木造注文住宅の東京都工務店TKプランニング社長・木村智行の家造りコラムです
社長コラム
ホーム > 会社案内 > 社長コラム2008年4月

社長コラム 2008年4月-

TKプランニングの社長・木村智行によるコラムです。
1月コラム 2月コラム 3月コラム 5月コラム 6月コラム
7月コラム 8月コラム 9月コラム 10月コラム 11月コラム 12月コラム
2009年コラムへ 2010年コラムへ

4月30日 土地の引渡しです

今年の連休は晴れが続くようですね。
最高気温も25℃前後ですって。
気持ちいいね〜。
 
 
今日で4月も終わりです。
今年は雨が多かったです。
現場がだいぶずれ込みましたから、
まあ、工程に余裕を持っていたので
工事の遅れはありませんでしたが。
 
4月の最後の日。
今日は土地の引渡しがあります。
あきる野市で土地を購入したK様。
 
土地の引渡しってどうやるか知ってますか?
売主と買主が現地に集まって、引渡しです。
なんてことはやりません。
 
銀行でやるんですよ。
買主が住宅ローンを利用する銀行に、
売主・買主・司法書士の先生が集合。
あと、不動産の仲介業者さん。
 
司法書士が書類の確認をします。
所有権移転、抵当権設定の手続きに不備が無いか。
司法書士のOKが出れば融資が実行されます。
買主から売主へ土地代金の支払い。
 
これが土地の引渡しになります。
私ですか?
私は建築屋ですから、土地の引渡しには
いなくてもいい人間なんですが・・・
でも、いつも同席します。
 
「どうして?」って。
そりゃ、当たり前ですよ。
土地を紹介した責任がありますから。
何でもそうでしょ。
「紹介」って責任ありますからね。
そんな訳で、
今日は土地の引渡しに行ってきます。

4月29日 車の中、危険ですよ

昨日の朝刊からです。
 
炎天下に車内に残された子供が亡くなる事故。
毎年ありますね。
でも、春先から初夏でも危険なんですって!
JAFの実験で、
外気温23℃でも車内の温度は50℃近くまで
上昇し、ダッシュボードは70℃にもなることが
分かったそうです。
 
怖いですよ〜
「春先だから大丈夫。」なんて危険です。
ゴールデンウィークがスタートしました。
楽しい行楽を送るためにも車内に子供を
残すのは絶対にやめましょう。
 
今日の私の予定ですが、
午前中に打ち合わせが1件。
昼から現場確認。
基礎工事中の現場で鉄筋の確認ですね。
それが終わってから打ち合わせが1件。
 
昨日、打合せをしたH様。
なんと、GW明けから着工するY様と
知り合いだったそうです。
奥様同士が同じ職場で。
 
「えー!ホントですか。」
 
ビックリです。
世の中、狭いですね〜

4月28日 さあ、明日からGWです

昨日は失礼しました。
午前中は辛かったです。
「ほどほど」っていうのが、
なかなかできなくてですね・・・
 
昨晩は「休肝日」にしたので
朝から絶好調です。
「絶好調」だなんて、古いね〜。
 
久しぶりに巨人の試合も見ました。
伝統の1戦 「VS阪神」でしたね。
いい試合でした。
結果は残念なサヨナラ負けでしたが、
大人になりましたよ。
いたって冷静に静かに見れましたから。
カミさんや娘からは
「飲みすぎて疲れているから?」
なんて言われましたけど。
そうじゃないんですよ。
前みたいに熱くなれないんですよ。
巨人に対する愛情が薄れちゃったかな?
 
というわけで、
明日からゴールデンウィークのようですね。
皆さん、休みはカレンダー通りですか?
 
ウチですか?
すいません、お休みにさせていただきます。
4月29日 〜 5月6日まで
8連休です!
ウチは普段、交代制で休みを取っていますから
会社は定休日ナシです。
一斉に休みにするのは、
年末年始とGWなんです。
夏休みは交代で取りますので、
会社は営業しております。
 
連休中の予定なんですが・・・
そうですね〜。
カミさんと、どっか美味いモンでも食べに
行こうかな、と
東京ドームへ巨人を応援に行こうかな、と
友達を家に呼んでバーベキューをやろうかな、と
娘の買い物に付いて行く、くらいですかね。
 
