くなってきてるんですかね。

人間関係が希薄になったというのか、

精神論より、現実重視というのか、

上手く言えませんが、時代の変化なんでしょうか。

 

いやいや、それだけではない気がします。

昔は「建築屋」っていわれる人が多かったんですが、

今は「住宅会社」が増えてきました。

 

若い頃から建築に携わって、知識や技術を学んだ人が

経験を積んでいって看板をあげる。

そんな「建築屋」が家を建ててたはずなんです。

それが今では、建築をまるで知らない異業種からの

参入者が増えて、家造りを金儲けの手段としてる人。

 

チョッと言い過ぎかもしれませんが、

現実に、そう言われても仕方ないような事件が次々と

起こっています。

家を建てることって、「命懸け」の行為です。

強制的に生命保険に加入させられてローンを組むんですから。

「死んでも返せ!」ってことです。

 

それに対して、造り手は「覚悟」を持って臨むべき。

「俺に任せろ!絶対にいい家を造ってやるから」

棟梁には、そんなプライドがあったんだと思います。

お客様は、その覚悟を感じて棟梁に仕事を任せる。

「信頼関係」ってものですね。

 

まだまだ不況は続きそうです。

今後も同じような事件が起こらないとは限りません。

会社ってトップの考え方や進むべき道へ向かって

動くものです。

ですから、トップの人は「考え」や「方針」を

外に向かって発するべきじゃないでしょうか。

規模の大小は関係ありません。

お客様ってトップの声を聞きたいんじゃないの。

営業マンや社員だけとの話じゃなく、

社長の話が聞きたいはずです。

 

自分たちの家造りを安心して任せられる会社なのかどうか。

「信頼関係」が築ける会社なのかどうか。

 

「施主」になるはずだった人が、

詐欺にあった「被害者」になることは

絶対に避けなければなりません。

 

我々、造り手は今までの悪しき慣習を改めるべし。

まずは、

「契約金」

ダメ、ダメ

契約の時にお金をいただくのはやめましょう!

信頼できるお客様と契約したなら簡単にできることです。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月12日  内緒にしてたのは

やりました!

できました!

この前、「内緒でーす」って言ってたのは、

あきる野市のM様邸の上棟でした。

あきる野市M様邸上棟

 

左上から

田畑(ウチの大工若手1)

小林(ウチの大食漢1)

小山(金物屋さん、今日は応援です)

左下から

杉本(ウチのスーパー弥ちゃん)

藤野(ウチのお茶目な長老)

阪口(電気屋さん、応援です)

尾作(ウチの監督さん)

 

まずは最初の梁が組まれた所です。

 

やっぱり、この時期は雨が心配だったんです。

土曜日でしたので、M様も仕事が休みで見学できるし、

雨でスライドしたら現場を見ることができない。

暑すぎることもなく、ちょうどいい天気でした。

お天道様、ありがとうございました。

 

あきる野市M様邸上棟

 

お陰様で、1層目の屋根と1階のTKパネルまで進みました。

順調に予定通りの作業ができました。

 

バルコニーがないでしょ。

2階に大きなウッドデッキが付くんです。

工事の進捗状況はHPで紹介します。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月11日  夏はやっぱり

夏といえば「祭り」

先日、隣の保育園でやってました。

お祭り

 

が、

この後、降ってきちゃったんです。

残念ですが、この時期は仕方ないというか・・・

 

夏に見られるこういう風景って、

やっぱりいいもんじゃないですか。

 

私の田舎にも祭りがあります。

「山車」を引っ張って市内を廻るんですが、

これが、また壮大なスケールなんです。

東京でいう「山車」とは姿・形が大違い。

とにかく「デカイ!」

 

祭りに出る人は学校を休んでよかったんです。

朝、出席だけとって

「さよーなら!」って帰るんです。

楽しかったですね。

各町内でそれぞれ山車を出しますんで、

全部で20台以上がつながるんですよ。

見事なもんでしたよ。

 

 

お祭り

 

でも今では・・・・

 

過疎化が進み、少子化で子供も減って

私の町内では、もう何年も前からやめてます。

寂しいなー

 

みなさーん、

夏の東北は有名な祭りがたくさんありますので、

 

是非、1度はご覧あれ!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月10日  内緒にしときます

週末の雨マークが消えてた。

毎日、週末の天気が気になって

テレビ・インターネット・携帯の

天気予報を見てたんです。

 