そんなんで、明日から
「社長コラム」と「社員ブログ」は休ませていただきます。
 
「ウソー!社長さんは休まないでしょ。」
 
気のせいでしょうか。
そんな声が聞こえるんですよ。
そうか、こんな私のコラムでも楽しみに
している方が大勢(?)いるのならやりましょう。
 
訂正します。
「社長コラム」は休みません。
皆さんが休んでいても休みません。
時代遅れの仕事人間なもので・・・
 
楽しい休日を送ってください。
黄金の週間なんですから。

4月27日 飲んで食べて騒いで

昨日はTK会の親睦会でした。
毎年やってます。
いや〜
飲みすぎました。
がっちり二日酔いですね。
 
まあ、それだけ楽しかったということ。
親睦会の様子は近日中にHPで公開
されると思います。
 
それでは今日はこれで失礼します。
すいません・・・・

4月26日 パインとガルバ

外断熱のY様邸にパインの床材が張られています。
パイン床材
 
柔らかな暖かみがあります。
無垢の床材は作られていない自然の美しさもいいです。
ただ、施工は手間がかかるんです。
まあ、「いい物」って、そういうもんですから・・・
 
 
外壁はガルスパンサイディングです。
色はシルバーとブルーの2色。
ゴールデンウィーク明けにはお披露目できそうです。
ガルスパンサイディング
 
性能は既に実証済みです。
C値 = 0.18 ですから!
 
話は変わりますが、今日は「花見」で〜す。
桜はもう終わり・・・ですが、
TK会(協力業者)の親睦会ってとこですかね。
毎年、この時期にやってるんですよ。
スタートはPM1:00
場所は、軍畑の方だったかな?

4月25日 青森県民は短寿命!?

厚生労働省が全国市区町村別の
平均寿命を公表しました。
 
男性の第1位は → 横浜市青葉区(81.7歳)
 
女性の第1位は → 沖縄県北中城村(89.3歳)
 
いや〜、長生きしてますね。
 
一方で、ワースト10も公表されてます。
 
男性のワースト1は → 大阪市西成区(73.1歳)
その他を見ると、なんとワースト10に
青森県の市町村が7つも入っています。
 
第2 ・ 3 ・ 4 ・ 6 ・ 7 ・ 8 ・ 9位
 
青森県の男性は寿命が短い?
気候のせい?
食生活のせい?
酒の飲み過ぎ?
遺伝?
 
でも、短いと言っても75.2歳ですって。
十分長いですね。
私の寿命は、あと32年?
 
女性のワースト1は?
意外ですよ。
東京都奥多摩町(82.8歳)なんですって。

4月24日 元上司のお宅なんです

ウチの屋根工事を担当している柴田さんは
元サラリーマン。
この業界では珍しい経歴の持ち主です。
 
柴田さんです ↓↓↓
柴田さん
 
青梅市で施工中のK様邸 ↓↓↓
青梅市K様邸
 
実は、K様は柴田さんが勤めていた会社の
上司だったんです。
 
偶然です。
 
本人も驚き!
 
世の中ってホント狭いですね〜。
悪いことできませんよ。
 
でもね、
昔、お世話になった方の家造りに
携えるなんて幸せだと思いますよ。
 
”恩返し”、みたいな感じで。
柴田さん、いい仕事頼むよ!

4月23日 これ見たことありますか?

建築現場には会社名入りシートが
掛けられていますよね。
「○○建設で建ててるんだね。」って
誰が見てもわかるように。
 
あとは、工事看板もそうです。
もう1つあります。
会社がわかるものが。
外壁の下地に張る「透湿防水シート」です。
こんなヤツ ↓↓
透湿防水シート
 
透湿防水シート
 
わかります?
”TKプランニング” って書いてあるのが。
斜めに並べているのは、アルファベットの
”T” をイメージしてるんですよ。
一応、オリジナルです。
 
でも、このシートが顔を出している期間は
たった1〜2週間だけなんで、チョッと残念ですが。

4月22日 よその社長はエエこと言うな〜

テレビ東京の「カンブリア宮殿」
毎週見ています。
 
と言っても、生ではなく録画してです。
夜10時は辛い。
眠くてムリ。
 
あー、早寝がばれちゃった、ですね。
 
早起きして見てます。
今週は今までの出演者の名言集。
 
●関心があると見える
 
●1人がスゴイと言ってくれた方が価値がある
 
●ここは負けてもいい、というところを決めろ
 
●無視・称賛・非難
 
●組織はサンマと同じで頭から腐る
 
●3年後の自分から今を眺めて判断する
 
●事実の裏にある真実をつかめ
 
どれも含蓄のあるお言葉です。
 
ホント勉強になります。
組織はサンマ・・・ ですか。
社長はしっかりしなくちゃダメってことですね。
「気合」が入りました。
腐らないように頑張ります!