昨日まで出てた雨マークが、

今朝、消えてたんで「ホッ」と。

 

何があるのかって。

夏でしょ、

海に遊びに行こうと思ってて。

雨降りじゃせっかくの海も台無し。

 

そんな計画の人もいるでしょうね。

 

 

しかし、しかし、私の場合は、

いつもの通り、「仕事」のため。

 

雨じゃ困る、できなくなる仕事が

控えてるんですよ。

 

具体的には・・・・・・

 

週明けに報告しようと思ってます。

 

というのも、

私「雨男」でしょ。

口に出すと必ずと言っていいくらい

 

“雨”

 

これ、今までの統計ではね。

 

さあ、何すんだか。

今日のとこは内緒にさせてください。

 

 

うちのチビも今週末が正念場らしい。

部活です。

カミさんが応援団長やってます。

1日でも長く部活ができること。

それを願ってます。

 

そのためには、勝たねば!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月9日  We are the World

今度の日曜日は「都議選」ですね。

日曜日、行けない訳じゃないけど、

期日前投票っての行こうかなと思ってます。

今まで行ったことないんで、どんなかなと。

 

都議選が終わると衆議院選でしょ。

でも、あきれちゃいます。

国会議員の先生方がタレントさんに

「応援、お願いー」ですからね。

 

こんなんじゃ、投票するのもバカバカしいと

思って棄権する人が増えたりしませんかね。

 

 

話題を変えて、

「We Are The World」

いい曲だね〜

大好きな曲でよーく覚えてます。

私が上京して2年目に大ヒットした曲です。

毎日、聴いてました。

 

昨日のテレビでやっててねー

それで思い出したんです。

ブルース・スプリングスティーンと

シンディ・ローパーのとこが個人的に

好きなところ。

「Born in the USA」 (スペルは自信なし)

これもよく聴いてました。

あのシャガレ声というかダミ声というかが

いいんですよ。

 

実は、昨日聴きまくってました。

繰り返し、繰り返し・・・・・

10回、15回、20回

「仕事ですか?」

もちろん、やってましたよ。

聴きながらですが。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月8日  IHも火の用心

最近、人気のIHクッキングヒーター。

ウチのお客様も採用される方が増えてます。

 

掃除が楽というのと、

火を使わないので安全性が高い、

というのが人気の秘密らしいです。

 

が、「安全」に反して事故が増加してるとか。

ここ2年間で23件の火災が起きています。

そのうち9割が「人的ミス」によるもの。

1)IH用の鍋を使用していない

2)調理に使う油の量が少ない

3)モード操作の誤り

4)その場を離れる

 

特に、鍋の選択にはご注意。

IHは磁力で鍋を発熱させるため、

鍋底が丸いものはプレートとの間に

隙間ができて、内蔵の温度センサーが

実際よりも温度を低くとらえ、設定温度

以上に加熱させることがあるそうです。

 

また、節約のため油の量を少なくすると

油の温度が数分で発火点まで達してしまい

廻りの物に引火してしまう恐れもある。

 

IH用の底が平らな鍋。

油の量は適量を(鍋にラインが入ってます)。

 

「便利で安全」は確かですが、

過信しないでお使いください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月7日  久しぶりの「外断熱」

あきる野市のT様邸。

もう住んでいなかった古い家を取り壊して建替えです。

あきる野市T様邸

 

解体工事が終わり、更地になりました。

あきる野市T様邸

 

T様邸は久しぶりの「外断熱」なんです。

 

ウチが外断熱の家を始めたのは、

そうですね〜

5年前ですかね。

当時はかなりマイナーな存在で、

これからは「外断熱の家」が増えるんだろうなー

って思ったものでした。

が、しかし、

今はどうかといいますと、

そうでもないですね。

「外断熱の家」を始めたハウスメーカーもいますが、

倒産したハウスメーカーもいたりで、5年前とさほど

変わってないような気がします。

 

「外断熱」って言葉を知ってる人は、

「外断熱の家」にどんなイメージを持ってるんでしょうか。

 

「断熱性に優れている」

こういうイメージがトップじゃないでしょうか。

確かに断熱性能は高いです。

「高い」って何と比較して高いかですが、

昔から変わらない建て方をしてる「在来工法」と

比べてみて、と思っていただいて結構です。

 

あとは、

「気密性が高い」

これは意外と少ないでしょうね。

外断熱だとどうして気密性が高いかは、

話すと長くなりそうなので、ここでは省略させてもらいます。

ウチで造る「外断熱の家」

気密性がバカみたいに凄いんです。

ただ断熱材を外側に張ってる「なんちゃって外断熱」とは大違い。

 

最後に、

「長持ちする家」

ここもアピールポイント。

どんな工法で、どんな材料を使っても

家って“経年劣化”します。

大事なのは、その劣化をどれだけ小さくすることができるか。

新築した時はみんなそれなりにいい家です。

地震に対しても、断熱に関しても。

でもね、10年経った時の性能は?

20年経った時の性能は?

大事なことですよ。

ウチで造る「外断熱の家」

長持ちするんです。

経年劣化が小さい。

そういう造り方をしてますから。

 

 

おーっと、

誤解のないように一言。

ウチの主力商品である「TKパネルの家」

これも「外断熱」と変わらぬ性能です。

そんなんで、お客様からの質問でいつも困るのが、

「木村さんは、どっちをお薦めですか?」

んー・・・・って感じ。

 

設計と現場上りの私がずーっとこだわってきた部分。

●耐震

●断熱

●気密

●長寿命

 

それと「いいモノを安く」

TKパネルも外断熱も同じ価格でやってまーす。

 

「こだわり」は自信があります。

他には負けません。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月6日  アメリカから

いとこの和ちゃんとミクが遊びに来ました。

旦那のクリスはアメリカで留守番。

従兄弟

右から2番目が娘のミク。

普通に日本語を話します。

アメリカではもちろん英語ばかりなんですが、

日本にくるとちゃんと日本語を話すんですって。

たいしたもんだ。

 

クリスは軍人さんで転勤族。

2年前に来た時は「アリゾナへ引っ越し」だったんですが、

今回は「ワシントンDCへ引っ越し」ですって。

あの“ペンタゴン”に勤務らしい。

 

花火

私のおもてなしは“花火”で締めです。

 

お先に、

goo・goo・goo・・・・・・・・

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月5日  ここが勝負です

昨日までの話とはガラッと変えましょうか。

5日間も同じテーマで話しましたから

嫌になった人がいたかと思いまして・・・

もっともっとファンを増やしたいんで

当たり障りない話題で・・・・

そんなことできる訳ない!

何せ、不器用なもんですから。

 

とにかく話題をガラッと変えて、

昨日はチビの仲間と一緒に夕食しました。

部活の後輩たちです。

ここで都大会、関東大会の出場が決まる

大事な時期だそうなんです。

顧問の先生も交えてみんなで”焼肉ディナー”

一応、一応ですよ、琴音がキャプテン張ってるんです。

 

「琴音先輩」

 

「琴音先輩」

 

「琴音先輩」

 

いや〜、そんな声がみんなからかかるんですよ。

一応、キャプテンですから。

ウチではチビのくせにね。

でも、みんないい仲間。

いい顔してました。

来週の戦いに向けて、いい顔してたね。

来週は大事な大会。

来週の結果で決まるみたいです。

 

「負けるなよ!琴音!!!!!!!!」

 

「気合だ!」

 

「気持ちで負けるな!」

 

木村家はこんな応援の仕方です。

プレッシャーガンガン。

姉ちゃんの千鶴もそうでした。

いや、もっと凄かったかな、プレッシャーのかけ方は。

そういう意味では琴音は幸せかも?

 

それとね、

10人の部員と一緒にいる琴音を見てて反省。

外では「チビ」じゃないんだな。

「琴音先輩」って呼んでもらえるまで成長したんだって。

来週の大会、応援行きたくなった親父です。

琴音っていうか、この仲間、応援したいです。

「仲間」っていいねー

楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、

何でも分かち合える。

終わらせたくないなー、この仲間たち。

最後まで勝ち残れ!