4月21日 売買契約の後は

昨日は土地の売買契約がありました。
青梅市のS様。
昨年8月の『家造り発表会』にご参加
いただいた方です。
 
土地の契約の後は、早速プラン打合せです。
土地の引渡し日は1ヵ月後の予定。
それまでに間取りと金額を決めて建物の
契約も済ませなければなりません。
結構ハードスケジュールなんです。
 
「何で、そんなに急がなくちゃいけないの?」
そんな質問にお答えします。
 
土地と建物の購入に当たっては、ほとんどの
方が住宅ローンをご利用になります。
 
でも、住宅ローンって土地だけの購入には
利用できないこと、ご存知ですか。
建物とセットで融資が実行されるんです。
ですから、正式な申し込みまでに、建物の
「請負契約書」も必要となります。
銀行によっては、請負契約書の他に、
確認済証の提出まで求めるところもあります。
 
 
だから、忙しいんです。
土地の契約には、住宅ローンの特約条項が
記載されます。
これは、住宅ローンの承認を条件として契約
するという条項です。
お客様は契約時に手付金を支払います。
もし、住宅ローンが組めなかった場合、契約は
履行されません。
払った手付金は?
その時は手付金を返還して契約を白紙に戻します。
契約は無かったことに・・・ってことです。
 
住宅ローンの特約条項には期限も明記されます。
通常は契約から2週間。
この間に住宅ローンの承認を得なければなりません。
ということは、間取りと金額が確定しなくちゃ
ならないんですよ。
ハードでしょ。
 
S様とは水曜日の夜、打合せです。
夢の実現へ向けて、1歩前進です。

4月20日 今日で14歳です

4月20日
愛娘、琴音の誕生日です。
もう14歳になったんだな〜。
 
前にも書きましたが、
私が独立したのは琴音が
誕生する5日前でした。
 
ですから、TKプランニングは
琴音と一緒に成長しているんです。
思い出します。
最初は自宅の1室で始めたんですよ。
もちろん、従業員なんていません。
私とカミさんの2人だけ。
カミさんは、琴音をおんぶして役所へ
行くことも、しょっちゅうでした。
 
私の実家は床屋なんですが、
親父が言ってました。
お袋は私をおんぶしながら、散髪
してたそうです。
親と同じことをしてたんだなあ〜。
 
 
そんな琴音も中学2年生。
背丈も伸びて、今はカミさんと
変わらないくらいです。
足はカミさんよりデカイです。
 
まあ、病気やケガなく健康に
育ってくれたのが1番です。
 
TKプランニングは、現在8名の
社員と、20社以上の協力会社と
共に仕事に励んでいます。
 
15年目の今年、
初心を忘れず!が、大切です。
もっと、もっと「お役に立てる」
会社を目指します。

4月19日 住宅ローンについて

建て替えや、土地と建物の購入、
いずれにしても大きなお金が必要です。
ほとんどの方が「住宅ローン」を
ご利用になります。
 
では「住宅ローン」について少しお話します。
「住宅ローン」には、
希望の金額が借りられるかどうか、
通常、2回の審査があります。
 
1回目は「事前審査」
個人情報の調査
年収に対する返済額の比率
物件の担保評価
などを審査します。
これらに問題が無ければ「仮承認」
 
「事前審査」が通れば
次は「本申し込み」となります。
本申し込みまでくれば、ほぼ借入は
OKです。
 
事前審査前に確認しておきたいのは、
他に借入があるかどうかです。
そうですね、車のローンやカードローンなど。
毎月支払っているローンがあると、
返済比率に影響します。
「返済比率」とは、年収に対する
年間の返済額の割合をいいます。
 
年収を500万円としましょう。
返済比率の上限は35%ですから、
500万円×35%=175万円
175万円÷12ヶ月=14.5万円
ボーナス払いナシで毎月の返済額が
14.5万円までなら「返済比率」はクリアです。
但し、この金額には車のローンなども
含まれますので、ご注意ください。
 
あと、事前審査で承認を得た金額から
増額して本申し込みをすることはできません。
資金計画に不明な点があるなら、
事前審査の段階で少し多めに借入金額を
申し込んでおいた方がいいでしょう。
本申し込みで減額することは可能です。
 