都大会、関東大会、全国大会。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月4日  注文と建売の違いは?・・・・5

注文と建売の違い・・・・最終回にします

 

昨日まで4日間にわたり、「注文」と「建売」の違いを

話してきましたが、何を1番わかってほしかったかというと

 

「注文は高くて自分たちには無理」

 

と、決めつけてほしくないことです。

 

食品や日用品などデフレで価格が軒並み安くなってますよね。

住宅業界も決して例外ではありません。

私が社会人になった24年前は高かったですよ。

木造住宅で「坪単価70万円」なんてのも珍しくなかったです。

まあ、バブルだったということも一因でしたが。

今と当時と1番変わったのは「どんぶり勘定」ですかね。

当時は「坪5万円高くすれば、いい材料を使えるよ」

平気でそんなことを言う工務店がありましたね。

一体、何の根拠があって「坪5万円」なんだよ。

今の時代にそんなバカなことを言ってたら周りから「総スカン」ですよ。

実際に「総スカン」にあって消えていった人たちがたくさんいます。

 

それでも、まだまだ悪い奴らがいるんです。

「注文住宅」ってことでお客様から高いお金を取ってるのが。

 

普通に考えればこうだと思います。

「その家に使われるものにはお金を払ってもらう」

しかし、「使われないものがあればお金は返してあげる」

これって変ですか?

当たり前のことでしょ。

 

この当たり前をやらない会社が多すぎるんです。

意味のわからない変なシステムを作って“騙す”、みたいなね。

 

「元々、標準仕様に組み込まれているものですから

要らないといわれても減額はできないんですよ」

 

これウソですよ。

「じゃ、仕入れた商品を見せてみろ!」って言いたくなりません?

 

それと、”オプション”とか”アレンジ”っていう標準外の仕様に

なった場合の追加金額が異常に高いのもあります。

「それって、定価じゃないですか?」みたいな。

「企画料が追加です」・・・・意味不明。

追加工事で利益を上げるやり方。

ローコストを売りにしてる会社に多いみたいです。

入り口は安く、出口は高く。

私は「振り向き坪単価」って呼んでます。

「坪25万円で建てられます」って聞いたら

「えっ!」って振り向いちゃいませんか。

 

ウチは坪単価の中に「和室」の費用が含まれてます。

お客様から「ウチ、和室は要らない」って言われれば

見積金額から25万円をマイナスしてます。

最近、多いんですよね。

「和室は要らない」って言う方が。

マイナスする理由は、

そうですよー

使わない材料分をお返しするためです。

各部屋に収納を標準で付けてますが、要らなければ

収納の費用をお返しします。

「部屋の収納は追加になります」って会社があるそうです。

収納が追加?・・・・・・変です。

 

見積って増えるばかりじゃないんですよ。

減る見積だってあるはずですよね。

ウチの見積の標準外工事は「アレンジ工事」っていいます。

今年の2月に契約した方にいましたよ。

「アレンジ工事」の合計がマイナスになった人。

こういうマイナスになるのも見積なんです。

 

これからマイホームを持とうとお考えの方。

「自分たちには注文住宅はムリだ」なんて

最初から決めつめるのは絶対にダメですよ。

どこの町にも正直で良心的な、そしてしっかりとした

技術を持った住宅会社が存在してます。

ただ、そういう会社は世の中に対して“発信”する力を

持ってないところが多いんです。

要は「営業下手」なんですね。

 

職人もそうですよ。

口の達者な人ほど腕はたいしたことなかったり、

逆に無口で無愛想な職人はすごいいい腕をしてる。

そんな感じに似てるかもね。

 

自分たちの依頼先を決めるのはホント難しいこと

かもしれません。

けど、あせらずに根気よく探すこと。

最初が肝心なんです。

目で見て、耳で聞き、手で触る。

必ず実践してください。

 

そして、

「あれ?」

「どうして?」

疑問に感じたことは質問する。

自分の中で無理やり納得しちゃダメ。

みなさんの常識の方が正しい事だって

たくさんあるんですから。

 

「住宅業界の常識は非常識」みたいなとこ、

結構たくさんありますから。

 

今日まで5日間にわたり話してきましたが、

今回はこれで終わりにします。

「今回は」ってことは、またやりますからね。

飽きずにお付き合いください。

こんな話をする時って、何か「きっかけ」が

あるんですね。

その「きっかけ」が住宅業界の“反逆児魂”を

燃えさせるんですよ。

黙っていられない!

声に出さなくちゃいけない!

 

今回もだいぶ業界内に“敵”を作ってしまったと

思いますが、しょうがないですね。

 

悩みや質問がある人は遠慮なく私まで

聞きに来て下さい。

 

 

ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月3日  注文と建売の違いは?・・・・4

注文と建売の違い・・・・第4日目

 

「売地」と「建築条件付き売地」

どちらも土地を販売するんですが、

「建築条件付き売地」は字の通り、

建物を建てる会社が売主から指定される土地です。

ですから、その土地が気に入って買うと、

もれなく建築業者まで付いてくるというもの。

 

なんか大きなお世話って感じがしませんか。

どうして土地に建築業者までくっついてくるのか。

そんな「建築条件付き売地」に建てられる家を

「建売」と呼んでます。

最初から家の大きさ(基本プラン)と価格が決められています。

大きさは28坪前後、価格は坪単価55万円前後。

相場はこんなもんでしょう。

28坪×55万円=1540万円になります。

「ここはこうしたい、ああしたい」なんて言わない価格ですよ。

完成するまで“じっと待ってる家の価格”ってとこかな。

安いと思いますか?

 

一方、「売地」を購入した場合、

建築業者は自分で選ぶことができます。

大手ハウスメーカーやローコストメーカー、

地元の工務店、などなど。

自分たちで選んだ住宅会社に建ててもらう家が

「注文住宅」としましょうか、とりあえず。

「ここはこうしたい、ああしたい」と言っても

28坪×55万円=1540万円で建ちますね。

 

大手さんは別ですが。

 

同じ大きさで同じ価格です。

さあ、「建売は安くて、注文は高い」

違うってことがわかりましたか?

 

じゃ、違いは何か?

ですよね。

「建売」はじっと我慢して建ててもらう家。

「注文」は一緒に悩み考えて建ててもらう家。

一緒に造るのが「注文住宅」だと、

私は思ってます。

 

ですから、契約する前よりも

契約した後の方が、打ち合わせが楽しいんですよ。

 

 

明日も続きをやりましょう。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月2日  注文と建売の違いは?・・・・3

注文と建売の違い・・・・第3日目

 

週末になると新聞折込チラシには不動産屋さんや

住宅会社のチラシが入ってきますね。

 

そのチラシについてですが、

先日、ある住宅会社のチラシを見て「あれっ?」って

思ったことがありました。

チラシには「お客様の声」が載ってたんですね。

家族みんなの写真とコメントがあったんですが、

なんと、私の知っている人だったんです!

 

前にウチにも相談に来てた人でした。

土地から探してた方で、残念ながら私がいい土地を

紹介できなかったんでねー

建物はすごく気に入ってもらってたんで残念でしたが。

 

コメントを見ると、

「青梅市在住 ○○様」

 

「えー!名前が違う!」

これってどういうことでしょ。

書いてある内容も???

Kさんがこんなことホントに言ったの?

奥様と話す機会があって、相談を受けたことがあったんです。

 

「TKさんで標準に使ってるものを希望すると、

どれも追加になっちゃうんですよ」

 

「そうなんですか。でも、あの会社の広告では

標準仕様って書いてませんでしたか」

 

「そうなんですが、私たちの予算では標準には

入ってないんですって」

 

希望が叶わずに建てた人のコメントじゃなかったな。

 

 

それと、最近のチラシを見てると、どこも似たような

言葉を使ってるような気がするんです。

 

例えば、

「売り込みはしません!」とか「営業はしません!」

私なんか、「ホントかよ?」って疑問ですよ。

営業マンを雇ってる会社が「営業しません」って

言ってるんだからおかしいでしょ。

 

何が言いたいかというと、広告には“ウソ”がある、

ということを知ってほしかったんです。

「お客様の声」って、これから家を建てる人には

参考になるものだと思います。

だからこそ、ホントの声じゃなきゃダメなんです。

 

多くの会社は契約した時に、お客様からコメントを

もらって「お客様の声」にしてます。

契約した時のお客様の気持ちは最高潮でしょ。

嬉しいことばっかり言いますよ。

もちろん自分が選んだ会社のことを褒めまくります。

でも、それはホントの声じゃないと思うんです。

 

ウチも「お客様の声」はいただいてますが、

契約したときはコメントをいただきません。

じゃ、いつかというと、家が完成したときです。

初めての出会いから家が完成するまでって、

長―い時間がかかるんで、長―い付き合いになります。

お互いに相手のことがよーくわかってくるでしょ。

 

契約までの対応と契約してからの対応。

現場が始まってからの対応。

完成するまでのいろいろ。

全部見てもらってからコメントをいただくようにしてるんです。

その方がホントの声が聞けるんじゃないかって。

 

「お客様の声」をいただく理由は2つあって、

1つは、これから家を建てる人の参考にしてもらうため。

もう1つは、自分たちに足りないとこを教えてもらうため。

だから、いいこと悪いこと全て言ってもらわないとね。

会社のイメージが先行しちゃう「お客様の声」は無意味!