この2回の審査を通れば融資を受けられる。
いえ、もう1つ手続きが必要です。
 
「金銭消費貸借契約」
住宅ローンの契約のことです。
略して、金消(きんしょう)契約といいます。
金消契約が交わされて、ようやく融資が
実行されるのです。
 
おわかりになりましたか。
もう知っている方も多いと思いますが、
大事なことは、
いくらまで借りられるかではなく、
いくらまでなら無理なく返済できるか。

ですからね。
 
「○○様の年収でしたら4,000万円まで
借りることができますよ。」
なんてトークに惑わされないようにしてください。
 
 
今日は、これから「本申し込み」があるんです。
あきる野市のK様。
事前審査が通ったってことですね。

4月18日 20pの違い

家の標準的な天井高は2m40cmです。
マンションは別ですが、木造住宅では
一般的です。
 
現在、青梅市で施工中のI様邸は、
天井が高いんです。
2m60cm。
20pの違いですが、
実際に見るとかなり高く感じる。
 
青梅市I様邸
 
まだ柱や梁が見えている状態ですが、
壁、天井が張られたら、もっと天井の
高さを実感するんじゃないかな。
 
天井が高いのは気持ちがいいもんです。
でも、1階が高くなった分、2階は低くなって
しまいます。
理由は、北側斜線制限があるから。
家全体の高さを変えずに1、2階の高さを
設計しているので仕方ありません。
 
そこで、2階は天井を張らないことに。
梁を表し、屋根の勾配なりに吹抜として、
高さを確保しました。
 
青梅市I様邸
 
いい感じでしょ。
ただ、1つ悩みが・・・
照明器具、どうしようか悩んでいます。

4月17日 JIOの検査

JIO 聞いたことありますか?
建物の検査機関です。
結構、有名ですよね。
 
昨日、八王子市のN様邸で
JIOによる配筋検査がありました。
結果ですか。
もちろん『合格』です。
 
ウチは初めてJIOの検査を受けました。
どれくらい細かく検査するのか興味が
ありましたが・・・
 
まあまあ、細かくは見てもらいました。
N様邸は木造3階建てなので、いつもとは
少し配筋が違います。
違うといっても鉄筋の本数くらいですが。
 
検査官は元現場監督さん。
主にマンション等の鉄筋コンクリート造を
監督していたそうです。
1級建築士の資格も持っていました。
「私たちが望むのも一緒です。
いい建物ができればいいんです。」

格好イイねー。
いいこと言います。
正にその通り。
 
こうしてN様邸は次の工程へ進みます。
八王子市N様邸
 
でも、また雨模様のようです。
勘弁してくれ〜

4月16日 解体も打ち合わせも順調です

あきる野市菅生で解体工事が始まりました。
 
土地探しからスタートしたY様の現場です。
河辺町のM様邸を見学され、ウチの建物を
すごく気に入っていただき、土地探しからの
ご依頼を受けました。
希望は日当たりのいい広い土地。
 
難しい要望でしたが、見つけましたよ。 
ご紹介した土地は古屋付の50坪。
静かな住宅地で南道路ですから、
もちろん日当たり良好です。
 
この場所に34坪のこだわりの家が建ちます。
土地が広いから、カースペースと庭が十分
確保できます。
 
昨日は、着工前仕様打ち合わせを行ないました。
とてもスムーズに仕様が決まり、ほぼ予定通り
進みました。
 
久しぶりかな〜。
こんなにスムーズにいったのは・・・
仕様の中で「んー・・・・?」って悩んじゃうのは
外壁なんです。
ほとんどの方がそうです。
1回の打合せでは決まりません。
それが普通。
 
難しいんですよね。
イメージって。
色、柄、張り方、などなど。
いろんなことができるだけに余計難しい。
 
でも、Y様は、
「外壁はこれで!」
パッと決まりました。
屋根の色、玄関ドア、サッシの色、雨樋の色、
トントントンと決まっていきます。
スゴイ!!!
 
午後1時から始まった打ち合わせは5時に終了。
次は「地鎮祭」です。
解体工事も順調です。

 
だんだんと実感が沸いてくるんですよ。
更地になればもっとね。

4月15日 7寸勾配

お天道様。
昨日はありがとう。
おかげさまで、K様邸が予定通り
上棟できました。
 
K様邸の屋根ですが、傾斜が急なんです。
勾配で言うと『7寸』
よくわからないかと思いますが。
7寸はきついです。
 
青梅市K様邸
 
写真で見るとそうでもないですか?
上がってみたらわかりますよ。
思いっきり足を突っ張らないと
立っていられないですね。
 
青梅市K様邸
 
屋根足場が必要です。
足場ナシじゃ怖くて作業できません。
「6寸勾配が限度ですな・・・」
 
 
控えめに・・・・
 
実は・・・・
今日43歳になりました。
失礼しました!

4月14日 今週も雨で始まり・・・

4月どうしちゃったんでしょうか。
雨ばっかりで。
今日は青梅市のK様邸で上棟なんですが、
この天気には参った。
朝からずーっと天気予報を見てたんですが、
午前中 60%
午後は 20%
午後には晴れマークも出ている。
よし、やるか。
 
上棟は予定通り決行です。
どうか、少しでも早く止んでください。
青梅市K様邸
 
 
あっ、そうだ。
今日からY様邸の解体工事も始まるんだ!
上棟をやるんですから解体はもちろんやりますよ。
しばらくは、グズグズした天気に振り回されそうです。
梅雨みたいな4月に・・・

4月13日 土地をお探しの方へ

現在、賃貸住宅にお住まいでマイホームを
お考えの方へ。
まずは土地探し。
土地探し = 不動産屋さん
常識です。
 
土地が見つかってから住宅会社を選ぶ。
住宅展示場へ行って希望の家探し。
常識です。
 
 
今まではね、
これでよかったかも知れません。
でも、これからのマイホーム探しは
今までとはチョッと変わってきてますよ。
 
土地のある方は、注文住宅で、
土地の無い方は、建売住宅。
これも過去の常識。
 
今は土地のある、無いに関わらず、
注文住宅を手にすることができます。
 
一昔前は依頼先を探すには、
大手ハウスメーカーか個人の大工さん。
その中間の会社ってあまり無かったんですね。
ハウスメーカーではないけど、個人の大工さん
でもない、小さいけど地元密着の工務店っていうのが。
 
ハウスメーカーは高いけど大手だから安心。
大工さんは良心的な価格だけど、最新の知識や
工法をあまり知らないような気がして心配。
 
今は、双方の中間に位置する『ビルダー』という
会社が存在します。
地元密着の工務店です。
 
長所は、
何といっても対応が早い。
お手頃価格。
お客様の要望に柔軟に対応できる。
 
短所は、
営業力が弱い。
提案が下手。
といったとこでしょうか。
まあ、簡単に言うと、
造るのは上手いが、営業が下手なんですね。
 
大手ハウスメーカーの現場って、
どんな人たちが造っているか知ってます?
個人の大工さんやビルダーの人たちが
下請でやっていることが多いんです。
ですから、ビルダーは造るのは得意です。
 
これからの土地探しは、
こういったビルダーに頼んでみるのも
1つの手です。
そのためには、自分たちが欲しい家って
どんな家なんだろう、
まずは、そこを見つけてください。
 
どうやって見つけるの?
そうですね。
現場見学会に参加してみてください。
参考になる点がたくさん見つかると思います。
 
希望の家を建ててくれそうなビルダーを
見つけて、そこに土地を探してもらう。
その方が、土地が見つかってから、
バタバタ慌てずに、じっくりとプランを
考えたりできますし、希望の注文住宅を
建てられます。
 
私のところも一応、『ビルダー』ってとこかな。
土地探し、お任せください。
いい物件、ご紹介しますよ。
おっとっと、
その前に、どんな家を造っているかでしたね。
もちろん、いい家造ってますよ。
いつでも、現場をご案内します。