 

私のチラシ、見たことありますか。

あれ、全部自分で作ってるんです。

私のことを知ってる人なら、言われなくてもわかるでしょ。

文法が今イチだし、書いてあることがストレート過ぎたり、

同じことを何回も言ってますしね。

何年も何年も同じこと言ってますから

あちこちで笑われてるかもしれないですね。

 

でもね、それが私なんです。

TKプランニングの家造りなんです。

それを正直に飾らずに書いているだけ。

決して、万人に好かれようなんて思って書いてません。

私がどんな人間で、どんな考えで家造りをしてるのかを

知ってほしいだけ。

だから、私のチラシにはウソはありません。

「営業しない!」ってウチも書きますがホントのことです。

ウチには営業マンはいないし、私もやることが多くて

営業してる時間がないんです。

 

”チラシのウソを見抜く方法”

知りたい人はいますか。

教えますけど、残念ながらここでは教えられません。

「本気でいい家を手に入れたいんだ!」

って人だけに教えますから、そういう方は私までお尋ねください。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月1日  注文と建売の違いは?・・・・2

注文と建売の違い・・・第2日目でーす

 

こんな話を聞いたことがあります。

「標準仕様に付いている物を外しても減額はできません」

これっておかしくないですか。

 

例えば、

4LDKで和室が1室の標準プラン。

お客様から「和室は要らない」と言われれば、

障子や襖、畳の費用がかかりませんよね。

だったら、その分安くなるのが普通じゃないですか。

 

でも、「和室は標準なのでなくなっても減額はないです」

 

シャッター付のサッシが標準で付いてた場合、

「シャッターは要らない」と言っても、

「標準ですから・・・」で、やはり減額なし。

 

「外壁のサイディングを2色で張り分けたい」

何て言われるでしょう。

「2色でしたら追加金額が発生しますが・・・」

 

どれもこれもおかしいでしょ。

でも、現実にこんなバカなことが行われてます。

 

「注文住宅」っていうブランドを利用して、

お客様からいかにして沢山のお金を払って

もらおうかとやっているとしか思えません。

だから注文住宅は高いって言われるんですかね。

 

お客様が「おかしいな?」と思っても我慢しちゃう

理由の1つがこれだそうです。

「あまり細かいことを言って工事の手抜きをされるのが怖い」

そんな訳で”我慢”

 

絶対におかしいし、間違ってます。

今は、故意に手抜きする会社は少ないと思います。

というか、絶対にあってほしくないです。

ただ、知らないがために結果的に手抜きになっている

事はあるでしょう。

 

「この客はうるさいことを言うから手抜きしてやれ!」

そんなバカはいないと信じてます。

「おかしいな?」って疑問に思ったことは堂々と言うべき。

 

“標準仕様”はあるべきだと思います。

もちろんウチにもあります。

お客様が比較検討する1つの材料になりますから。

 

でもね、標準仕様のそれぞれの商品は建てる家に

使われてはじめて費用が発生するもの。

標準仕様にあっても、お客様が「要らない」と言ったら

お金はかからないんだから減額するのは当たり前のこと。

お客様が「欲しい」と言って付けた物のお金は頂く。

お客様が「要らない」と言って外した物のお金は返す。

小学生でもわかるようなことなんですが・・・・

 

お恥ずかしい限りです。

住宅業界の中にはにはこんな当たり前の常識も持ってない

人たちが大勢いるんです。

「注文住宅」って言葉。

ブランドでも何でもないんですよ。

家を建てるときに注文をつけるのは当たり前のことでしょ。

「注文」って言葉に騙されないこと。

「注文したんだから高くなるのは仕方ない」じゃなく、

いろいろと注文して建ててもらうのは当たり前のことなんです。

だって、一生に1回の大きな買い物なんですから。

 

 

明日も続きをやりましょうか。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「失敗しない土地選びの秘訣・無料メールセミナー」(1日1回、全10回)を
ご用意しております。土地の事でお悩みの方は今すぐ、下記の専用申込み
フォームより必要事項ご記入の上、お申し込みください。

(無料)登録フォームはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1月コラム 2月コラム 3月コラム 4月コラム 5月コラム 6月コラム
8月コラム 9月コラム 10月コラム 11月コラム 12月コラム
2008年バックナンバー 2010年コラムへ



TKプランニング