4月12日 らしくないですね

今年の4月はいつもと違いますね。
とにかく雨が多い。
小春日和が続かないですもんね。
外仕事がメインの我々には少々辛い。
 
今はですねー。
八王子市でN様邸が基礎工事中。
もちろん、ずれ込んでいます。
そのため、検査日も変更に次ぐ変更。
 
青梅市のK様邸は来週が上棟予定。
今日の天気予報では、雨みたい。
「晴れてくれー」
とまでは言いません。
曇りでもOK。
雨だけは勘弁して〜。
 
他の現場は、雨でも特に支障はないかな。
ホント、4月らしくないよ。
お天道さん。

4月11日 シュガー社員たちへ

聞いたことありますか?
恥ずかしながら私は今日知りました。
『シュガー社員』
自分に甘く、自立心に乏しい社会人のこと。
要は甘ったれ社員をそう呼ぶそうです。
 
命名したのは、田北百樹子さん。
このシュガー社員には5つのタイプがあるそうです。
 
1.ヘリ親依存型
   過保護な親がへばりつき、自分で判断できない
 
2.俺リスペクト型
   とにかく自分が大切、大好きで、自分に極甘
   仕事ができないのは会社のせい
 
3.プリズンブレイク型
   まじめ、実直だが、実践力と体力がない
   壁にぶち当たると乗り越えられず、楽な方へ逃げる
 
4.ワンルームキャパシティ型
   小さなルーチンワークはこなすが、仕事が増えたり
   するとパニックに。キャパが狭い
 
5.私生活延長型
   勤め人意識が低く、私生活の感情を持ち込む
   仕事はそこそこでも、権利意識は1番強い
 
情けな〜い。
どうしてこうなっちゃたんでしょうね。
 
作家の高村 薫さんが、
新聞にこんな意見を載せていましたよ。
「不満や不安の多くは思い込みから来る
  社会人は孤独なもの、自分の力つけよ。」

 
期待を持って入社したら、自分の予想とは違い
ついてゆけるかどうか不安を覚えたり、こんな
はずではなかったと失望する人。
しかしながら、予想が外れたと思う人は、自分
の予想の方が間違っていたと思えば済むし、
自信を失いかけている人は、まだ入ったばかり
なのだからと開き直れば済む。
 
シュガー社員たちよ。
そのままでいいの?
立派な意見も持っているだろうが、
相手に聞いてもらうには、まずは
苦労しろよ。
そして、何があっても立ち向かえ!

4月10日 建築確認の遅れ?

昨年の建築基準法改正により、
建築確認の許可が下りるまで
時間がかかる。
という話をよく耳にします。
同業者だけでなく、お客様からも
「建築確認って時間がかかるんでしょ。」
 
確かにそのような傾向はあるようです。
基準法の厳格化により、図面や書類の
差し替えは認めない。
訂正があった場合は再度、申請を出し直す。
手間も費用もかかります。
審査する側も国交省の指導不足で混乱
していましたし。
 
でも、ウチは以前と変わらず許可が下りてます。
特に時間がかかっているって感じはないです。
早いものでは申請から2日後に許可。
 
要するに、やるべきことをやっていれば
いいってことじゃないですか。
建築確認に限らず、現場もそうです。
第3者による検査機関ありますよね。
”住宅保証機構” とか ”JIO”
配筋検査や構造体検査を実施して
完成後に10年保証書を発行する。
 
お客様にとっては安心のようです。
でも、実態はどうでしょうか?
ウチは社内で、
1.配筋検査
2.中間検査(構造体検査)
3.木完検査(下地検査)
4.完了検査
と、計4回実施しています。
 
検査するのは私です。
自分で言うのも何ですが、第3者検査機関より
かなり厳しいと思っています。
というのは、今まで何回も第3者検査を
受けてきましたからわかるんです。
 
住宅業界は今後も変わって行きます。
今まで必要なかった木道2階建ての
構造計算や、性能表示の義務化など。
造る側には負担になることも多いでしょう。
でも、当たり前の事だと思えば何てことない。
 
やるべきことをやっていればいいだけ。
いい家を造って、喜んでいただくことに
変わりはないですから。

4月9日 春の嵐

昨日はよく降りましたね〜。
4月とは思えない天気で・・・
 
明日も雨予報です。
来週の月曜日も雨???
月曜日は上棟を予定しているので
お天気になってほしいんですが。
 
月曜日の上棟?
青梅市のK様邸です。

 
 
昨日、奥様と打合せを済ませ、
残りは外壁だけです。
しかしですねー、この「外壁」選びが難しい。
カタログやサンプルでは、
なかなかイメージがわからないんです。
K様だけでなく、皆さん苦戦します。
 
でも、候補は絞られてきました。
来週には決定しそうです。
 
天気だけが心配・・・

4月8日 おじいちゃんの気持ち

今、建築中のF様に先月、男の子が
誕生しました。
名前は『大翔』 だいと君です。
 
先日の発表会にお見えになったので、
抱かせてもらいました。
おじいちゃん?
 
可愛いですよ〜。
手足も小さくて、目もつぶったまま。
でも、時々ニコッと笑顔を見せるんです。
この頃って何を考えているんでしょうね。
 
自分の娘のこと・・・ 忘れちゃいました。
一応、2人育ててきたんですけど、
赤ん坊の頃って忘れちゃうんですね。
千鶴は高校3年生。
もしかしたら、そう遠くない先には、
「おじいちゃん」てこともあるかも。
 
 
だいと君を抱いていたら「ジイジ」の
気分になって、
「可愛いね。」
泣き出したら、お母さんへ「ハイ、どうぞ。」
って返したりして。
これぞ、「おじいちゃん」
ある意味、無責任。
可愛がっているだけ。
 
F様邸が完成するのは6月です。
だいと君は3ヶ月で新居かい。
ラッキーやな!

4月7日 発表会の報告です

週末は暖かい穏やかな日でした。
ウチは武蔵村山市で『家造り発表会』
を開催しました。
 
まずは、結果報告です。
来場者数は18組。
数を見るといつもの半分くらいでしたが、
初めての場所としてはまずまずかな。
 
中には真剣にお考えで、何社も見学されて
いる方もいました。
その方の言葉で印象的だったのが、
「たくさん見すぎて、情報がどんどん頭にインプットされ、
何が1番いいのかわからなくなっている。」
おっしゃるとおりだと思います。
 
我々、造り手の多くは自社商品をアピールすることに
必死になって、いいことしか話さない人がほとんど。
どんな家にも一長一短あります。
いいことばかり言って混乱させては、
何の役にも立ちませんよね。
 
「ここのお宅はいくらですか?」
「坪単価はいくらですか?」
よくある質問です。
お金のこと、大事です。
 
でもね、私はこう考えます。
「お金」から切り込んでいくのは危険かな?
「坪単価」って言葉。
こんな怪しい言葉ありませんよ。
「坪単価」はいくらなのか、が重要ではない。
「坪単価」には、どこまで含まれているのかが
重要なんです。
どこまで含むかは、その会社の良心に
ゆだねられます。
お客様にインパクトを与えるための坪単価。
「えっ、安いな。」と興味を引くための坪単価。
残念ながらまだまだ多くの会社はこのようです。
 
「現場見学会」に行って、家を見ることはもちろん
必要ですが、その会社の人と話をすることの方が
もっと大切ですし、必要なことじゃないかな。
どんな人たちが造っているのか。
どんな思いで家造りに携わっているのか。
 
造るのは人間です。
ロボットじゃありません。
知識と技術だけじゃいい家ってできないんですよ。
気遣いや気配りのある家。
「現場見学会」へ行ったら見つけてください。
気遣い・気配りがある家なのかどうか。
 
まずはそこが切り口だと思います。

4月6日 ポストに・・・

今朝、新聞を取りにポストへ。
いつもと変わらぬごく普通の行動です。
いつもの朝は新聞がポストに入っています。
いや、新聞だけが入っているのですが・・・
 
今朝は違ったんです。
もちろん新聞は入っていました。
新聞の他にもう1つ何かがあるんです。
白い小さな袋が。
切手も宛名もありません。
誰かが直接、ウチのポストに入れたようです。
ウチの誰に届けたのか、わかりません・・・
 
私へかな?
でも、心当たりがない。
カミさんへ?
「えー、何これ?」
やはり、心当たりはないようです。
 
とすると、
ウチの可愛い娘へか?
まだ2人とも寝ていましたので、
テーブルの上に置いて出てきました。
 
帰ったら聞いてみようと思います。
 
今、パソコンに向かって打っているんですが、
小室が質問してきたので、今日はこれで
終わります。
 
小室「社長、ちょっといいですか。
     この壁って .(点)が付くんですか?」
・・・・・・・・・??????
難問です。

 

4月5日 快晴の下

ウチは今日から2日間『家造り発表会』です。
何組の方が来てくださるか楽しみです。
 
昨日はポカポカ陽気の暖かい1日でしたね。
午前中は八王子市で地鎮祭がありました。
N様邸です。
 
地鎮祭
 
木造3階建てのお宅になります。
地盤調査も終わり、いよいよ来週から着工。
 
八王子市N様邸
 
N様から、「発表会に使ってください。」と、
ありがたいお言葉をいただきました。
次回、開催はN様邸かも・・・

4月4日 記録更新です

皆さん、今週末は『家造り発表会』があります。
武蔵村山市のY様邸。
 
昨日はY様邸で ”気密測定” を行いました。
相当隙間面積(C値)を計測します。
家の中にどれくらいの隙間があるのか実際に
機械を使って計ります。
C値とは床面積1u当りの隙間面積のことを
いいます。
この隙間面積が小さいほど「高気密住宅」と
いうわけです。
 
気密測定
 
一般にC値が2.0以下であれば「高気密」と
よばれるみたいですが。
ウチの建物は桁外れの「高気密」といった
ところですかね。
 
測定結果は、
C値 = 0.18
 
スゴイ数字が出ました。
今までの記録は0.22でしたから記録更新です。
 
床面積1u当りの隙間が0.18p2ということは、
Y様邸の延床面積は99.49uなので、家全体で
17.90p2の隙間ということになります。
名刺1枚の大きさは約49.5p2ですから、
名刺の半分以下の隙間しかないということです。
 
これぞ正に”超高気密住宅”じゃないですか。
高気密住宅に興味のある方は、
4月5・6日に現地までお越しください。
高気密住宅の造り方がわかりますよ。

4月3日 珠玉の言葉

毎日新聞の「次世代へ伝えたいことば」から
 
100回の失敗よりも、たった1回の諦めが夢を壊す
 
降り止まない雨なんてない
 
がんばらない
 
ほんとうに大切なものは、目に見えない
 
人を恨むな羨むな
 
苦しくなったら笑え
 
凡才を嘆くな、努力の足らずを嘆け
 
そんなこともあったよネって笑っていえる日がきっとくる
 
同じことを長くしてごらん
 
「いつか」はこない
 
大事なのは疑問を持つことをやめないこと
 
どれも含蓄のある言葉で、心にグッときます。
母の言葉
友の言葉
恩師の言葉
先輩の言葉
 
人間って無意識に自分が1番だと思っちゃう時が
ありますね。
辛いとき、苦しいとき。
「あー、何で自分だけが・・・」みたいな。
チョッと待てよ。
お前の何倍も苦しんでいるヤツたくさんいるよ。
 
「がんばらない」
いいじゃないですか。
頑張れって声をかけない優しさもあるんです。
 
「苦しくなったら笑え」
これもいい。
苦労した人の言葉でしょうね。
格好いい。
 
 
久しぶりにコレ見てください。
石
 
年とともに「言葉」の重みを感じます。

4月2日 爆弾低気圧

昨日の日本列島は大荒れのようでした。
日テレのニュースでは「爆弾低気圧」と
呼んでいました。
 
「爆弾低気圧」
初めて聞く言葉です。
北海道では大雪が降り、4月だというのに
冬に逆戻りです。
関東でも、群馬県で積雪があったようです。
 
地球が疲れてきてるんですかね。
ここ数年、異常気象が多いと思いません?
CO2削減、温暖化防止って、口だけで
実行されていないことに地球が怒り出して
きたんじゃないですか。
 
このままじゃ、地球がキレて「爆発」しちゃう
かもしれないぞー。
 
話は変わって、
昨日、娘たちと卓球をやりました。
どうして卓球かって?
ウチの娘2人とも部活で卓球をやっているんです。
千鶴とは中1以来、5年ぶりです。
琴音は卓球を始めて1年。
 
私も学生時代に少しやっていましたので、
小娘には負けるわけない、と思っていたのですが、
結果は・・・・
 
千鶴にはコテンパンにやられました。
相手にもしてもらえないほどボコボコに。
11−1
野球でいえばコールドゲームですよ。
 
さあ、琴音との対戦。
まだ1年しかやっていないチビには負ける
わけにはいきません。
試合結果は・・・・
 
勘弁してください。
負けちゃいました。
姑息なルールを使って、
サーブ権を琴音に与えずにやったのですが、
13−11
ホントは負かして、もっとヤル気を出させようと
思ったのですが、残念。
 
千鶴 VS 琴音
やっぱ、お姉ちゃんの貫禄です。
圧勝でした。
でも、今年、来年の琴音が楽しみです。
 
このままでは引き下がれません。
この次は雪辱を。
親父の意地を見せないと。
 
いや、止めときます。
ムリです。

1月コラム 2月コラム 3月コラム 5月コラム 6月コラム
7月コラム 8月コラム 9月コラム 10月コラム 11月コラム 12月コラム
2009年コラムへ 2010年コラムへ



TKプランニング